ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

仕事に関する記事一覧

1114_i

武将の嫁に学ぶ、出世するダンナの育て方

大河ドラマでも人気の徳川家康の正室こと築山殿(つきやまどの)など、戦国武将だけでなくその「妻」も近年、注目を集めています。秀吉の妻・ねねや、信長の妻・濃姫など、歴史を彩る武将たちを支えた嫁はどんな生涯を過ごしたのでしょうか。

「私の旦那にも天下取ってほしいわ~」なんて思っているそこの奥様! 戦国武将の嫁たちは、旦那である武将をちゃっかり育てていたようですよ。『<戦国時代の女たち>波瀾万丈! 武将の妻と戦国時代』(安西篤子・著/学研プラス・刊)より、出世できる旦那の育て方を学んでいきましょう。

続きを読む
eye

評価が上がる!飛躍できる!恥をかく前に知っておきたい社会人ルール8

私が某企業に入社したとき、最初の新人研修に「マナー研修」の時間が設けられていた。初めて社会に出た右も左も分からない若造に、社会人としてのいろはを教えてくれた、ありがたい時間だった。

その後、営業職に配属された私は、マナー研修で学んだ「上座・下座」の配置や挨拶の仕方、敬語の基礎が実際に役立ち、何度も感謝した記憶がある。

しかしながら、それだけでは足りないということも、社会人生活の中で身を持って経験した。

続きを読む
40497299_M

「最強の日本人」になるために意識すべき、4つの美点

最強の日本人の作り方』(瀬戸口仁・著/ブックビヨンド・刊)は、私たち日本人が実り豊かな人生を歩むために何をしたらよいのかについて言及したマニュアルだ。
著者・瀬戸口仁は、スポーツ新聞社に勤務した後、フリーランスとなり、1993年から13年間、家族とともにニューヨークで暮らした経験を持つ。
「日本人は世界最強である」という著者の言葉に耳を傾け、最強の日本人になるためにはどうしたらよいのか考えたい。

続きを読む
engi-kankei-200

人間関係を「演技力」で改善するためのマニュアル

「演技力」を使いこなせば、仕事や人間関係がうまくいきます。

元気がないときには、元気なフリをする。場の雰囲気が良くなります。
好きではない相手に対しては、嫌悪感を気づかれないようにする。味方を増やしておいたほうが得だからです。

課長のためのビジネス演技力養成講座』(吉田順・著/学研プラス・刊)という本があります。管理職にかぎらず、ビジネスパーソンに必要な「演技力」について学んでみませんか?

続きを読む
kiraware-mahou-200

嫌われ者のあなたが「好かれる人」になれる3つの魔法

「嫌われ者」よりも「人気者」のほうが得をする。この世の真理です。
人気者は、多くの人たちから好かれています。人から好かれているほうが、生きていくうえでは有利なのです。

人に好かれる35の魔法』(佐藤伝・著/学研プラス・刊)という本があります。著者の佐藤さんは、「人に好かれることが幸せと成功の近道」であると述べています。

好かれる人になるために、今すぐできる「3つの魔法(テクニック)」を紹介します。

続きを読む
54905065 - boy with music teacher having lesson at piano

伝説のピアノ教師が教えるお客様が離れないコツ

今はお客様離れに悩む事業主が多いという。
ネットで商品を買う人が増えたので、なかなか実店舗に来てくれないと嘆く人もいる。ピアノ教室も例外ではない。少子化で子どもが減っているだけでなく、近所から騒音などと言われ、なかなか思い切りピアノを弾くこともできない。勉強に忙しい子どもたちはピアノに向かう時間が取れなくなり、高学年になると辞めていく。そんな中、入会希望の生徒が後を絶たない伝説の教室があるという。

続きを読む
44098315 - young woman has a good idea

今日から仕事が楽しくなる!デキる奴になれる!魔法の「真逆の発想」とは?

会社勤めをしていた頃、私は残業が日常茶飯事な社員だった。
職業柄、取引先と連絡が取りやすいのが夜だったし、社内でタッグを組んでいた部署も夜型だったし、日中は出先に行っていることが多いため、企画書作成やら、翌日の打ち合わせの準備やら……なんだかんだと、「いつも遅くまでいる人」になっていた。

一転、現在はフリーランス。
時間が自由に使えると思われがちだが、主婦業や母親業にかなりの時間を割かれる。効率よく作業をし、短時間でパフォーマンスを上げなくてはならない。つまり、仕事を速くできるようにならなくてはいけない。さて、一体どうしたらいいだろうか?

続きを読む
dokusho-jinsei-200

「人生の師」と出会うための読書術

読書好きな人が「有能」とは限りませんが、仕事ができる人は「本をたくさん読んでいる」ような印象があります。本をたくさん読んでいる人は、物事をよく知っており、日ごろから大量の情報処理をおこなっているからです。

読書には、さまざまな効用があります。たとえば、悩みごとを解決したいとき「本に答えを求める」ことがあります。あらかじめ「読書のコツ」を知っておけば、問題解決をスピードアップできるかもしれません。

続きを読む
1010_i

仕事の効率をアップさせる、ビジネス文書の基礎知識

「ビジネス文書」と聞くと、とっても難しくて間違えちゃダメで、平社員には関係ない話~なんて思っている人、多くないですか?

ビジネス文書の書き方 実例の便利帳』(学研・編/学研プラス・刊)によると、『ビジネス文書は、商取引の相手に送付する社外文書と、社内の上司や担当部署などに提出する社内文書に大別できます。』とのこと。今回は、知っておいて損はない、ビジネス文書の基礎知識をお伝えさせていただきます。明日からちょっと心がけるだけで、仕事のスピードもアップしちゃうかもしれませんよ!

続きを読む
maji-kansha-200

「マジ感謝」というバカっぽいフレーズは、意外にも「人生の本質」を言い当てている

生きているかぎり「悩み」は尽きません。悩みごとは、すぐに答えが出ないものです。

たった2分で、道は開ける。』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)という本があります。悩みごとの解答集です。70種類の悩みごとについて、それぞれ2分で読める「解決に役立つヒント」を収録しています。

続きを読む