ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

料理に関する記事一覧

instant-ramen-arrange-200

インスタントラーメンが激ウマになる3つのアレンジ

インスタントラーメンが好きです。
カップ麺や袋ラーメンの新商品を見かけたら、とりあえず買います。

でも、わたしには悪いクセがあります。
5食パックの袋ラーメンを買っても、1~2回ほど食べたら飽きてしまうのです。

独り身における「袋ラーメンを消費しきれない問題」を解決できる本がありました。
インスタントラーメン 瀬尾幸子さんの勝手にアレンジBOOK』(瀬尾幸子・著/学研プラス・刊)というレシピブックです。

さっそく、我が家で余っていた袋ラーメンを使って、掲載されているレシピをいくつか試してみました。

続きを読む
cooking-papa-200

平凡なパパから「クッキングパパ」に昇格するためには?

漫画の『クッキングパパ』に憧れます。
あれだけマメな性格で料理上手ならば、妻からは感謝されて(少なくとも基本的人権は認めてもらえて)、子どもたちが思春期や反抗期を迎えたときでも慕い続けてくれる(少なくとも無視されることはない)はずです。

理想のクッキングパパに近づくためには、料理の基本を覚える必要があります。

料理をはじめるのに年齢は関係ありません。
60代後半の男性が料理にチャレンジしている『亀渕昭信×土井善晴 男の料理入門塾』(亀渕昭信・著 土井善晴・著/学研プラス・刊)が役に立つはずです。

続きを読む
jisui-nikujaga-200

自炊生活は「落胆」と「喜び」の繰り返しです

わたしは、独身貴族ならぬ独身庶民です。
自宅でひとり、米を炊き続けること、もうすぐ20年目になります。

最近では、必要最低限の煮炊きしかやっていません。
米を炊く。麺をゆでる。肉や野菜をフライパンで調理する。これだけ。

ハンバーグや肉じゃがを自家製していたのは若いときだけでした。
おいしいものを作ろうとするほど、自炊のハードルは上がるからです。

続きを読む
0523_i

迷ったらコレ! 少ない材料なのに美味しいお手軽パスタ3選

巷には、安いのに美味しい! お手軽! 時短! と忙しい現代人のためのレシピ本がずらり並んでいますよね。

美味しい食事を安く、しかも簡単に作って食べたい・食べさせたいという欲求は誰もが持っているもの。一人暮らしをしている私も、帰宅後に「さーて、米を炊いてお味噌汁におかず3品作るぞ!」なんて気合いはありません(笑)。早く作れて、美味しいご飯でお腹を満たしたいのです!!

そこで今回は、「美味しい」「早い」「安い」の三拍子が揃ったお手軽パスタレシピを『麺本 3ステップで作れる簡単で旨いパスタレシピ厳選50』(小嶋貴子・著/トランスワールドジャパン・刊)よりご紹介! 疲れているからといって毎晩コンビニ弁当じゃ・・・という方でも、冷蔵庫や常備しているもので簡単に作れるパスタをご紹介しますので、ぜひ今晩の夕飯にチャレンジしてみてください。

続きを読む
0509_i

料理上手になれる! 調味料の黄金比とは?

「味、うっす!」

これは自慢の肉じゃがを振る舞った相手の反応でした。自信ですか? ええ、結構あったんです。「味見した?」なんて言われて、悲しいというよりも悔しかったことを昨日のように覚えています。

みなさんは料理をするとき、調味料をちゃんと計って入れていますか? 私は「なんとなく」で入れてしまっていたのですが、どうやら調味料には黄金比があって、その比率で料理をすれば美味しくなるって言うじゃないですかっ(笑)。今回は『365日料理じょうずの味つけ黄金比』(著・杵島直美/刊・泉書房)より、料理上手になれる調味料の黄金比をお伝えします。もう、味が薄いとか言わせないっ!!

続きを読む
42449916 - white digital rice cooker in white background

超簡単!豚キムチごはんを炊飯器で作ってみた

一人暮らしの部屋によくある、ガスコンロがひとつしかない台所。せっかく自炊しようと思っても、おかずと味噌汁の二品作るだけでけっこう時間がかかってしまう。そんな時は、メインの一品を炊飯器におまかせしてみるのはどうだろうか?
具材とお米を入れ、炊飯のスイッチを入れるだけで簡単にできる、栄養・ボリューム共に文句なしの炊き込みご飯を『釜本 炊飯器でできる簡単で旨い本格釜飯厳選58』(著・小嶋貴子/出版社・トランスワールドジャパン)のレシピを参考に実際に作ってみたいと思う。

続きを読む
56321448 - traveler photograph journey tourist girl lady concept

「いいね!」が増える写真を撮るテクニック

ブログやSNSの普及で、私たちは以前よりも、他人が撮った写真を見る機会が増えた。
食べた物、旅行先の風景、子どもの笑顔、友人とのひととき。
たくさんの写真を見ていると、写っているのは特に変わったものではないのに、なんだか素敵だな~と目を引く写真に出会うことがある。まるで雑誌に出てくるような、思わず「いいね!」を押したくなるような一枚。普通の写真とおしゃれな写真、どこが違うのだろうか?

続きを読む
37558895 - cut colorful vegetables in line with knife on white background

料理をレベルアップさせるコツは「切り方」にあった!

私は、基本面倒くさがり屋である。細かい作業も、「最終的に見栄え良くできればいいでしょ!」というノリでいつもこなしている。だから、料理のときに一番面倒なのが、食材を切る工程だ。全部ざっくり切って終わらせたい。玉ねぎのみじん切りやキャベツのせん切りなんて、できれば避けて通りたい。速水もこみちくんみたいに鮮やかな手つきで切りたいものだが。実際、私のみじん切りは荒い。せん切りも太い。でも、切り方なんてどうでもいいじゃない。美味しくできればいいじゃない!

そう思っていたら、どうやら野菜の切り方ひとつで、料理の味が格段に変わるのだという。もしかしたら、細かく切るだけが能じゃない!? それならば、私のような不器用な面倒くさがりに朗報である。

続きを読む