ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

悩みに関する記事一覧

37230854 - offended elder couple sitting on the sofa

悩んで孤立する前に試してみたいこと

子どもの虐待が増えている。

2016年度に児童相談所が対応した虐待は約12万件を超え、26 年連続で増加している。少子化で子どもの数が減っているというのに虐待の件数が増えているのだからかなり異様な事態だ。

そんななか、我が子の死を願う親たちを描く本が発売になった。

続きを読む
kiraware-mahou-200

嫌われ者のあなたが「好かれる人」になれる3つの魔法

「嫌われ者」よりも「人気者」のほうが得をする。この世の真理です。
人気者は、多くの人たちから好かれています。人から好かれているほうが、生きていくうえでは有利なのです。

人に好かれる35の魔法』(佐藤伝・著/学研プラス・刊)という本があります。著者の佐藤さんは、「人に好かれることが幸せと成功の近道」であると述べています。

好かれる人になるために、今すぐできる「3つの魔法(テクニック)」を紹介します。

続きを読む
maji-kansha-200

「マジ感謝」というバカっぽいフレーズは、意外にも「人生の本質」を言い当てている

生きているかぎり「悩み」は尽きません。悩みごとは、すぐに答えが出ないものです。

たった2分で、道は開ける。』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)という本があります。悩みごとの解答集です。70種類の悩みごとについて、それぞれ2分で読める「解決に役立つヒント」を収録しています。

続きを読む
ikari-3tips_200

「怒り」で疲れないための3つの考え方

すぐに怒る人。いつも怒っている人。そういう人たちとはなるべく距離を置きたいです。「金持ちケンカせず」という格言もあります。怒りは、損得勘定では「マイナス」なのです。

怒らない人は、うまくいく。』(中谷彰宏・著/学研プラス・刊)という本があります。怒らないための61の方法と、怒らないことによる効用を説いています。

続きを読む
buddha-nehan-200

正しい努力とは何か? 初期仏教から学ぶ「4つの正精進」

頑張る(がんばる)という言葉を、どのような意味で使っていますか?
「努力する」「成果を上げる」「あきらめない」など、意味はさまざまです。

わたしたちは、何を頑張ればいいのでしょうか?
どれくらい頑張れば、努力が報われるのでしょうか?

仏教における「精進(しょうじん)」という考え方は、「何を頑張ればいいのか?」についてシンプルな答えを用意しています。

続きを読む
sonshi-rinijin-200

アパートの隣人がうるさい! 「戦争」になるかもしれません

騒音の「隣人トラブル」に悩んでいます。
相手は、70代男性のお年寄りです。

わたしが住んでいる賃貸住宅は、とても壁が薄いので、住人たちはお互いに気をつかって暮らしています。
しかし、隣のお年寄りだけは、朝4時から夜に眠るまでのあいだ、大きな声の「ひとりごと」や「長電話」を繰り返して、ほかの部屋の住人に遠慮しようとしません。
みんな迷惑しています。

ずっとガマンしてきましたが、もう耐えられません。
隣りの騒音おじいさんに迷惑であることを自覚させて、安らかな生活を取り戻したいのです。

続きを読む
39124588_M (1)

女はなぜ男を待ち続けられるのか

「待つ女」がでてくる物語は少なくない。
彼女らは、ただひたすら何年も、愛する男の帰りを待ち続ける。周囲が「こんなに待っても来ないんだから、そいつはもう帰ってこないよ。あきらめて他の男と幸せにおなりなさい」と言っても、かたくなに待つのをやめない。
なぜ女はこんなにも男を待ち続けられるのだろうか。

続きを読む
6110636

人間関係の悩みは、いっそのこと犬に聞いてみてはどうだろう

占いよりも動物に頼ってみたらどうか

人は、悩みを抱えて生きている。

その悩みの種が、家族や友人、人間関係にまつわる悩みの場合、相談する相手が限られてしまうもの。
占い師やカウンセラーといった職業がなくならないのは、そういった悩みを抱えて生きている人が多いということだろう。そういった心のスキマにつけ込む悪徳商法が存在するのもまた事実。

続きを読む
0307_i

人間は1日に5万回の「ひとり言」を言っている!

このタイトルを読んで「えっ?」と思ったそこのあなた!
今の「えっ?」や、「今日の夕飯どうしようかな〜」と考えたり、電車の中で「あらイケメン!」と思ったり、口には出さなくとも、頭の中・心の中で思っていることも「ひとり言」としてカウントすると、なんと1日に5万回も言っているって知っていましたか? 巷では、そんな「ひとり言」を変えて人生を豊かにする「ひとり言セラピー」が話題になっているんだとか。

今回は『読むだけで人生が変わる ひとり言セラピー』(あな田さゆり・著/かんき出版・刊)より、毎日「なんで?」「どうして!?」とお悩みのあなたに、ひとり言との向き合い方をご紹介させていただきます。

続きを読む
45686176 - boss anger work office business concept retro style pop art

キレ方次第で出世が変わる

サラリーマン時代の同僚、A君の話である。

A君は28歳。部署期待の若手ホープで、次の昇進タイミングでは係長昇格間違なしと言われていた。
ある日、A君が夜遅く残業をしていると、隣の部署の部長B さんに話しかけられた。
B部長から社内向け資料の制作を、翌日締切で指示されたのである。
たしかにその資料の内容は、A君が詳しい担当取引先に関するものだったため、B部長がA君に依頼したくなる気持ちもわかる。しかし、翌日までの提出であること、深夜のマネジメントラインを飛び越えての指示に、A君は今日の明日ではやれないと断った。ここまではA君の対応は、特段おかしいものではなかっただろう。

しかし、翌日話が変わってくる。

続きを読む