ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

学校に関する記事一覧

teacher-pride-200

親から「教師なんてやめなさい」と言われる時代

元号が昭和だった頃は、学校の先生といえば「安定」と「社会的ステータス」を兼ねそなえた魅力的な職業でした。
しかし、近ごろは「あんな大変な仕事はやめなさい」と忠告されることも少なくありません。

スクールカウンセラーが書いた『教師の資質』(諸富祥彦・著/朝日新聞出版・刊)によれば、現代は「教師受難の時代」です。

受難(じゅなん)とは、「苦しくつらい思いをする」「災いを受ける」という意味です。
学校の先生たちを悩ませているのは、「いじめ」や「学級崩壊」や「モンスターペアレント」だけではないようです。

続きを読む
65752627t_M

味方をつくるより、敵をつくらないことのススメ

アジアやアフリカを旅していると、いきなり「トモダチ」と呼びかけられることがある。ナイーブな旅人だった頃、そう声をかけられると素直にうれしかった。こちらはトモダチになったつもりで案内してもらったりしていると、結局金目当てだったことがわかり、がっかりする。そんなくり返しだった。

続きを読む
43198925 - school kid, first, uniform.

先生の黒板の字が汚すぎて、読めなかった

学校には不思議な道具がたくさんある。学校生活ではお馴染みなのに、社会に出るとほぼ見かける機会がなくなるものが多い。たとえば、体操のマットや跳び箱、鍵盤ハーモニカ(今の子供たちはそもそも使っているのだろうか?)、巨大な三角定規、アルコールランプ、そして黒板などがその代表格といえるだろう。

続きを読む
kyushoku_tabenokoshi_200

学校給食「牛乳廃止」の衝撃

平成25年度における「児童・生徒1人当たりの給食食べ残し」は、年間で7.1キログラムだった。学校で出された給食の約1割が食べ残されている。(環境省調べ)

「給食の食べ残し」を減らすことは重要な課題だ。食べ残しがあると、文部科学省が定める「栄養摂取基準」を下回ってしまうからだ。食べ残すような給食内容では、子どもの健康維持や成長が危うくなってしまう。

食べ残しの原因はさまざまだ。ピーマン、ネギ、ブロッコリーなどの嫌いな野菜を残す。いまの子どもは「家庭で食べたことがない和食料理」に手をつけない。「給食時間が短いせいで食べ残してしまう」という意見もある。

食べ残しだけでなく、給食で出される「牛乳」も飲み残しが多い。乳製品にふくまれるカルシウムは骨の成長に欠かせないものだから、牛乳の飲み残しは改善すべき問題だ。

続きを読む
12658576_M (1)

モンスターペアレントが世界を救う

2016年2月5日、馳文部科学相は、多発する組み体操事故についての国会質問に「私もビデオを見て率直に危ないと思った」「重大な関心を持って文科省としても取り組まないといけない」と答えた。それは2014年5月にツイッターで起きた小さな流れが大きな世論となってトップへと届いた瞬間だった。その影には子どもの安全のために駆け回った内田良さん(名古屋大学准教授)と、保護者らの学校への訴えがあった。

続きを読む
4245553_S

50代主婦が東大に合格できた原動力とは

2012年。50歳の主婦である安政真弓さんが、東京大学文科3類に合格した。彼女が東大を目指した理由は一風変わっている。高校生の息子さんが浪人した際に、自分も再び東大を目指してみようかと思い立ったのだそうだ。彼女は若い頃に東大に2度不合格を喫して早稲田に進学したというのだから、元々かなり頭のいいかただったとしても、受験から30年近くも離れての再挑戦は相当大変だったはず。私たちは彼女の合格体験記『普通の主婦だった私が50歳で東大に合格した夢をかなえる勉強法』から前に進むためのたくさんのヒントを得ることができる。

続きを読む
jinsei_kaeru_200

あなたの人生を変える「納得解」という考えかた

あなたは「校長先生のありがたい話」を覚えているだろうか。話の内容どころか顔や名前すらあやしいのでは? それは、あなたの記憶力が悪いせいではない。思い出せないのは、校長先生のプレゼン能力が低かったせいだ。

続きを読む
20038940_M200

学食でのワンコイン本格ランチのススメ

「学食」と聞くと、学生のための安くてボリュームたっぷりの料理で、質より量といったイメージを持つ人が大半ではないだろうか?
だが実は、最近の学食はどうも様子が違うようだ。量はもちろん質に関しても、学食とは思えない美味しいメニューを提供する大学が増えているという。数ある大学の中でも一般的に開放されており、私達でも食べに行く事が出来る、絶品学食メニューを『それいけ!学食探検隊』の中からいくつか紹介していこう。

続きを読む
18136232_S

天才児のための特別支援学級が実在する。

私の息子は、小学1年生の頃、しばしば教室から脱出した。
担任の先生は授業をしていて抜けられないので、教頭先生らが探すと、校庭にある池で、飽かずに魚を眺めていたという。息子の言い分はこうだった。
「どうして知っていることをもう一度教わらなきゃならないの? 授業より魚と話をしていたほうが勉強になるんだよ」

続きを読む
sera

セーラー服はなぜ姿を消したのか?

私の母校である田舎の中学校の女子の制服は、3本ラインが入った紺色の襟に赤いスカーフを結ぶ…という、言うなれば、マンガやドラマに良く出てくる典型的なセーラー服でした。
ところが、上京してみると中学、高校に関わらず、こういったいかにも~なイメージのセーラー服を見かけることがほとんどないのです。セーラー服を採用しているのは、創立ウン十年という伝統校ばかり。もとは制服といえばセーラー服、というほど街にはセーラー服姿の女学生が溢れていたはずなのに、どうして? 

続きを読む