ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

受験に関する記事一覧

6429360_M200

カンニング、キセル乗車、迷惑行為… ネットで炎上した、おバカな大学生列伝

2月現在、世間は受験シーズン真っ只中だ。
読者の中にも、春からの大学生活に憧れて、追い込みを頑張っている人も多いかもしれない。

事実、大学生活はめちゃくちゃ楽しい。高校生活と違ってめんどくさい校則もないし、勉強もバイトもやりたいだけできる。けれども、羽目を外しすぎてはいけない。世の中には調子に乗りすぎてしまったために、人生を狂わせてしまった大学生もたくさんいるのだ。

続きを読む
47013714_m200

中学英語の問題が解けなかった。ショックだ。

中学校に入学したとき、授業のレベルが一気に上がったと感じた。
英語が登場したためだ。

2020年に英語を小学3年生から必修化、小学5年生から教科化する動きがあるが、このコラムの読者世代は中学校から英語を学んだ人が多いはずだ。みなさんは英語は得意だっただろうか?

続きを読む
39740953 - portrait of japanese junior high school student

“ゴロで覚える参考書”の無理がありすぎるゴロたち

学生時代「夏休みを制するものが受験を制す」という言葉を塾講師から浴び、意気込んで色んな参考書に手を出すも、夏が終わる頃にはどれも中途半端で自己嫌悪…となった事がある。この苦い経験を繰り返すまいと、それからは多くの参考書に手をつけず、まずは一冊の参考書をやりぬいて自信をつける方法に切り替えた。その時、手始めの参考書として選んだのが「ゴロ合わせで暗記する参考書」だ。

ゴロ合わせの参考書の多くはイラストが多めに使用されていて文章量や練習問題も少なく、最後まで目を通すのにそこまで時間がかからない。そして「このゴロ、無理があるだろ!」とツッコミを入れながら読み進めるのが個人的に好きだった。

今回はそんな学生時代に戻った気分で『ゴロで覚える中学歴史』(学研プラス・編/学研プラス・刊)からいくつか独断と偏見で無理があると心の中でつっこんだ「ゴロ合わせ」を紹介していきたい。

続きを読む
kikenbutsu_guide_200

趣味と実益をかねた脳トレーニング

数独やナンプレは、慣れると単純作業になってしまう。頭の体操になっているか疑問だ。スマホアプリのパズルゲームも同様だ。

記憶力、特に暗記力は年齢を重ねるごとに衰えていく。学生のときは一夜漬けに自信があった人でも、早ければ20代後半で暗記力が衰えはじめていることに気がつく。

新しいことを覚える能力はどのような業種でも必要とされるが、多くの人は「若い者にはかなわない」とあきらめてしまいがちだ。加齢によって記憶力が衰えるのは仕方がないことだが、衰えを最小限にとどめる良い方法はないものだろうか。

続きを読む
35562330_M (2)

子どもが勉強するようになる秘策3つ

「最近、私、息子に『勉強しなさい』しか言ってない……」
先日、私にこんな風にぼやいてきたママ友達がいた。親からそう言われると、子どもはますます反発し、机に向かわなくなったという。「勉強しなさい」というのは逆効果ワードなのだ。ではどうしたら子どもは勉強するのだろうか。『1日5分! お母さんがコーチになれば、子どもの成績はグングン伸びる』(加藤法彦・著/すばる舎・刊)という本には、こう書かれている。「子どもに勉強させたかったら、お母さんもそこで一緒に勉強してあげるのが一番です」と。

続きを読む
45097973_M (1)

タイへの留学者が急増している理由

私の息子は今まで多くの人に留学を薦められてきた。ほとんどがアメリカで最先端の数学やプログラミングを学んでくるといい、というものだった。しかし私の息子は数学しかできない。今度『数学しかできない息子が早慶国立大学に合格した話』という本が出るくらい英語がニガテなので、今日まで外国に行ったことはない。しかし調べてみるとアメリカの大学に留学するとなると学費生活費合わせて大抵年間300万円以上もかかるらしい。留学ってなんてお金がかかるんだろうと怖じ気づいていたが、最近タイの留学が安くて人気なのだという。料金はアメリカの3分の1程度で済むのだそうだ。

続きを読む
12289642_M200

学力のインフレと少子化で大学が潰れる!?

「ドラゴンボール」は私が大好きなマンガの一つだ。初期の頃は主人公・孫悟空が仲間とともにドラゴンボールを探しながら冒険するストーリーで、ギャグマンガ的な要素が強かった。ところが、強敵・ピッコロ大魔王が登場したころからシリアス路線になってくる。そして、最大のライバル・ベジータが登場する「サイヤ人編」では、本格的な格闘マンガとなった。 

続きを読む
4245553_S

50代主婦が東大に合格できた原動力とは

2012年。50歳の主婦である安政真弓さんが、東京大学文科3類に合格した。彼女が東大を目指した理由は一風変わっている。高校生の息子さんが浪人した際に、自分も再び東大を目指してみようかと思い立ったのだそうだ。彼女は若い頃に東大に2度不合格を喫して早稲田に進学したというのだから、元々かなり頭のいいかただったとしても、受験から30年近くも離れての再挑戦は相当大変だったはず。私たちは彼女の合格体験記『普通の主婦だった私が50歳で東大に合格した夢をかなえる勉強法』から前に進むためのたくさんのヒントを得ることができる。

続きを読む
11_200

我が子の幸せを遠ざけているのが、自分のせいだとしたら…

親であれば誰もが我が子の幸せや成功を願うもの。
でも、その愛する我が子の幸せや成功を遠ざけているのが、親である自分のせいだとしたら、どうしますか?

人気教育ジャーナリスト・清水克彦さんは、親がふだん何気なく取っている行動や習慣によって、子どもの将来の成功が決まるといいます。学力だけでなく、思考力や表現力、対話力などテストの点数では表せない能力において、子どもに大きな影響を与えるのが親の生活習慣。

続きを読む