ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

自己啓発に関する記事一覧

idea-3sen-600

「欲しい」「便利だ」と思わせるアイデア3選

『エスキモーに氷を売る』や『100円のコーラを1000円で売る方法』というタイトルの本が、話題になったことがあります。
難問の答えを知りたいので、つい読んでみたくなります。

商品を「便利だ」「欲しい」「買いたい」と思わせるには、ちょっとした工夫やアイデアが必要です。
たとえば「満腹の人でも食べたくなるカレーライス」というものが実在します。
どんな方法で作られたものか、あなたは答えることができますか?

続きを読む
okane-fueru-200

お金が増えるパワーワード「だから何?」

お金は増やせるものです。
ただし、せっかく増やしても、お金の扱いかたを知らなければ、たちまち消えていきます。

お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』(午堂登紀雄・著/学研プラス・刊) は、「サラリーマンの平均年収の10倍」を稼ぐ著者が、お金にまつわる43の考えかたを紹介しています。

続きを読む
holeinone-200

超一流の人間は「ホールインワン」を本心では喜ばない

ゴルフは、野球やサッカーよりも敷居が高いイメージがあります。

なにも説明を受けていない子どもが、ゴルフ大会のテレビ中継を観たとしても、面白さを理解するのは難しいでしょう。

しかし、面白くて奥が深いスポーツであるからこそ、一流のビジネスパーソンたちは休日返上でゴルフに熱中するのです。

続きを読む
presentation-guide-200

プレゼンテーションの主役は「プレゼンター」にあらず。多くの人が勘ちがいしている

スティーブ・ジョブズに学んで、プレゼンテーションは上達しましたか?
たいていは猿マネで終わっています。

ジョブズのモノマネをして、なにかを説明しながら、会議室やステージ上をうろちょろ歩きまわるのはやめてほしいものです。

プレゼンがうまくなりたければ、ジョブズよりも日本のバスガイドに学びましょう
老若男女を相手にして、わかりやすく説明をしてみせる達人だからです。

続きを読む
無題

仕事や恋愛、困ったときに助けてくれる兼好法師の教え

平安時代の文学をこよなく愛するフランス人一家が「次に会ったらKenkoについて語り合おう」と言ってきた。
以前、このフムフムに清少納言の枕草子について書いたとき、彼らとのエピソードを書いたよと教えてあげたらページを見て大喜び(といっても彼らは日本語は読めないから写真や文字をながめただけだが)。

で、次は、兼好法師(吉田兼好)をすすめてきたのだ!

『徒然草』も“徒然なるままに日暮らし……”しか知らない私は、またまた焦りまくった。

続きを読む
happy-tec-200

イエーイ! ハッピーを作ろう!!

「幸せになりたい」と思ったとき、わたしたちは「偶然」や「奇跡」に頼りがちです。

しかし「良いことがありますように」と願うだけでは、幸せにはなれません。

ハッピー(しあわせ)は、少しの工夫によって作りだせるのです。

続きを読む
54081558_m200

自己啓発書、ビジネス書、村上春樹。それって本当に「読書好き」?

僕は読書が好きだった。正確には今も好きなのだが、仕事が忙しくてあまり時間が取れず、このフムフムの連載が僕のメインの読書タイムとなっている。

僕の周囲にも「読書が好き」という人がいる。若い女性などに多い。しかし、読んでいる本を聞くと、たいてい自己啓発書かビジネス書、そして村上春樹だ。

続きを読む
ichiro-asa-200

自己啓発グルメに気をつけて!

若気の至りは、誰もが経験することだ。芸能人やミュージシャン、スポーツ選手に憧れるあまり、ヘアスタイルや染色、ファッション、メイク、ライフスタイルなどをコピーしたくなる。せめて外見だけでもマネすることによって一流と呼ばれる人物に近づきたい、という向上心のあらわれだ。お手軽な自己実現と言い換えることもできる。

ライフスタイルの一部、たとえば「食」をモノマネすることでも自己実現欲求を満たせる。近年であれば、有名人が愛好しているお取り寄せグルメに舌鼓を打ったり、レストランにてお冷ではなく常温の水を所望したり。

あこがれの有名人と同じものを口に入れることによって、凡人には至れない「何か」を達成したような気分になれる。いわば自己啓発グルメだ。

続きを読む
0823_i

今こそ、「NO!」も言える日本人になろう

飲み会など本当は行きたくないのに断れない、「違うな~」と思うのに反論できない、最後まで誰も手を上げないから自分が引き受けてしまう…「あ、私だ!」と、思い当たる方も多いでしょう。

日本人は、はっきりと断ることを避けてしまいがちな国民性があります。かくいう私も、心の中で「なんで私が?」と思いながらも引き受けてしまうことがありモヤモヤ…モヤモヤ…。そんな方は今こそ、NOも言える日本人を目指しちゃいましょうっ

続きを読む