ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

溶けても生き返る謎な生物、ナマコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

僕は、ちょっと不思議な生き物に興味をそそられる。その代表格が「ナマケモノ」だ。ほとんど動かず、木にぶら下がって一生のほとんどを過ごす哺乳類だ。名前の由来も、全然動かない怠け者のようだから「ナマケモノ」。安直だがこれほどわかりやすいネーミングはない。

ナマケモノが生き残ってきた理由

普通、動かない生き物は捕食されやすいため、絶滅してしまう可能性が高い。しかしナマケモノは現在でも野生で生息している。

ナマケモノが生き残っている理由にはいくつかある。主食としている「セクロビア」という植物は毒性が強く、ナマケモノしか食べられない。そのため食事に困らない。

また、哺乳類としては珍しい変温動物。そのため、体力の消耗を最小限に抑えることができる。

そして、木の上で一生のほとんどを過ごすため、地上で生活する動物に比べると敵が少なく安全。

以上が、ナマケモノがこれまで生き残ってきた主な理由と言われている。「戦わずして生き残る」。それがナマケモノなのだ。

海の不思議生物、ナマコ

地上に比べ、海の生き物はさらにわけがわからない。深海魚などは独自進化を遂げたものが多く、非常に興味がそそられる。

しかし、結構身近な海の生き物で、僕の理解を遥かに超えたものがいる。それが「ナマコ」だ。

そもそもナマコは、目、鼻、耳、舌といった感覚器官を持たない。故に、それらから入ってきた情報を処理するための脳も持っていない。

あるのは口と肛門。そして肛門から砂を食べて生きている。すでにもう、生き物としての存在意義がちょっとわからなくなりかけている。

世界平和はナマコとともに』(本川達雄・著/CCCメディアハウス・刊)は、ナマコ研究家の著者が記した作品だ。

そもそもナマコは、目もなく、耳も鼻も舌もない、心臓もない、脳もない。脳死が死だと言うのなら、ナマコは生きていないことになる。

(『世界平和はナマコとともに』より引用)

もう、ナマコって何のために生きているのか、どうやって生きているのかよくわからない。

ナマコの武勇伝

ナマコは、見た目や生き様が変なだけではない。生態もかなり変だ。

ナマコは、外敵から身を守るために、外から刺激を与えると皮膚が固くなる。そして、さらに刺激を加え続けると、今度は液状化するのだ。

それだけではない。そのまま海水の中にいると、二週間ほどして元通りの姿に戻るというのだ! アンビリーバボー!!

また、これはよく知られていることだが、ナマコは見の危険を感じると、肛門から腸を吐き出す。敵がこの腸(このわた)を食べている間にナマコは逃げる。吐き出した内臓は自然と元通りになる。

その上、身体を半分に切っても、それぞれが再生するというのだから、不死身じゃないのだろうか。

こういうことを知ると、ナマコに俄然興味が湧いてくる。ナマコすげえ。

お正月はナマコを買って

以前、ナマコに興味をもってから、食べてみたことがある。魚介類は大好きなので、ナマコもいけると思ったのだが、思ったほどではなかった。味というより、食感がダメなようだ。

でも、『世界平和はナマコとともに』を読んでいると、もう一度ナマコにチャレンジしてみようかと思う。まったく食べられないというわけではないので、とびきり美味しいナマコを食べたら、好きになるのではないだろうか。

正月、実家に帰るときにナマコでも買っていこうか。そういえば、親父がナマコが好きなはず。一緒に日本酒でも飲みながら、食べようかと思う。

(文:三浦一紀)

世界平和はナマコとともに

著者:本川達雄
出版社:CCCメディアハウス
“歌う生物学者”こと本川先生の待望のエッセイ集、第3弾! 「ゾウの時間ネズミの時間」だけじゃなく、「ヒトの時間」も「ナマコの時間」も、 生きものにはみな違う時間が流れている。目もなく心臓も脳ももたず、まるでお菓子の家に住んでいるようなナマコと、毎日虫かご並みの通勤電車にゆられてせかせか生きるヒト。 生きものにとっての本当の“しあわせ”とはなにか。ナマコを見つめて30年の著者が現代社会の大問題を生物学の立場から考えたエッセイ集。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事