ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

社会問題に関する記事一覧

teacher-pride-200

親から「教師なんてやめなさい」と言われる時代

元号が昭和だった頃は、学校の先生といえば「安定」と「社会的ステータス」を兼ねそなえた魅力的な職業でした。
しかし、近ごろは「あんな大変な仕事はやめなさい」と忠告されることも少なくありません。

スクールカウンセラーが書いた『教師の資質』(諸富祥彦・著/朝日新聞出版・刊)によれば、現代は「教師受難の時代」です。

受難(じゅなん)とは、「苦しくつらい思いをする」「災いを受ける」という意味です。
学校の先生たちを悩ませているのは、「いじめ」や「学級崩壊」や「モンスターペアレント」だけではないようです。

続きを読む
haijo-shakai-200

日本人を不幸にする「排除型経営」

いま日本は、「包摂型社会」から「排除型社会」へと変化しています。
この問題における「包摂(ほうせつ)」とは、「人並みに生きることを認める」という意味です。

たとえば労働者として、企業に包摂されている人たちは「正社員」と呼ばれます。
昇給や賞与や福利厚生を受けられる立場です。

その一方で「非正規社員」に区分される人たちは、企業に「包摂」を拒まれています。
おなじ職場で働く身でありながら、非正規社員は、正社員のような優遇を受けることができません。

いわば「仲間はずれ」です。このような「排除」が日本では当たり前になっています。

続きを読む
6878228 - powerful black and white shot of a young schoolgirl

ブラック企業経営者は、こうやって新人を社蓄化する

若者の労働力を搾取しまくり、ボロボロになるまで働かせまくるブラック企業。社会問題化しているにもかかわらず、依然として問題の解決策は見えてこない状態にある。

最近、某居酒屋チェーン店にようやく労働組合ができたというニュースが報じられていた。一方で、労働組合なんてうちの会社にはないよという例が大半だと思う。ニュースで報じられないブラック企業は、世の中にごまんとあるのだ。

続きを読む
kozoku_200

孤独死リスクは50歳から急上昇する!

東京都では毎年6千人が孤独死している(東京都監察医務院調べ)。孤独死の半数を占めているのは50歳以上の男性だ。東京都だけでも毎年3千人の中高年男性が、だれにも気づかれずにひとりで亡くなっている。

孤独死とは何か。東京都監察医務院によれば「一人暮らしの人が自宅で死亡したケースのうち、自殺や病死、そのほか死因がはっきりしない事例」を孤独死と見なすそうだ。

他人ごとではない。これから日本は「超高齢化と多死の時代」をむかえる。今後も拡大を続けるであろう「格差と貧困」によって、多くの中高年たちが、老朽化した賃貸住宅や団地の一室へと追いやられていく。

地縁もない。血縁もない。死んでも誰も気づかない。何ヶ月も発見されないまま。

続きを読む
nekohasugoi_200

エサを与えないほうが殺処分が減る!

2005年(平成17年)におけるネコの殺処分数は、およそ22万頭だった(環境省調べ)。

それから約10年をかけて、各地の行政やボランティアたちの取り組みによって2014年(平成26年)の殺処分数は、およそ8万頭まで減少している。

猫の殺処分数の1/4(約2万頭)は、飼い主などによる行政施設への持ちこみ。

猫の殺処分数の3/4(約6万頭)は、野良猫を収容したもの。

殺処分される野良猫のうち65%が子猫だという。1年間で約3万頭の子猫が殺処分されている。

現在の日本において、ノラに生まれてしまった子猫の多くが殺処分される運命にある。無用の殺生を避けるためには、野良猫を繁殖させない取り組みが必要だ。

続きを読む
homeless_namida_200

路上生活で出会い結婚したホームレス夫婦のはなし

ホームレス。定まった住居を持たない路上生活者のことだ。世間には誤ったイメージが広まっている。

第一に、ホームレスは怠け者ではない。働いている人が多いからだ。大半の人が廃品回収やアルミ缶集めなどで現金収入を得ている。

毎日の食事は働いたおカネで買っている。ごみ袋をあさるホームレスはきわめて少ない。服は日替わりというわけにはいかないが、清潔をたもつために銭湯へ行けるくらいの稼ぎはある。

路上生活には悲しいこともあるけれど、楽しいことだってある。結婚だ。ホームレスだってマリアージュできる。東京上野公園のホームレス夫婦を紹介したい。

続きを読む
kyushoku_tabenokoshi_200

学校給食「牛乳廃止」の衝撃

平成25年度における「児童・生徒1人当たりの給食食べ残し」は、年間で7.1キログラムだった。学校で出された給食の約1割が食べ残されている。(環境省調べ)

「給食の食べ残し」を減らすことは重要な課題だ。食べ残しがあると、文部科学省が定める「栄養摂取基準」を下回ってしまうからだ。食べ残すような給食内容では、子どもの健康維持や成長が危うくなってしまう。

食べ残しの原因はさまざまだ。ピーマン、ネギ、ブロッコリーなどの嫌いな野菜を残す。いまの子どもは「家庭で食べたことがない和食料理」に手をつけない。「給食時間が短いせいで食べ残してしまう」という意見もある。

食べ残しだけでなく、給食で出される「牛乳」も飲み残しが多い。乳製品にふくまれるカルシウムは骨の成長に欠かせないものだから、牛乳の飲み残しは改善すべき問題だ。

続きを読む
10058953_M (1)

保育園落ちても仕事を辞める女性はほとんどいないフランス

「保育園落ちた」と嘆くブログが話題になっているこのごろ。私も子どもが小さかった頃に公立保育園に入れず、私立保育園に子どもを預けていたことがあるので、気持ちはとてもわかる。フランスでも保育園は激戦でなかなか入れないらしい。しかし、そのような状況下でも仕事を辞める女性はほとんどいないという。これはなぜなのだろう。

続きを読む
20482699_S

日本人男性の5人に1人が結婚しない。

臨床心理士の信田さよ子さんによると、適齢期の日本人がほぼ全員結婚できていたのは高度成長期の時だけで、奇跡の20年間と言われているという。他の時代は生涯独身のままの男性も多く、明治・大正時代は男性の3人に1人は結婚をしないままだったという。そして現在の日本ではかなりの勢いで結婚しない男性が増えている。生涯未婚率が2005年では15.96%だったものが、2010年には20.14%にまでなった。特に東京と沖縄は突出していて25%を超えている。つまり4人に1人が生涯独身のままなのだ。いったいなぜこのような状況になっているのだろうか。

続きを読む