ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

適当に関する記事一覧

21694750_M200

「適当」を極めた男、高田純次

「適当」という言葉を聞いて、どういうイメージを持つだろうか。たいていの人は「いい加減」というイメージを持つだろう。

辞書で「適当」の意味を調べてみると、

(1)
ある状態・目的・要求などにぴったり合っていること。ふさわしいこと。また、そのさま。相当。 「 -な例」 「 -な分量を加える」 「君主政治なる者は殊に大国に-するの理を/民約論 (徳)」
(2)
その場を何とかつくろう程度であること。いい加減なこと。また、そのさま。 「 -にはぐらかす」 「 -なことを言う」 〔類義の語に「妥当」があるが、「妥当」は物事の判断・やり方などに無理がなく、適切である意を表す。それに対して「適当」はその場の、またはあるべき状態・性質・条件などにぴったり合っている意を表す〕

(『大辞林 第三版』より引用)

意味としては、「適切なこと」と「いい加減」の両方を持っている言葉だ。

続きを読む