ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

健康に関する記事一覧

39933132 - smiling brunette getting hot stone massage in a healthy spa

熱い石で、全身ゴリゴリされちゃったんです。

ホットストーンマッサージというものがある。NYのセレブから流行が始まり、日本でも酒井美紀さんや木下優樹菜さんら芸能人も体験をSNSで書いている。黒く丸みのある小判形のような石を体に乗せている写真を、エステサロンなどの宣伝で見かけた人はいると思う。私はあれは乗せてじっとしているものだと思っていたのだけれど、なんとその熱い石で全身をこするというマッサージもあるというので、早速試してみた。

続きを読む
45576460 - side view of women doing cobra pose in fitness studio

おっぱいヨガを試してみた。

世の中にはいろんなヨガがある。「朝ヨガ」や「ホットヨガ」は割とポピュラーになってきた。筆者は深い呼吸をする「ハタヨガ」が好みである。深く深く息を吐きながらポーズをとっていくと、ある瞬間から、体がくにゃくにゃになり、どんな態勢でも自由自在になるかのような感覚に陥り、ものすごく気持ちがいい(実際、このヨガをやる時は、普段の2割増しくらいには一時的に柔らかくなる気がする)。そしてこのたび女性のための「おっぱいヨガ」なるものが存在しているのを知ったので、試してみた。

続きを読む
53003225 - tofu dessert chinese food

一瞬で豆腐をスイーツに変える方法

豆腐で痩せよう。そう思う人は少なくない。最近流行の糖質制限ダイエットでも、主食の代わりに豆腐を食べることを推奨している。また、豆腐ステーキや豆腐ハンバーグなど、メインのおかずに豆腐を使うのも効果がありそうだ。スープに入れたりサラダに混ぜたり。バリエーションが豊富なのも豆腐の長所である。そんな中『豆腐やせ』(大越郷子・著/主婦の友社・刊)という本で、豆腐を一瞬でスイーツに変える方法を見つけたので試してみた。

続きを読む
46624795 - portrait of american indian in national dress

世界で最もフサフサな民族の秘薬とは!?

世界薄毛ランキングというものがある。アデランスが2009年に20か国で調査したものだ。トップはチェコで42.8%。薄毛なのは肉料理が多く野菜をあまり食べないことが原因なのではと言われている。日本は14位で26.8%だったが、何と27年前の調査では15.6%だっただけに急激な進行が心配である。そんな中、薄毛率が1%とも言われる民族がいる。ネイティブ・アメリカン(アメリカ先住民族)だ。彼らが「秘薬」として髪に用いているものが、ホホバオイルだという。

続きを読む
53994135 - girl in jacket hiding her face on black studio background

女子大生250人の尿を検査した結果

女子大生250人分の尿を集めた人がいる。集めたのはその女子大学の先生で、なんのためかというと、研究のためである。日本人の長寿の一因として挙げられる大豆をどれだけ彼女たちが食べているかを、尿中のイソフラボン量で調査したのだ。すると驚くべきことがわかった。なんと彼女達は、ほとんど大豆を食べていなかったのである。

続きを読む
16114809 - portrait of young beautiful sleeping woman

全裸で寝れば、アンチエイジング!?

いつも裸で寝ているという人がいる。実際の年齢よりも5歳は若く見えるし、肌が綺麗かつスリムで羨ましかった。ちなみに、日本では全裸睡眠をする人はほぼ0%だけれど、アメリカでは12%、イギリスでは30%もいる(国際睡眠協会調べ)。そういえばマリリン・モンローも全裸で寝ていたのだとか。もしかして裸で寝ると、アンチエイジング効果があるのではと調べてみたら、どうやらやっぱりそうらしい。

続きを読む
surprised asian housewife

“安心”は思い込み!「国産」「糖質ゼロ」の裏に隠された驚きのリスク

スーパーに行くと、よく目に飛び込んでくる「国産」「糖質ゼロ」「無農薬」「機能性食品」などの表示がついた商品たち。こうした言葉を見て「よいもの」と思い手に取りレジへ…、という方も多いのでは?
しかし、こうした表示の科学的根拠を調べてみると何もなかったり、場合によっては体に悪影響を及ぼす恐れがあったりするのです。「なんとなく体に良さそう」といった思い込みやイメージの裏に隠された「キレイな言葉(表示)のリスク」について『PHPくらしラクーる1月増刊 本当はカラダに悪い食べもの』(『PHPくらしラク~る♪』編集部・著/PHP研究所・刊)から迫ります。

続きを読む
34515494_M200

イタタタ! 痛風と仲良くお付き合いしていく方法とは?

主に男性がかかる痛風。「贅沢病」などとも呼ばれることもあるようです。
痛風は紀元前から確認されている病気で、特にお酒を多く飲む人がかかりやすいそうです。

足の親指の付け根に激痛が走る症状が、痛風の発作です。発作が起きて2〜3日は痛みが続きますが、徐々に薄れていき、2週間もすれば症状はなくなります。

だからといって、放置しておいていいかというと大間違い。腎不全や尿路結石などの合併症も引き起こす可能性があります。そのため、痛風にかかったら発作が出ないように対策を行う必要があります。

続きを読む
15413649_M (1)

20代30代は腰、40代50代はひざをほぐせ!

最近少し、ひざが心配だ。なんだか痛いなと思う時がある。それに、階段を上る時にひざがふらつく。体重が去年より増えたので自分の体を支えきれずに負担がかかっているのかもとも思ったけれど、どうやら原因はそうではないらしい。『大人女子の体幹ストレッチ』(広瀬統一・著/学研プラス・刊)によると、40代50代はひざが衰え始める時期なのだそうだ。年代によって、ケアすべき体の部位は違ってくるという。

続きを読む
21813995_S

階段を使うと若返りホルモンが出るらしい。

階段はつらい。今の私なら5階も昇れば息があがってしまうかもしれない。確かに体重は減らしたいけれど、つらい思いをしてまで痩せたくない。そう思って今日まで階段を敬遠していた。そして最近知った。なんと階段の昇り降りをすると、若返りホルモンが分泌されやすくなるのだという。そんな! それをもっと早くから知っていたら、積極的に階段を使いまくっていただろうに……。

続きを読む