ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

自己啓発に関する記事一覧

0606_i

アンミカさんに「幸せを選ぶ力の磨き方」を教えてもらおう!

テレビや雑誌で引っ張りだこのアンミカさん。

1972年生まれの現在45歳で、パリコレに出たことがある経歴を持ち、旦那さんとのセレブな暮らしぶりを自身のブログで紹介したかと思えば、スパイと付き合っていた過去を赤裸々に告白したり、テレビショッピングの女王として君臨されていたり、素直で飾らない性格が幅広い層から受け入れられている旬なタレントさんの一人ですよね。

姿勢が良く、笑顔が絶えないアンミカさんのようになりたい! と願う女性も多いと思いますが、『アン ミカの幸せの選択力』(アンミカ・著/大和書房・刊)を読んでみるとたくさんの努力をされて幸せを手に入れていたのだと感じました。今回は、アンミカさんの名言とともに、幸せを選ぶ力の磨き方を学びましょう!

続きを読む
minus-plus-200

マイナスを一瞬でプラスに変えるための思考法

仕事で行きづまったとき、思考停止になってしまうことがあります。
解決する方法が思いつかず、ストレスで視野狭窄におちいり、次にやるべきことを見失うからです。

「押してダメなら、引いてみろ」という格言があります。
恋愛のアドバイスとして有名なもので、発想を転換して、相手への接し方をいつもと変える方法論です。

物事がうまくいかないときには、イライラせずに「発想の転換」をしてみましょう。

続きを読む
soul-books-200

熱くなれ! 魂のスイッチをONにする読書ガイド

「読書のすすめ」という店名の本屋さんを知っていますか?

変わっているのは店の名前だけでなく、本の品ぞろえも普通の書店とはちがいます。
ありきたりの新刊は置かない方針で、店主が感銘を受けた本だけが大量に並べられているのです。

型破りな経営方針にもかかわらず、この書店は、東京都江戸川区篠崎で20年以上も続いています。

続きを読む
bible-digest-200

「なぜ働かなければならないのか?」理由は聖書に書いてある

アニメや洋画を観ていると、聖書由来らしきセリフが登場することがあります。
そんなときには、「聖書の知識があったらもっと楽しめるのに」と悔しい思いをします。

カラー版 イチから知りたい! 聖書の本』(大島力・監修/西東社・刊)は、旧約聖書と新約聖書を、わかりやすい図解と文章にまとめたものです。
読んでいるうちに、「あのセリフやあの登場人物は聖書が元ネタだったのか!」という新しい発見があるかもしれません。

続きを読む
work-speed-200

残業を減らして仕事を楽しむためには?『なぜ あの人は2時間早く帰れるのか』

世の中には、残業をしたい人残業をしたくない人がいます。

「残業をしたくない人」といっても様々なケースがあります。
仕事のやり方が遅いせいで残業しているのなら、それは本人の責任です。

残業がイヤなら、仕事を早く終わらせるための工夫をしましょう。
なぜ あの人は2時間早く帰れるのか』(中谷彰宏・著/学研プラス・刊)は、63項目の「超速で仕事を終わらせる習慣」を紹介しています。

続きを読む
idea-3sen-600

「欲しい」「便利だ」と思わせるアイデア3選

『エスキモーに氷を売る』や『100円のコーラを1000円で売る方法』というタイトルの本が、話題になったことがあります。
難問の答えを知りたいので、つい読んでみたくなります。

商品を「便利だ」「欲しい」「買いたい」と思わせるには、ちょっとした工夫やアイデアが必要です。
たとえば「満腹の人でも食べたくなるカレーライス」というものが実在します。
どんな方法で作られたものか、あなたは答えることができますか?

続きを読む
okane-fueru-200

お金が増えるパワーワード「だから何?」

お金は増やせるものです。
ただし、せっかく増やしても、お金の扱いかたを知らなければ、たちまち消えていきます。

お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』(午堂登紀雄・著/学研プラス・刊) は、「サラリーマンの平均年収の10倍」を稼ぐ著者が、お金にまつわる43の考えかたを紹介しています。

続きを読む
holeinone-200

超一流の人間は「ホールインワン」を本心では喜ばない

ゴルフは、野球やサッカーよりも敷居が高いイメージがあります。

なにも説明を受けていない子どもが、ゴルフ大会のテレビ中継を観たとしても、面白さを理解するのは難しいでしょう。

しかし、面白くて奥が深いスポーツであるからこそ、一流のビジネスパーソンたちは休日返上でゴルフに熱中するのです。

続きを読む
presentation-guide-200

プレゼンテーションの主役は「プレゼンター」にあらず。多くの人が勘ちがいしている

スティーブ・ジョブズに学んで、プレゼンテーションは上達しましたか?
たいていは猿マネで終わっています。

ジョブズのモノマネをして、なにかを説明しながら、会議室やステージ上をうろちょろ歩きまわるのはやめてほしいものです。

プレゼンがうまくなりたければ、ジョブズよりも日本のバスガイドに学びましょう
老若男女を相手にして、わかりやすく説明をしてみせる達人だからです。

続きを読む