ハウツーが満載のコラム

文字サイズを変更する
39805458 - family with son

子どもの受験を成功させたいなら、仲が良い親の姿を見せよう

私事で強縮ですが、このたび、入籍しました。

そんなこともあって、将来、どんな家庭を作っていこうか、すごく興味があります。将来、子どもができたら、子育てもがんばらないといけません。

そんなこともあって、結婚後の生活や、将来の育児に関する本を読み漁っているところです。

続きを読む
16333823_M (2)

誕生日を覚えてもらうための3つの仕込み

InstagramやFacebookを見ていると、しばしばバースデーパーティーの画像に出くわす。
仲間にサプライズで祝ってもらって幸せそうに輪の中心で笑っているあまりにもリア充な画像を羨ましく思う人は少なくないはずだ。世の中には、仲間にバースデーサプライズしてもらえる人とそうでない人がいる。私など昨年は実の母にすら誕生日を忘れられていた。周囲に自分の誕生日を把握してもらうために、どんな工夫をすると効果的なのだろうか。

続きを読む
cobra-zukan-200

毒ヘビ、毒フグ、毒ガエル。猛毒危険生物のひみつ

他人を見た目で判断してはいけません。
外見は、必ずしも内面をあらわすものではないからです。

ただし、例外があります。有害な「いきもの」です。毒の持ち主は、ほとんどがグロテスクな外見をしています。有毒生物は「見た目が9割」なのです。

さわるな! 猛毒危険生物のひみつ100』(今泉忠明 他・監修/学研プラス・刊)という本があります。世界中に生息する「有毒生物」を紹介しているオールカラー図鑑です。

続きを読む
フム:もみの木;メイン

アンデルセン童話にご用心。ところかまわず、号泣してしまいますから・・・。

アンデルセン童話には用心しなくてはいけないと、わかっていました。
今まで何度もひどい目に遭ってきたからです。
心のツボを押されるのか、突如、号泣してしまうのです。
それもところかまわず・・・。
バスや電車の中で、我慢できずに読み始め、嗚咽が止まらなくなり、何度、ジロジロ見られたことか・・・。

続きを読む
1114_i

武将の嫁に学ぶ、出世するダンナの育て方

大河ドラマでも人気の徳川家康の正室こと築山殿(つきやまどの)など、戦国武将だけでなくその「妻」も近年、注目を集めています。秀吉の妻・ねねや、信長の妻・濃姫など、歴史を彩る武将たちを支えた嫁はどんな生涯を過ごしたのでしょうか。

「私の旦那にも天下取ってほしいわ~」なんて思っているそこの奥様! 戦国武将の嫁たちは、旦那である武将をちゃっかり育てていたようですよ。『<戦国時代の女たち>波瀾万丈! 武将の妻と戦国時代』(安西篤子・著/学研プラス・刊)より、出世できる旦那の育て方を学んでいきましょう。

続きを読む
30112141_eyecatch

達人が説く古武術と日常生活のコンパティビリティ

筆者には、自分の普段の生活とはまったく関係ないはずのものに強く心を惹かれる瞬間が定期的に訪れる。この間久しぶりに横浜の中華街に行った時、思わずヌンチャクを買いそうになって止められた。夜の空気が澄んできた近頃は、天体望遠鏡が欲しくて仕方がない。それに、美容師さんが使っているハサミとかクシを入れておく革製のウェストポーチみたいなやつ。あれはオーダーメイドで作りたい。

続きを読む
無題

外国人ゲストに教えてあげたい日本のマナー

つい先日、東京から静岡まで新幹線に乗ったら、その車両の半分が外国人客だった。私の座席の前後左右は英語圏の観光客で、少し離れた席からはフランス語も聞こえてきた。列車の車窓から富士山が見えはじめると外国人たちは席を立ち上がり、一斉にスマホで、わが日本の誇る富士山の雄姿を写しはじめたのだ。

日本を訪れる外国人が増え続けているのを実感したひとコマだった。

続きを読む
get-wild-and-tough-200

「ワイルド&タフ」をゲットするためのコツ。傷ついた夢を取り戻そう!

「凹む」という言葉があります。
「へこむ」と読みます。気力を失っている状態のことです。

失敗しない人がいないように、凹まない人もいません。心がけるべきは「凹んでもすぐに復活する」ことです。

たった2分で凹みから立ち直る本』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)という本には、心を鍛えるための70種類のテクニックが収録されています。

続きを読む
eye

評価が上がる!飛躍できる!恥をかく前に知っておきたい社会人ルール8

私が某企業に入社したとき、最初の新人研修に「マナー研修」の時間が設けられていた。初めて社会に出た右も左も分からない若造に、社会人としてのいろはを教えてくれた、ありがたい時間だった。

その後、営業職に配属された私は、マナー研修で学んだ「上座・下座」の配置や挨拶の仕方、敬語の基礎が実際に役立ち、何度も感謝した記憶がある。

しかしながら、それだけでは足りないということも、社会人生活の中で身を持って経験した。

続きを読む