ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

写真に関する記事一覧

cobra-zukan-200

毒ヘビ、毒フグ、毒ガエル。猛毒危険生物のひみつ

他人を見た目で判断してはいけません。
外見は、必ずしも内面をあらわすものではないからです。

ただし、例外があります。有害な「いきもの」です。毒の持ち主は、ほとんどがグロテスクな外見をしています。有毒生物は「見た目が9割」なのです。

さわるな! 猛毒危険生物のひみつ100』(今泉忠明 他・監修/学研プラス・刊)という本があります。世界中に生息する「有毒生物」を紹介しているオールカラー図鑑です。

続きを読む
171030Lightroom-01-200

「RAW」で撮影してワンランク上の写真にしよう

デジタルカメラで撮影するとき、ファイル形式はどうしているだろうか?
ほとんどの人が「JPEG」を選んでいると思う。

デジタルカメラは、レンズから取り込まれた光を撮像素子(CMOS)に取り込み、生成された画像を画像エンジンがJPEGファイルに変換して吐き出している。カメラによって出てくる色味などが違うのは、この画像エンジンの味付けによるところが大きい。

続きを読む
main_640-200

雲の種類と名前、知っていますか?

梅雨が開けて、夏本番を迎えた。

夏になると、空に浮かぶ雲を撮影することが多い。スカッと晴れた空に浮かぶ雲がおもしろいのだ。

これまで割と雲を撮影してきたが、実は雲についてはあまりよく知らない。
そこで、『空の図鑑 雲と空の光の観察ガイド』(村井昭夫・著/学研プラス・刊)で、僕が撮影した雲はどんな種類でどんな名前がついているのか、探してみたいと思う。

続きを読む
tabi-sf-sns-200

SNS嫌いになる前に「スマホを捨てずに、旅に出よう!」

昭和という時代がありました。
アナログカメラが主流だった時代です。

わたしの観測範囲では、あえて料理の写真を残そうとするシチュエーションといえば、「温泉旅館の刺身盛り」か「結婚式のフルコース」くらいだったと思います。

そのほかでは、集合写真や記念写真のアングルのなかに、たまたま料理が写り込んでいたにすぎませんでした。

続きを読む
47560822 - female professional photographer working in studio

スマホ全盛の今こそ、一眼レフで写真を撮ろう

スマホはとにかく便利だ。世の中のたいがいの作業はスマホでできる。

人々は腕時計をしなくなったといわれるが、スマホで時間を見ることが多くなったためだ。紙の本を買わない代わりにスマホで本を読む人は少なくない。

この「フムフム」の記事もスマホで読まれることが多いはずだ。

続きを読む
45369746 - outdoor portrait of a beautiful and fresh young woman

ポートレートの肌の色は「白目」を基準にしよう

ポートレートとは、人物をメインの被写体とした写真のことだ。
ポートレートで一番重要なのは、なんだろう。僕は「肌の色」だと思っている。

もちろん、構図や光の回し方、ピント、ポージングなど、重要な要素はいろいろある。しかし、そのなかでも僕が一番気にしているのが肌の色なのだ。

続きを読む
45823852_M200

いい写真を撮るにはまず「撮影方程式」を覚えよう

今のデジタルカメラは、軒並み高画質。カメラおまかせで気軽に撮影をしても、いい写真が撮れることが多い。

しかし、もうワンランク上の写真を撮りたいとなると、さすがにカメラにおまかせでは足りないことも。撮影者である自分自身がスキルアップをし、適切なカメラの設定などを行えるようにならなければならない。

続きを読む
36611909 - close-up of trendy girl face in sunglasses with vintage camera.

デジタルカメラの画素数、ぶっちゃけどれだけあれば充分なの?

10年ほど前、ヨドバシカメラなどの家電量販店で、一番目立つ位置に並べられていた商品といえばデジタルカメラだ。毎月のように新機種が登場し、あらゆる世代が買い求めた。ところが、現在はデジカメの市場規模は縮小傾向にある。スマートフォンの登場で、シェアを食われてしまったのだ。

続きを読む