ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

作家に関する記事一覧

79083879_M

ひたすら書き続ければ、作家になれますか?

作家になりたいと夢見る人はわりと多い。
けれど、不思議なことにそうした人の多くはまだ1行も書き出してはいない。「作家」というステイタスに憧れていて、書きたいネタがあるわけではないのだ。とはいえ、バリバリ書き続けていれば、いつかは作家になれるかというとそれも違う。
どう行動したらいいのかを『若草物語』(ルイザ.メイ.オルコット・著/学研プラス・刊)で考えてみた。

続きを読む
43873478 - businessman working on papers file

実はフリーライターって最強の職業じゃないの?

私はフリーライターになって今年で6年目になります。毎日原稿を書きまくっています。まるで禅の修行のような日々を送っています。納得いく原稿を生み出すのは難しく、日々苦悩しておりますが、それでもなんとか、ご飯を食べられるレベルまでは到達することができました。

続きを読む
6752120_S

実はある、ペンネームに深い意味。

作家のペンネームの由来はさまざまである。有名なところでいえば江戸川乱歩は、敬愛する作家のエドガー・アラン・ポーの名を日本語風にもじったものだという。二葉亭四迷は「くたばってしまえ」をもじったものだとも言われている。彼の父親にその言葉を投げつけられたことから由来するのだとか。では樋口一葉や夏目漱石の筆名には、どういう意味がこめられているのだろうか。今までこの名前が本名だと思っていた人も、少なくないのではないだろうか。

続きを読む
honshitsu100_200

森博嗣はサブウェイをうまく注文できない

地下鉄ではない。サンドイッチのサブウェイだ。15億円以上の印税を稼いだといわれている人気作家も、庶民とおなじようにファストフード店を利用することがあるらしい。マックのドライブスルーもよく利用するという。

続きを読む
14944122_M のコピー

時の洗礼を受けていない回答でもおもしろいものはおもしろい

村上さんのところ」というサイトが密かに賑わっている。作家の村上春樹が、読者から寄せられた質問や相談に公開で返事を書くという期間限定サイトだ。オープンしたのは1月15日。約2週間後の1月31日までに3万通以上の質問や相談が集まった。予想を遥かに上回る数ということで、質問や相談の受け付けはすでに終了している。サイトも3月末くらいでクローズする予定だったが、返答し切れていないということで5月上旬まで延長することになった。どの数字をとっても村上春樹の人気の高さを物語っている。

続きを読む