ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

メンタルヘルスに関する記事一覧

get-wild-and-tough-200

「ワイルド&タフ」をゲットするためのコツ。傷ついた夢を取り戻そう!

「凹む」という言葉があります。
「へこむ」と読みます。気力を失っている状態のことです。

失敗しない人がいないように、凹まない人もいません。心がけるべきは「凹んでもすぐに復活する」ことです。

たった2分で凹みから立ち直る本』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)という本には、心を鍛えるための70種類のテクニックが収録されています。

続きを読む
goukyu-kyogen-200

あの号泣議員は”虚言症”なのか?

芸術のオリジナリティにまつわるウソ。政治資金の使途にまつわるウソ。医学的な新発見にまつわるウソ。芸能人の恋愛や結婚にまつわるウソ。世の中にはいろいろなウソであふれている。

はじめはたったひとつの小さなウソから始まり、発覚を恐れるあまり新たなウソを塗り重ねるうちに、世間を大きく騒がせる事件に発展する。嘘をついた者は、なんらかの社会的制裁を受ける。痛い目を見る。

「嘘つき」と呼ばれる者たちの心は悪意に満ちているのだろうか。そうとは限らない。なぜなら、ウソをついている自覚のない「嘘つき」もいるからだ。虚言癖や虚言症という「心の病気」だ。

続きを読む
ienonaka_200

「新型うつ」と「甘え」を見分ける方法

心の病をテーマにした有名な映画といえば『ビューティフル・マインド』がある。大発見をしたのち30年以上も妄想にとらわれながら生きた天才数学者の物語だ。日本にも、おなじ病気にまつわるユニークな症例がある。

続きを読む
eyecatch

心にも体にも効くダンスは、いつ始めても遅くはない

去年の夏あたりから、自宅近くの商店街にキッズ向けのダンススタジオが立て続けに3軒オープンした。生徒募集のチラシも週1回は必ずポストに入っていて、最寄りの駅では、夕方になると塾とスタジオそれぞれに向かう小学生の列が目立つ。
2011年から公立の小中高でストリートダンスが必修化されたこともあり、ピアノやスイミング、英会話に続いてダンス人気が急上昇し、習い事の新定番として定着しつつあるらしい。

続きを読む
yomudakezen_200

こだわりや執着が強い人は不幸になりやすい

悩みがある。生きるのがつらい。べつに死にたいわけではないけれど、だからといって積極的に生きたいわけでもない。貯金もない。若くもない。こんな人生やってられない。気晴らしにドローンでも飛ばそうかな〜。

みじめな毎日だ。だれか助けてほしい。どうかお救いください。神さま、仏さま、魔法少女まどか☆マギカさま!

なにか宗教でも信仰してみようかな。すこしは気持ちが楽になるかもしれない。いちばん身近なのは仏教だ。もしも出家するとしたら、換えの下着は何枚まで持ち込んでいいのだろうか。

続きを読む
setsunet_200

Facebookのリア充アピールがつらい。どうすればいいの?

インターネットがやめられない。朝起きたら真っ先にスマホでメールを確認する。LINEやTwitterなどのアプリ通知を確認する。ネット銀行の預金口座から不正にカネが引き出されていないことも確認したい。

残高かくにん! よかった。そろそろ顔でも洗うか……と、その前にヤフーニュースをチェックしなければ。(しばらく布団から出るつもりがない)

30分も待てない。仕事中や授業中なのに、どうしても我慢できずにネットニュースや2ちゃんねるまとめブログを見てしまう。政治家や有名人や大企業が失敗したり落ちぶれていく様子が気になって仕方がないからだ。情けないと思いつつ、やめられない。

続きを読む