ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

成功への道に関する記事一覧

23743101_M 200

飲食店での注文で分かる、出世できる人・できない人

この前、近所のコンビニの前でサラリーマンのグループを見かけた。2~3人の先輩社員と、新入社員5人といったグループ構成だったのだが、その新入社員と思しき男子一人と目があった。彼は苦笑いしていた。
それもそのはずだろう。住宅地の交差点にあるコンビニの前で割と人の往来があるにも関わらず、彼らは店の前を占拠し、手に手に缶ビールを持ち「乾杯!」と高らかな先輩のご発声のもと、一杯やりはじめたのだから…。

続きを読む
7890305_M (1)

もしも私が大家になれたなら

10年ほど前に、大家さんになりかけたことがある。
世田谷に一戸建てを買ったはいいが、2年も経たないうちに離婚してしまったのだ。夫が家を出ていったので、私はひとりで30年近いローンを背負うこととなってしまった。そして私もいろいろ悲しい思い出があるこの家に住み続けるのもつらかった。なので売るか貸すか、迷ったことがある。結局家を手放してしまったけれど、あの時もし人に貸していたらどうなっていたんだろうと、たまに考える。私は大家さんになったほうが、よかったのだろうか。

続きを読む
フム46アイキャッチ

運命を変えるコスギの言葉

私は会社勤めをしたことがなく、上司という存在を知らない。
だから、セクハラもパワハラも受けたことがない。
会社勤めをして、ひどい目に遭ってばかりいる知り合いは、「暁子さんは、いいですね~」とか「私もエッセイストになりたいな」と、言う。
うらやましがられるような毎日かどうかは、自分ではよくわからないが、1人で仕事ができるのは確かだ。「ダメじゃないか!」と叱ってくれる上司も、「もうあと一歩だよ」と、励ましてくれる同僚もいない。
エッセイストは1人で注文を請け、1人で書き、締め切りまでに原稿を送るを繰り返すだけだ。
好きで始めた仕事である。おそらく幸福なのだろう。

続きを読む
フムフム44:アイ

アプリってこんなに何でもできちゃうの?

ここのところずっと、私の頭の中をひとつのメロディが鳴り響いていた。
それは忘れようとしても忘れられないメロディで、どこかで確かに聞いたはずなのだが、どうしても思い出せない。
ふと耳にした曲だったので、曲名もわからないし、歌詞も不明のまま・・・。
けれども、もう一度、聞きたい。聞きたくてたまらない。
もう、どうかなりそうだ。

続きを読む
14-2

ゴッホの画は1枚を除いて売れ残りだったと知っていましたか?

子供の頃、父が「今度のボーナスで好きなものを買ってやる。何か欲しいものあるか?」と、言うので、私は即座に「ゴッホの絵、できればひまわりがいい」と、答えた。
父は「むぅ」とうなったあと、ゴッホの絵はがきを買ってくれた。
幼い私にはそれで充分。嬉しくて、ランドセルに絵はがきのひまわりを入れ、毎日一緒に登校した。お守りのように思っていた。

続きを読む
7_2M

ここまでやるか〜?それもニューヨークで

レポーターが身体をはって何かにトライする番組がある。
例えば、「30日間、マクドナルドのハンバーガーだけで過ごす」とか、「寄生虫を飲み込んでダイエットする」とか、「無人島で生活してみる」等々。
見ていると、ついつい引き込まれて、チャンネルを替えるのを忘れる。
ただし、見るだけなら・・だ。
自分でやれと言われたら、尻込みしてしまう。
『聖書男』もそういった「トライしてみました」シリーズの一つだ。
ただし、かなり変わった類のトライである。
1年もの間、聖書の教えに忠実に従って生きてみるという実験なのだから。
それも、普通の家庭生活を行いながら・・。
さらに、ニューヨークで暮らしながら・・。

続きを読む
2-2

美しい獣、ダルビッシュ有

私は神戸に住んで今年でちょうど30年になる。
神戸は港町で、昔から外国人が多く住む町だ。おかげで、関東で育った私もすぐにとけ込むことができた
今や我が町となった神戸にダルビッシュ記念館ができたのは、2013年11月11日の11時11分のこと。背番号の11にちなみ「space11」と名付けられた。

続きを読む

ウイニングイレブン愛を通じて想う2018年ロシア大会

『ウイニングイレブン』というサッカーゲームをご存知だろうか? 1995年7月にシリーズ第1弾が発売され、2014年11月発売の最新バージョンまで、20年にわたってロングセラーになっている”神ゲー”だ。神ゲーたるゆえんは、戦術システムやフォーメーション設定の緻密さ、操作のスピード感、ユーザーの意図の反映度の高さ、そして各選手のゴール後のパフォーマンスまで再現されたリアリティにある。”ウイイレ者(もの)”と呼ばれるハードユーザーがネット上で熱い戦術論を戦わせ、日本語サイトにも外国からの書き込みがあるほど欧米での認知度も高い。
ウイイレ者歴18年の筆者がシリーズの中で一番気に入っているPS2対応の『2010』は、やり込み始めてすでに6年が経った。ウイイレ者なら誰でもすることだが、自分だけのサムライブルーを作り、ゲーム初期設定で登録されていない選手はエディット機能で作り、もれなく代表に選出してきた。こうして作ったチームで過去の大会を何回もシミュレートし、来るべき大会での戦術やフォーメーションを徹底的に検討する。ちなみに、2014年ブラジル大会編シミュレーションでは準々決勝でオランダに負け、ベスト8で終わった。

続きを読む