ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

成功に関する記事一覧

zonbie-run-200

人生で、生きる屍(しかばね)にならないための3つの心構え

徹底していないことを指して「ぬるい」と表現します。
向上心をもたずに現状に甘んじることを「ぬるま湯に浸かる」とも言います。

現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない。』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)という本があります。

著者の千田さんは、「自分と同等以下の人間たちと楽しそうに群がっている状態」を「ぬるま湯」と定義しています。
ぬるま湯のような毎日を過ごしていると、やがて生きる屍(しかばね)に成り下がってしまうのです。

続きを読む
61768409_M (1)

電話営業のプロが教える、話を聞いてくれる時間・聞いてくれない時間

学生時代に行ったことがある小さな家庭教師派遣会社では、家庭教師をしたい学生の登録を受け付けると同時に、子どもがいるご家庭に電話営業をかけていた。そこには、伝説のおばさまがいた。
なんと電話一本で毎日のように契約を取り、驚異的な成績を上げているという。
彼女はなぜ、そんなにも客の心を掴めたのだろうか。

続きを読む
42813382 - happy senior man eating fresh vegetable salad

年収2000万円以上の成功者は昼食を抜かない

エグゼクティブコーチの杉浦蘭さんは、1500人もの企業の経営者らと会食するうちに、とあることに気づいた。それは、息の長い活動を続けている年収2000万円以上の成功者は、例外なく食事を大切にしている、という点だった。どんなに忙しくても彼らは決して食事を抜いたりはせず、自身の体調管理をしっかり行っているという。成功者たちが食事の際に心がけていることを3つご紹介したい。

続きを読む
long-ice-200

ずっと売れ続けるアイスと缶コーヒーの秘密

森永乳業のアイス「Pino(ピノ)」は、ロングセラー商品です。2016年で40周年を迎えました。

「ピノ」が発売されたのは、1976年です。
「徹子の部屋」の放送がはじまった年であり、アメリカでは、スティーブ・ジョブズが「アップルコンピューター」を創業しています。

現在でも「ピノ」は、年間11億粒も売れているそうです。
ながく売れ続ける商品には、どのような秘密が隠されているのでしょうか。

続きを読む
36557740_M (1)

若くしてアパート経営する富女子が増えてるらしい。

最近「富女子」が増えているという。
ひたすら貯蓄に励む女子のことで、なんと若くしてアパートを一棟手に入れ、家賃収入を得る人もいるという。いずれかかる子どもの教育費や老後の年金もアパートの家賃から捻出できて安心なのだとか。しかし本当にそううまくいくだろうか。
『アパート経営はするな!賃貸経営の落とし穴』(須田忠雄・著/大空出版・刊)という本から検証してみたい。

続きを読む
44084913_M (1)

お金持ちとお近づきになる3つのコツ

以前、ママ達のランチ会に参加した時のこと。
ひとりだけ落ち着き払ったような超然としている感じの女性がいて、気になったので話しかけてみた。
彼女はウェブデザイナーで、取引先は有名会社ばかりだった。どうやってお仕事を得たの?と聞くと「お金持ちの人と知り合いになったから」という答えだった。世の中には「金持ちサークル」と「貧乏サークル」があり、彼女は金持ちサークルのほうに参加したのだそうだ。

続きを読む
6818476_M200

「君に仕事は任せられない」と上司に思わせてしまう3つのNGフレーズ

「会社の同期がどんどん大きな仕事を任されている中、自分はルーティンの仕事ばかり…。能力や経験など差がないのにアイツが選ばれるのはなぜなんだろう?」
こんな風に日頃思っている人は、職場で使う言葉の「言い方」に問題があるのかもしれません。仕事を任せてもらうには「この人なら安心だ」と上司や先輩に思ってもらうことが大切です。この「安心感」を抱かせるためには、相手が不安に思いそうなことを先回りして考え、それを払拭するような「言い方・伝え方」が不可欠。では、どういった言葉を使えば上司や先輩に「君に仕事を任せたい!」と思ってもらえるのでしょうか?
大人のものは言いよう事典』(櫻井弘・著/大和書房・刊)から具体的なフレーズを見ていきましょう。

続きを読む
33042584_M (1)

10人分払う太客1人と1人分を払う一般客10人、どちらを選ぶべき?

フリーで活動しているとある舞台役者が、1人の年配女性に惚れ込まれた。彼女は彼の全10公演の舞台のチケットのすべての回、つまり1人で10枚も購入してくれた。心強いファンを得たところまでは良かったが、彼女は次第に劇場帰りの彼を待ち伏せするようになり、「あの女優さんと仲良くしないで」「私以外のお客さんに優しくしないで」などと束縛し始めた。そうこうするうちに他のファンから「あの人なんなの?」とクレームが到来した。劇場周辺での出待ちは禁じられているからである。彼はまだ新人でファンは10人ほどしかいない。さて彼は太客1人と一般客10人と、どちらをより大切にするべきだろうか。

続きを読む
23743101_M 200

飲食店での注文で分かる、出世できる人・できない人

この前、近所のコンビニの前でサラリーマンのグループを見かけた。2~3人の先輩社員と、新入社員5人といったグループ構成だったのだが、その新入社員と思しき男子一人と目があった。彼は苦笑いしていた。
それもそのはずだろう。住宅地の交差点にあるコンビニの前で割と人の往来があるにも関わらず、彼らは店の前を占拠し、手に手に缶ビールを持ち「乾杯!」と高らかな先輩のご発声のもと、一杯やりはじめたのだから…。

続きを読む