ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

転職に関する記事一覧

siranai-shigoto-200

人工知能の進化におびえる日々。いまの仕事を続けるべきか悩んでいます

食品工場で働いています。
単純作業であるがゆえに、AI(人工知能)や自動化技術によって仕事を奪われることにおびえる毎日を送っています。

不安な気持ちでいっぱいです。とても悩んでいます。
10年後も食いっぱぐれないためには、この先、どのような仕事でキャリアを積むべきでしょうか?

続きを読む
1213_i

「しあわせな会社」ってなんだ? これからの働き方を考えよう。

働き方や会社の責任など、いろんなニュースが駆け巡った今年、「いい会社ってなんだろう?」と考えることが多くなりました。
そんなの残業がなくて、ボーナスがバンバン出て、2016年の漢字「金」がいっぱいもらえるところだろー! と言う方も多いかもしれませんが、本当に「お金」だけでしょうか?

だれかに話したくなる小さな会社』(浜口隆則、村尾隆介・著/かんき出版・刊)には、小さな会社でもしっかりブランディングされていて仕事を楽しんでいる会社がいくつもの事例と共に掲載されています。今回はその中から、3社ご紹介しながら、いい会社について考えてみようと思います。

続きを読む
17255169_M 200

誰も教えてくれない「第二新卒」の落とし穴

厚生労働省が2015年10月末に発表した「新規学卒就職者の在職期間別離職率」を見ると、大学卒業後3年以内に会社を辞めた人の割合は、32.3%となった。こうした社会人経験2~3年で辞めた人の中には「第二新卒枠」で転職を考えている人も多いだろう。
実務経験の少ない転職希望者を採用する枠として「第二新卒枠」を設けている企業は最近多い。しかし、この第二新卒枠を狙う転職活動は注意しないと様々な落とし穴が潜んでいる。『人事が拾う履歴書、聞く面接』(佐藤留美・著/扶桑社・刊)の中から、その実態をみていこう。
続きを読む
thumb

幸せな就職・転職を実現させる秘訣とは?

終身雇用制度が崩壊し、現在の日本においては、新卒時にどの会社に就職したのかということの価値は相対的に低くなってきていると言って差し支えないだろう。このことは、最初に入った会社に定年まで勤め上げる人が少なくなったことを意味しており、よりよい待遇や環境を求めて転職をする人が増えていることの表れでもある。また、労働人口が斜陽産業から成長産業へと移動していきやすいように、雇用の流動化を促進することは、国家の成長戦略としても必要なことだ。

続きを読む