ハウツーが満載のコラム

文字サイズを変更する
45233010_M (1)

LINEを既読スルーされないおまじない

今どきの恋愛では、LINEがかなり重要なアイテムとなっている。
まず聞き出すのはメールアドレスでもスマホの番号でもなく、LINEのアカウントになっている。LINEさえわかれば通話もメッセージも送れるからだ。しかし返事が来ない時は苦しむ。LINEは相手がメッセージを読むと「既読」という文字が出る。読んだにもかかわらず返信をしてくれないことを「既読スルー」と言い、かなりのストレスになるようだ。

そのため「彼から返信がある待受画像」なるものまで出回るようになった。

続きを読む
45797453 - japan landmarks icon set. vector and illustration.

生後7ヶ月で即位した天皇がいた! 4歳で就任した徳川将軍もいた!

天皇陛下の生前退位が議論されている。
どうやら、2019年から新しい元号がスタートする可能性が高まっているようだ。
慣れ親しんできた“平成”も2018年で終了することになりそうである。

さて、今上天皇は、初代・神武天皇から数えて第125代天皇にあたる。現在の皇室は、継続している王室としては世界最長といわれている。

続きを読む
フム2017;3;メイン

編集者という職業はマラソンの伴走者のようだ

編集者という職業があるのはわかっていた。
けれども、私には無縁な存在だと考えていた。
文章を書くことを自分の仕事にすると思っていなかったからだ。
ところが、ある日、出版社の編集者から電話がかかってきた。
懸賞に応募したエッセイが運よく優秀賞に選ばれ、活字になったのを読んだからだという。

続きを読む
57564351_Meyecatch

1万ほどの、気の利いたひとこと

最近、日本人でも外国人でも、名前がスムーズに出てこないことがある。
誰でも知ってるはずのハリウッド俳優とか、ちょっと前に売れてた芸人さんとか、とにかく出てこない。スマホで調べればすぐじゃん、と言う人もいるだろう。でも、それじゃ達成感が全くない。この間も、奥さんと車で自宅を出てから横浜のIKEAに着くまで、さんざん悩まされてしまった。

続きを読む
0117_i

娘の幸せは、本当に母親の喜びなのか? 言い争いなく母と娘が自立する方法

お母さん、娘をやめていいですか?』という衝撃的なタイトルのドラマがNHKで始まりました。
親子関係になに不自由なく暮らしていましたが、ひとり暮らしをし、仕事をし、アラサーになり、人生のほぼ100%を自分主軸でできるようになったと思っていたのですが、常にどこかで「母」の存在がちらつき、それが重荷になっている…なんてことを経験することが増えてきました。

続きを読む
66252656_m200

人間にはハンディキャップを乗り越える力がある

4年に一度のスポーツの祭典、オリンピック。2016年にはリオデジャネイロで開催された。数々の名シーンが生まれたことは、記憶に新しい。

また、オリンピックに引き続き開催されたパラリンピックも見応えがあった。運動機能や視覚などにハンディキャップを持つ人だけが出場できるパラリンピック。近年は注目が集まり、オリンピックと同様に世界的に盛り上がっていると感じる。

続きを読む
無題

子連れ、犬連れで絶景を見に日本全国の道を行く

ドライブ旅行のいいところは、プライバシーが守られること。
電車やバスなどの公共の乗り物を使った旅行も楽しいけれど、赤ちゃんや幼い子ども連れだと周囲に気を遣って、ハラハラすることもしばしば。

その点、マイカーで出かければ、赤ちゃんが泣こうが、幼児が騒ごうが、家族だけだから気にならない。また、家族の一員である犬も車なら一緒に日本全国、どこまでも行かれる。

続きを読む