ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

野菜に関する記事一覧

1107_i

食材を冷凍すれば、廃棄も減るし、お財布もハッピー♪

生きてゆくためには「食」べないといけません。

毎日コンビニだから~、基本外食なんで~、出前です~、という方も多いと思いますが、今の日本でどれくらい食品ロスが出ているかご存知ですか?

なんと年間で621万トン(農林水産省発表、平成26年度の数値)。日本人一人当たりで換算すると、毎日お茶碗1杯分を食べずに捨てていることになるんですって! 少しでも食品ロスを減らすために、自分が買った食材は責任を持って、胃袋におさめたいですよね。「でも賞味期限がぁ~」というみなさま、冷凍しちゃえばいいんです!

ということで今回は、ご家庭から食品ロスを減らしていくためにもオススメの冷凍術を『冷凍するだけ つくりおき』(池上正子・著/学研プラス・刊)より、お伝えいたします。実践してみると、家計にも嬉しいことがわかりましたぞ♪

続きを読む
aikyatti

安心・安全・新鮮といいコトだらけ! 野菜作りのススメ

ひょんなことがきっかけで、4月からレンタル畑にて野菜作りを始めた。
この夏は、ミニトマトときゅうりが大豊作! 特にミニトマトは、大好きな品種アイコの苗を植えたので、甘くておいしいアイコがたくさん実った。

始めるまでは、土いじりとか好きじゃないし、虫も苦手だし、面倒だしなぁ……と乗り気ではなかったのだが、はじめて半年弱、野菜作りのメリットを多々感じている。

続きを読む
yasai-tapri-recipe-200

安い!おいしい!早く作れる! 野菜たっぷりレシピ

買い物カゴにも世間体があります。
マーケットの精算レジに並んでいて、周りの人のカゴの中身と比べて野菜が少ないとき、気おくれすることがありませんか?

野菜おかずのレシピをたくさん知っていれば、世間体が良くなるだけでなく、健康のためにも良いです。

カラダにもお財布にもやさしいレシピを『保存版 5分10分で作れる 野菜たっぷり 体にいいレシピ』(フーズ編集部・編/学研プラス・刊)から紹介します。

続きを読む
0620_i

今夜こそ! 冷蔵庫に余った野菜を美味しく使い切るぞ!!

「さーてと、買ってきたものを冷蔵庫に入れて〜」と扉を開けてみると、あれ!? きゅうりあったの? なんて冷蔵庫のダブルブッキングがよくある私です。

スーパーに行けば、あれも安い! これも食べたい! とテンションが上がってしまい、余計な買い物もしてしまいがち。その時は「ま、食べられるしなんとかなるか」と思っていても、気がつくと使いきれずに捨ててしまう・・・、MOTTAINAI!!!

ということで、今回は『50円100円大好評おかず600品』(フーズ編集部・編/学研プラス・刊)より冷蔵庫で余りがちな野菜を美味しく使い切るレシピをご紹介します。今夜こそ、冷蔵庫に眠る野菜たちを胃袋に収めましょう!

続きを読む
47034410 - eating.

にんじん、きゅうり、ごぼうをおいしく食べるコツ

たまに野菜を食べたくなるときがある。そんなときは、大量の野菜スープを作ることにしている。

といっても、僕はそれほど料理ができるわけではない。キャベツやセロリ、ブロッコリーなど、適当に野菜を買ってきて切り刻み、コンソメや缶詰のホールトマトなどと一緒に鍋にぶち込み、煮込むだけ。それをひたすら食べる。

続きを読む
39449357 - young woman with vegetables eating celery, isolated on white

野菜が足りない時のオススメおかず

食事に、野菜が足りない。メインのおかずに、キャベツを添えるだけだと、少し寂しい。もう一品何か作りたいと思っても、すぐに浮かばない時がある。そんな時、無印良品のカフェ・「Cafe&Meal MUJI」のシンプルな野菜料理レシピが強い味方になるはずだ。

続きを読む
%e7%84%a1%e9%a1%8c

おうちで無農薬野菜を失敗しないで育てる秘訣

野菜の高騰が続いている。相次ぐ台風の接近や長雨で記録的な日照不足となり、野菜が生育不良となったためだ。

レタスやホウレンソウなどの葉物野菜が高すぎてサラダやおひたしがたっぷり食べられないと嘆いている方が多いだろう。さらに、北海道を襲った台風の影響でジャガイモ、ニンジン、タマネギも高値続きで、ここしばらくは家計を圧迫しそうだ。

そんな中、わが家は家庭菜園のおかげで、野菜はほぼ自給自足のため、こんな時期でもとても助かっているのだ。

続きを読む
goshoku_kenkou_200

5色を食べる健康法

有名な「1日30品目を食べましょう」という指針は、1985年に当時の厚生省が示したものだ。それから15年後の2000年に発表された「新・食生活指針」からは「30品目」の記載は消えている。「30品目という数字にとらわれて食べ過ぎないように」という配慮からだという。

現代人にとってのリスクは、栄養不足よりも脂質や糖質のとりすぎによる肥満(メタボ)であるというわけだ。そもそも毎日の食事で「30品目」を満たすことはむずかしい。

管理栄養士の杉本恵子さんによれば、バランスの良い食生活は「5色健康法」で実現できるという。食事のたびに品目を数える必要はない。色合いを見れば栄養バランスが判別できる。

忙しい人の世界一シンプルな「食」習慣』(杉本恵子・著/クロスメディア・パブリッシング(インプレス)・刊)では、5つのカラー(黒・緑・黄・赤・白)の代表的な食材とその効用を紹介している。

続きを読む
[#0Ÿh÷¢Õywt‰hš<wd9ù6wfçÞà?ât£(

疲労回復、夏バテに効く! 野菜の食べ方教えます

いよいよ夏本番! 夏は野菜がおいしい季節ですね。みずみずしいサラダなんか、最高です! 野菜はヘルシー生活に欠かせない食材です。もちろんそのまま食べるだけでも十分、健康に良いのですが、その食べ方をひと工夫するだけで、より身体にイイってご存じでしたか?

続きを読む
4565538_M - コピー (2)

タマネギに泣かされない方法、教えます。

私のたちの食生活に欠かせない野菜。普段何気なく調理したり、口にしている野菜だが、ちょっとした保存や切り方のコツを知っていると、快適&美味しく調理ができる。知っているようで知らない。知っているとちょっとトクした気分になれる、マメ知識をご紹介!

続きを読む