ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

伝記に関する記事一覧

gogh-miyaszawa-200

偉人の条件。37才で世を去った「宮沢賢治」と「ゴッホ」の共通点

宮沢賢治とゴッホが亡くなったのは、37歳のときです。
わたしも今年で37歳になりましたが、無名の凡人にすぎません。

賢治とゴッホは、約13500日(37年×365日)で偉大な業績を残しました。
おなじ時間を与えられていたはずなのに、わたしには偉業らしきものがありません。凡人確定です。

才能? 運命? 努力?
「偉人」と「凡人」の決定的な違いとは、いったい何でしょうか?

続きを読む
0213-2_i

「震々」ってなんて読む? 水木しげるに学ぶ憑物の世界

「憑物(つきもの)」と聞いて、みなさんはどんなものを思い浮かべますか?

疫病神などといった目に見えないナニカが私たちの日常で悪さをしたり、天気などの自然災害で災いをもたらしたり、不思議な現象にいつのまにか巻き込まれている…と、一言では説明できないような時に思い浮かべられますよね。

この憑物をライフワークとして研究し続けていたのが、『ゲゲゲの鬼太郎』の作者で2015年11月にこの世を去られた妖怪のスペシャリストこと水木しげるさんでした。水木さんは「私はいつも憑物というものが不思議でしょうがない」とも語っていたと言います。では、どんな憑物がこの日本にはいるのでしょうか? オールカラーで141の憑物が紹介されている『愛蔵版 水木しげるの憑物百怪』(水木しげる・著/学研プラス・刊)より、あなたが取り憑かれているかもしれない憑物をご紹介します。

続きを読む
takeki_ougon_200

変革期に活躍するためのヒント。マンガでわかる岩崎弥太郎

俳優の香川照之は、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』で、岩崎弥太郎(いわさき・やたろう)を演じている。香川さんの「弥太郎」は、ちょっとやりすぎじゃないかと思うくらい「みすぼらしい、うすぎたない、なさけな~い」人物として脚色されていた。

土佐藩の下士階級に生まれた岩崎弥太郎は、のちに三菱財閥の創業者となる人物だ。ひし形が3つならんだ三菱のマークは、岩崎家と土佐藩(山内家)の家紋に由来する。

徳川家は、幕末において賊軍だった。そんな徳川家と縁が深かった土佐藩の面々が「薩長土肥」といわれる明治政府の要職を得ることができたのは、弥太郎の働きによるところが大きい。

岩崎弥太郎は、龍馬に匹敵するほどの傑物なのだ。

続きを読む
self_help_200

「習慣は、第2の天性」成功したいなら才能に頼るのはやめなさい

「習慣は、第2の天性」という言葉をご存じだろうか?

生まれつきの天才に恵まれなくても、良い習慣を続けていれば、あとからでも優れた能力を身につけられる。そういう意味だ。

「常識や集中力、勤勉、忍耐のような平凡な資質がいちばん役に立つ」と、『自助論』の著者であるサミュエル・スマイルズは述べている。成功したいなら才能なんて頼りにせず、誰にでもできる「忍耐」や「勤勉」を習慣化したほうが手っ取り早い。

続きを読む