ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

勉強に関する記事一覧

39805458 - family with son

子どもの受験を成功させたいなら、仲が良い親の姿を見せよう

私事で強縮ですが、このたび、入籍しました。

そんなこともあって、将来、どんな家庭を作っていこうか、すごく興味があります。将来、子どもができたら、子育てもがんばらないといけません。

そんなこともあって、結婚後の生活や、将来の育児に関する本を読み漁っているところです。

続きを読む
18595898_M200

漢字検定準1級~1級の問題です。あなたは何個読める?

テレビのクイズ番組を見ると、インテリ芸人が大活躍しています。
難しい漢字をすらすらと書けたり、読めたりするのを見て、「おおっ!」と感嘆している人も多いのではないでしょうか。

何を隠そう、私はライターの仕事をしているというのに、漢字がとっても苦手なのです。原稿を書いているときは、常に漢字の間違いがないかとビクビクしています。だから、漢字の読み書きができる人をリスペクトしています。

漢字に強くなるにはどうすればいいのでしょうか。手っ取り早い方法が、漢字検定、すなわち漢検を受けてみることです。

続きを読む
48375735_eyecatch

時間もやる気もない人たちのための勉強法とは?

「わずか3ヵ月で英語が完璧に聞き取れる」
「英語力0のOLがバイリンガルになった」
「年齢、学歴、才能いらずで英語ペラペラ」
そんなことがあるんだろうか? 中学校から英語を習い始めて、高校までで6年。大学の第二言語も英語を履修して英会話学校にも通ったから、筆者の場合、英語は10年+α勉強したことになる。

続きを読む
14059023 - a beautiful girl enjoying summer sun

1番を目指さない生きかた

子どもにどこまでも上を目指させる親がいる。
例えば99点だったら「次は100点を取りなさい」、成績が2番だったら「次は1番を目指して頑張りなさい」と、さらなる高みを指示するのだ。すると子どもはどうなるだろう。1番にならないと見捨てられるのではという恐怖から、人の顔色をうかがう自信のない人間になってしまうという。

続きを読む
21174339 - portrait of cute girl and her mother reading a book at home

親が勉強すれば、子どもも勉強する。

中堅私立中に息子が通っていた頃、そこのお母さんたちはよく集まり、時には教師も交えて朝まで飲んでいた。彼女らの話題はブランドのセールや美味しく飲めるバーやレストランの話など、出かけることが中心で、口ぐせは「うちの子勉強しないのよ〜」。しかしそこを退学し、偏差値が18も上の難関私立高に進学したら、お母さんたちの姿はまるで違っていた。

続きを読む
42998243 - parents and children to read picture books

2歳前後から楽しめるってホント?幼児ワークを親子で初めてやってみた(後編)

間もなく2歳になるやんちゃ盛りの息子と、一緒に楽しめる物を探していた時に目に止まった幼児ワーク『2歳 もじ かず ちえ』。「2歳からおべんきょうって早い?」「2歳から何かできるの?」と疑問を持ちつつも、「絵探し」や「シール貼り」を初めて親子で体験してみた様子を書いた前編。(http://fum2.jp/13550/)
今回、後編では初めて息子に書く道具を握らせ、新たなチャレンジをしてみました。

続きを読む
42998541 - parents and children to read picture books

2歳前後から楽しめるってホント?幼児ワークを親子で初めてやってみた(前編)

日に日にやんちゃさが増している、間もなく2歳になる息子。
外に出れば親の手を振り払い、興味を持ったものに猪突猛進。家の中ではテレビを倒そうとしたりベッドから飛び降りようとしたりと、ヒヤヒヤしっぱなしの日々です。こうした息子の行動は大事な成長過程だと頭では分かっていても、ついつい「ダメー!」「コラー!」が口グセになり、イライラしてしまうことが多いんですよね。
「何か息子をもっと褒めてあげられるような、親子で楽しく過ごせる方法はないのかな…」と思った時に、目に止まったものがありました。

続きを読む
59895281_M200

脳が喜べば、みるみる成績が上がる!

脳科学者としておなじみの茂木健一郎さんは、東京大学卒という華々しい経歴の持ち主です。
さぞかし、子どもの頃から秀才だったのかなと思いきや、はじめは学校生活にうまく適応できない、平凡な子どもだったそうです。しかし、小学4年生のとき、あるタイミングをきっかけに、学年でダントツに勉強ができる子になっていたそうです。その方法とは、“脳を喜ばせる”ことです。

続きを読む
47013714_m200

中学英語の問題が解けなかった。ショックだ。

中学校に入学したとき、授業のレベルが一気に上がったと感じた。
英語が登場したためだ。

2020年に英語を小学3年生から必修化、小学5年生から教科化する動きがあるが、このコラムの読者世代は中学校から英語を学んだ人が多いはずだ。みなさんは英語は得意だっただろうか?

続きを読む