ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

マナーに関する記事一覧

無題

外国人ゲストに教えてあげたい日本のマナー

つい先日、東京から静岡まで新幹線に乗ったら、その車両の半分が外国人客だった。私の座席の前後左右は英語圏の観光客で、少し離れた席からはフランス語も聞こえてきた。列車の車窓から富士山が見えはじめると外国人たちは席を立ち上がり、一斉にスマホで、わが日本の誇る富士山の雄姿を写しはじめたのだ。

日本を訪れる外国人が増え続けているのを実感したひとコマだった。

続きを読む
14102138 - woman holding a basket of fruit

越してきた一家に、隣の家のほうから挨拶に行くのがアメリカ式。

引越しをしたら、ご近所にご挨拶まわりに向かう。
菓子折りやタオルなどを持って両隣と上の階と下の階に住む人のところを訪ねる。
これは日本でよく見られる光景だが、アメリカでは逆だ。なんとアメリカでは、引越してきた人のところへ、近所の人から先に訪ねていくそうだ。しかも「ウェルカムバスケット」なるものを持っていくという。

続きを読む
15831980 - couple opening the front door of their home

知らなかった!新築祝いで贈ってはいけない意外な品々

夢のマイホーム。

早い人だと20代で購入している人も周りにチラホラ…。そんなピカピカのマイホームに招待された際に、あなたはどんな物を持参していきますか?
知らなかったではすまされない「新築祝い」のタブーを『オールカラー 困ったときにすぐひける マナー大事典』(現代マナー・作法の会・著/西東社・刊)から見ていきましょう。

続きを読む
39908977 - furisode kimono in cheek smile woman

意外と知らない神社・お寺での正しい参拝作法

あけましておめでとうございます。

新年を迎えて早速初詣に出かける人も多いのではないでしょうか?
毎年のことだからと何気なくしているお参り。実は間違った作法で参拝している人が意外と多いんです。『日本のたしなみ帖 しきたり』(竹中龍太、姜信子、 的場美香、『現代用語の基礎知識』編集部・著/自由国民社・刊)から知っているようで知らない正しい参拝の作法をみていきましょう。

続きを読む
34814284_eyecatch

「におい」と「匂い」と「臭い」の違い

初めて買ったのはアラミス。
絶対に好きなのはベタだけれども「CK ONE」、そして「CK ONE SUMMER」。それにマイケル・ジョーダンの「ドライブ」。ダヴのボディーミスト、「エナジャイジング」も気に入っている。
TPOによって使い分けることはないが、香水は決して嫌いじゃない。

続きを読む
38776857 - portrait of happy adults having dinner and respectful waiter

飲食店でお願いしがち!実はNGな3つの行為

間もなく訪れるクリスマス。
いつもより、ちょっといいレストランで食事をする予定の人も多いのでは?
しかし、食事を楽しもうという気持ちが強い人ほど、知らず知らずのうちにお店でNG行為をしてしまっている可能性があります。一緒に食事をしている人やお店の人を凍りつかせないためにも『食べ方のマナーとコツ』(渡邊忠司・監修、 伊藤美樹・絵/学研プラス・刊)から飲食店でお願いしてもよいこと・ダメなことをみていきましょう。

続きを読む
mono_iikata_200

嫌われないためのモノの言い方

TPO(時間と場所と場合)にふさわしい言葉づかいを知らないと世間ではバカにされる。たとえガラが悪そうでも、モノの言い方さえしっかりしていればむやみやたらと毛嫌いされることはない。

モノの言い方を学ぶだけでコミュニケーション能力が向上する。インターネットやスマホで調べれば答えを見つけられる時代だが、コミュニケーションには瞬発力が求められる。TPOに応じたフレーズを事前に知っておいたほうがいい。

便利に使えるフレーズをまとめた『モノの言い方ひとつで好感度をグ~ンと上げる本』(杉本祐子・著/主婦の友社・刊)を紹介しよう。

続きを読む
s_

いつも使っているその言葉。間違っているかも!? 

仕事を円滑に進めるためにも、人に不快な印象を与えないためにもマナーは大切です。
新社会人としての生活をスタートした人も多い、この季節。心得ておきたいマナーの基本を『新版 一生使える、美しい女性のマナー』(篠田弥寿子・ 著/PHP研究所・刊)から、ピックピックアップしてみます。私たちが日常生活の中で何気なく使っている言葉や行動が、実は間違っているかも!?

続きを読む
548514_M 200

「おまえがソコに座るのかよ‼︎」と思われないための上座のマナー

友人同士の飲み会なら誰がどこに座ろうと、そんなに気にする人はいないだろう。しかし、これが上司や取引先との接待となると、そうはいかない。お客様が座る場所である「上座」とお客様を迎える側の「下座」を、自分の立場によって瞬時に判断しなければならないのだ。
この春から社会人デビューする人はもちろん、キャリアを積んでいても意外と知らない「上座」のマナーを『お仕事のマナーとコツ』(西出博子・監修/学研プラス・刊)より紹介していこう。

続きを読む