ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

映画に関する記事一覧

1017_i

秋の夜長は、恋愛映画でキュンキュンしちゃお♪ 恋に効く映画ベスト3!

最近、映画を見たのはいつですか?

映画館で見る映画も好きなのですが、最近では「Amazonプライム」「Netflix」などオンライン動画配信サービスが充実し、見たい映画がありすぎて困ってしまうくらいです。日本では、毎年約1000本近い新作が洋画・邦画合わせて公開されているため、生きているうちに全ての映画を見切ることはほぼ不可能に近い! 私も年間DVDも含めて150作品見れれば「頑張った!」と思える程度です。

そこで今回は、年間500本も映画を鑑賞している映画心理カウンセラーのコトブキツカサさんによる書籍『コトブキツカサの恋に効く映画ランキング』(コトブキツカサ・著/ブックビヨンド・刊)から、「あぁ~キュンキュンしたいわぁ」というみなさんにおすすめの恋愛映画をご紹介してまいります。とりあえず2時間映画に浸る・・・それだけであなたの明日が変わっちゃうかもしれませんから♪

続きを読む
rocket-boys-200

ロケット技術は悪くない。某国は悪用するのをやめてほしい

某国が発射したものを、日本政府は「飛翔体」と表現しました。
公文書では、弾道ミサイルだけでなく宇宙ロケットも「飛翔体」と表現するようです。

本来、ロケット技術は良いものです。カーナビやスマホ地図に使われている「GPS衛星」の打ち上げには、ロケット技術が欠かせません。爆弾を付けてミサイル化するから有害になるのです。
そこで、ロケット技術を好きになってもらうために、とっておきの映画を紹介します。

続きを読む
falling-down-movie-200

真夏に観たい映画『フォーリング・ダウン』に出てくる銃のギモン

連休や里帰りで遠くへ出かけたとき、思わぬ道路渋滞にハマってしまい、クルマを乗り捨てて帰りたいと思ったことはありませんか?

映画『フォーリング・ダウン』は、渋滞にガマンできなくなった男がクルマを乗り捨てたあと、世の中に対する怒りを抑えきれず、バズーカ砲やマシンガンを乱射して大暴れするという、異色のエンターテインメント作品です。

続きを読む
27468015 - beautiful jiujiang yangtze river bridge at dusk in spring ,china

異世界と現実とをつなぐ、川という存在。

伊勢神宮の外宮から内宮に向かう際、五十鈴川に架けられた長い宇治橋を渡る。
この橋は、俗世と聖界をつなぐ橋だと言われている。
神様のいる世界に足を踏み入れる前に橋を渡ることに、一種の儀式めいたものを感じてしまう。なぜか人は、川に神秘的なものを感じてしまいがちだ。

続きを読む
18172521 - black cat is sitting in a window

『君の名は。』の新海監督のデビュー作は5分間のアニメで、ネットで公開されている。

新海誠監督の作品にしばしば出てくるテーマがある。それは「どこか遠く」に思いを馳せるというところだ。
例えば『君の名は。』の、自分と入れ替わっている異性への呼びかけであったり、『ほしのこえ』の何光年も離れた場所にいる人へのメールだったり、『言の葉の庭』のどこに住んでいるかわからない相手を待つことだったりなどである。では、デビュー作として作られた『彼女と彼女の猫』にはどのような思いが描かれているのだろうか。

続きを読む
ramen-manga-200

ラーメン映画とラーメン漫画

日本映画オールタイムベスト100を選ぶとすれば『タンポポ』をはずせない。1985年公開。伊丹十三監督作品である。

主演は、宮本信子と山崎努。ほかにも津川雅彦や大滝秀治など、おなじみ伊丹組の面々に加えて、デビューしてまもない頃の渡辺謙も出演している。

映画『タンポポ』は、伊丹監督によって「ラーメン・ウエスタン」と銘打たれている。宮本信子の役どころは、小学生の子どもを育てながらひとりでラーメン屋を切り盛りしている女店主だ。名前を「たんぽぽ」という。

続きを読む
19775446 - empty conference room with laptops on table

シン・ゴジラ「まずは君が落ち着け」に並ぶ長谷川博己&松尾諭の名シーン

公開から間もなく2ヶ月経とうとしている『シン・ゴジラ』。その人気は衰えるどころか、何度も劇場に足を運ぶコアなファンを増やしつづけている。最初から最後まで名セリフ・名シーン・名俳優だらけの本作だが、巷で特に話題を呼んでいるシーンがあるのはご存じだろうか。

続きを読む
0517_i

人生と恋愛を楽しむウディ・アレン映画の名言たち

みなさんは、ウディ・アレン好きですか?

彼は養女に手を出してメディアを騒がせしたりしているので(笑)もしかしたらスキャンダルだけ知っていて、彼の作品をまだ見たことがないと言う人も多いかもしれません。私の人生ベスト映画は「アニー・ホール(1977年公開)」なのですが、このお話はキュンキュンするようなラブロマンスではありません。一組の男女が出会い、愛を語り、そして別れる…。「あぁ彼らは最良のパートナーだけど、一緒にはなれないんだな」という切なさを教えてくれます。しかも、主演をつとめたダイアン・キートンとウディ・アレンは実際に付き合っていて、別れた後にこの作品を撮っているんだから驚き!

今回は「僕は僕自身を会員にするようなクラブには入りたくない」などの発言をし、ひねくれてるのに憎めないウディ・アレンの魅力を『ケトル Vol.21 』(ケトル編集部・著/太田出版・刊)内で紹介されている作品の名言と共にお伝えします!

続きを読む
project_ito_eiga1_200

伊藤計劃がほめていた映画を観る

2009年惜しくも早逝した作家・伊藤計劃の体は、ほとんど小島秀夫とSF小説と映画で出来ていた。かれが生前につづっていたブログには、映画についての言及が目立つ。趣味嗜好のみにとどまらず、創作者としての血肉にもなっていた形跡がある。

デビュー作『虐殺器官』における終盤のカタルシスは、あきらかに黒沢清監督の映画『CURE』や『カリスマ』を参照しているからだ。オリジナル長編2作目『ハーモニー』の参照先のひとつとしては、映画『リベリオン』を挙げることもできるだろう。

伊藤計劃は、映画の観客だけでは飽き足らず、いちファンとして映画文化の素晴らしさを広めたり、映画人口を増やせないかと模索していた。1990年代後半から個人ホームページで、せっせと映画紹介を書いては公開していた文章が『Running Pictures 伊藤計劃映画時評集1』(伊藤計劃・著/早川書房・刊)としてまとめられている。

この本をきっかけに、わたしは「食わずぎらい」だった映画をいくつも観た。感想や評価を同じくする映画もあらためて鑑賞してみた。

続きを読む
creator_dictionary_200

オタクは「神話」が大好きである

大ヒットしたエンターテインメント作品は、必ずしも斬新さやオリジナリティが評価されているわけではない。偉大なクリエーターほど模倣するのがうまい。盗んでもOKなものをうまく盗んでアレンジしてみせる。意外に思うかもしれない。

たとえば、『新世紀エヴァンゲリオン』は「使徒」「ロンギヌスの槍」(新約聖書)などのキリスト教ネタが満載だ。『ドラゴンクエスト』は「ロト」(旧約聖書)、『ファイナルファンタジー』は「ギルガメッシュ」(メソポタミア神話)や「オーディン」(北欧神話)を題材にしている。

神話や歴史的題材をうまくアレンジできることが、偉大なクリエーターやヒットメーカーになるための条件だ。先人が残したものを活用することは「巨人の肩の上に乗って進む」ということだ。より遠くを目指すためであってルール違反ではない。

続きを読む