ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

仕事に関する記事一覧

1226_i

さよならストレス! 「ラポール」を習得してもう悩まないぞっ

毎日ストレスと背中合わせなみなさん、こんにちは。

この年末年始の時期は、仕事から解放されて長期休みに入られる方、仕事だよ…という方、いずれにしても「来年こそはストレスのない仕事を!」と望んでいる人が多いでしょう。
そこで今回は『今日から役立つ 実践!NLP 仕事や暮らしの悩み事から解放されて、思い通りの自分になれる!』(高橋かおり・著/学研プラス・刊)から、「ラポール」の関係を築いて、日々の生活をストレスなく過ごせるコツをご紹介します!

続きを読む
43705213_eyecatch

ヒットメーカーが語る「掛け算式ネタ出し法」

2丁拳銃という漫才コンビをご存じだろうか。

93年デビュー組で、メンバーはボケの小堀裕之さんとツッコミの川谷修士さん。川谷さんの奥さんである野々村友紀子さんはかつて高僧・野々村というコンビで舞台に立っていた経験があり、現在は放送作家として活躍している。

続きを読む
41028057 - stylish tidy wooden desk with data in office

仕事に差がつく4つの整理術

12月に入ってから、やたらと用事が多い。
クリスマスカードも出したいし、年賀状もまだ書いていない。
年末までに部屋を片付け、不要なものを捨て、粗大ゴミも申し込んでおかなくては・・・。
毎日こなしている家事や仕事や雑用に加えて、新年に向け「するべきいろいろ」が加わるのだから、忙しい。
普段サボっているツケが一気にあからさまになる季節だから、大変なのかもしれないが、とりあえず何とかしなくては。

続きを読む
1213_i

「しあわせな会社」ってなんだ? これからの働き方を考えよう。

働き方や会社の責任など、いろんなニュースが駆け巡った今年、「いい会社ってなんだろう?」と考えることが多くなりました。
そんなの残業がなくて、ボーナスがバンバン出て、2016年の漢字「金」がいっぱいもらえるところだろー! と言う方も多いかもしれませんが、本当に「お金」だけでしょうか?

だれかに話したくなる小さな会社』(浜口隆則、村尾隆介・著/かんき出版・刊)には、小さな会社でもしっかりブランディングされていて仕事を楽しんでいる会社がいくつもの事例と共に掲載されています。今回はその中から、3社ご紹介しながら、いい会社について考えてみようと思います。

続きを読む
59044114 - illustration of a long shadow uk flag with    the text hand made

一生モノの言葉は嘘ではなかった!

「一生モノ」という言葉に弱い。とても弱い。
特に、若い頃は、「そんなことあるわけがない、だまされてはいかん」と、自分をいさめつつも、気づいたときは、せっせと貯めたアルバイト代をぶちこんで、「一生モノ」の品を買っていた。
若さとはそういうものかもしれないが、バカだった。
それも、たいして好きでもないものを買っていたように思う。

続きを読む
47776929_m200

中学時代のチャラ男がナンバーワンの営業マンになっていた

同窓会は、長い間会っていなかった友人たちと顔を合わせる機会だ。10代の頃の思い出話に花を咲かせるのは楽しい。その一方で、憂鬱な面もある。結婚している人、交際相手がいる人のなかにはリア充自慢をはじめる奴が必ずいるし、ここぞとばかりにブランド品を身に着けまくって、金持ち自慢をする奴もいる。

続きを読む
1122_i

1日の時間は増やせない…今日から始める「タスク管理」4つのコツ

「タスク管理」めっちゃ苦手です。

私自身、計画的に物事を進めるよりも、パッと思いついたことに価値がある…なんて考えている節がありますので、「タスク管理」と聞くと別世界のことのように思えていました。しかし、自分のタスクが溜まってしまい「誰か助けて~~~!」状態が続いていた時、気がついたんです。1日の時間は増やせない…と!(当たり前っ!!)

続きを読む
35826758 - exhausted businesswoman despairs for the financial collapse

仕事でミスった!挽回するためのテッパン対処法

仕事をしていると避けられない“ミス”。小さいうっかりミスならまだしも、他部署や取引先を巻きこむ大きなミスをしてしまった時ほど、その対応の仕方で人となりが分かるというもの。失敗してしまった時こそ焦らずに、ミスを挽回する対処法を『話し方のマナーとコツ』(杉山美奈子・監修/伊藤美樹・絵/学研プラス・刊)から見ていきましょう。

続きを読む
1115_i

続かなくていい! もう自分を責めないで!

来年こそ! 今年こそ!明日こそ! 今日こそ! 続けようと思えば思うほど続かない、これは悲しき人間のサガなのではないでしょうか? 私も「よし、今回こそ!」と10月に購入した手帳ですが、11月半ばの現在でもう続いていません。なんでこんな簡単なこともできないんだ…、と自分にビンタしようとしているところです。

今回は、私と同じように続かない人の心を癒すお話しをお伝えさせていただきます。

続きを読む
60578907 - statue of musashi miyamoto and kojiro sasaki

宮本武蔵の「五輪書」から現代社会の生き方を学べ

宮本武蔵。

歴史に詳しくない人でも、名前くらいは聞いたことがあるだろう。江戸時代初期の剣の達人、剣豪だ。

五輪書 〜まんがで読破〜』(宮本武蔵、バラエティ・アートワークス・著/イースト・プレス・刊)によれば、
天正12年(1584年)兵庫県生まれ。幼少の頃から武芸を学び、数々の武芸者と真剣勝負を行い無敗。そして正保2年(1645年)、62歳で死去。

60歳の頃に自分の死期を悟り、熊本・霊厳寺内の洞窟「霊厳洞」にて、自身の武道哲学を記した書「五輪書」(ごりんのしょ)を書き上げた。

続きを読む