ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

JRに関する記事一覧

65553786_Ms

「風の谷」を暴力の空間にしないために

『風の谷のナウシカ』が封切られてまもない1980年代半ばころ、監督の宮崎駿さんが、あるインタビュー記事で、自分が作品を作るうえでの原則というのを挙げていた。それは次のようなものだった。

1.一方が正義で、一方が悪という見方をしない
2.武力で物事を解決しない
3.国家がつねに正しいとはかぎらない

その数年後、宮崎さん本人に話を聞く機会があったとき、これらの原則についてあらためて聞いてみた。
巷では『エイリアン2』や『ランボー/怒りの脱出』が話題になっていたころで、宮崎さんはそうした作品を取りあげつつ、「正義の味方が悪をやっつけて、これで世界は平和になった、ワッハッハみたいな話はうんざりなんです」といった。

続きを読む