ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

ファッションに関する記事一覧

12817303 - japanese in sweet lolita cosplay outdoor portrait

ロリータファッションをコスプレと一緒にしないで!

私がはじめて東京を旅行したとき、家族で明治神宮に行きました。そのとき、最寄り駅の原宿駅の近くで見たロリータファッションに身を包んだ女性の姿は、今も忘れられません。

まさにお人形さんのように美しく、完璧なコーディネートでした。興味を持って、ロリータファッションのバイブル的な雑誌である「KERA」を買ってしまったほどです。

続きを読む
%e7%84%a1%e9%a1%8c

お洒落な人のクローゼットには全部で30着の服しかない

私は物持ちがよく、20年以上も前に買った洋服がタンスや引き出しに入っている。
また、いつか着る日がくるかも……、そう思って大事にとってあるのだが、「その日は絶対こないから捨てるべし」ときっぱり教えてくれる本に出会った。

服を整理すれば、部屋の8割は片付く』(河井真奈・著リットーミュージック・刊)は、スタイリストが教える賢いワードローブの揃え方、クローゼットの整理術だ。

続きを読む
36131797_M (1)

初対面の女性に好印象を与えるには、アレがあればいい。

第一印象は大事である。女性からの第一印象を良くするため、パーソナルスタイリストに服を選んでもらったり、どのような振る舞いをしたらいいかというセミナーを受講する婚活中の男性もいるという。『会って3秒で「ステキ」と思わせる デート・お見合いの服装&身だしなみ』(梅野利奈・著/ブックビヨンド・刊)は、そんな男性に向けて、好感度アップの大切なポイントをレクチャーしてくれる電子書籍だ。ちなみにデートの時は、"アレ"さえあれば、いいという。

続きを読む
無題

一流ブランド、シャネルの水はおいしい!

10代の頃からシャネルに憧れていて、40代になったらシャネルスーツが似合う女になりたいと思っていた。しかし、その夢は未だ実現していない。貧乏な私にとってはシャネルの洋服は永遠に高嶺の花かも? 使ったことがあるのはシャネルのオーデコロンくらいなのだから。

それでも、私はガブリエル・シャネルというひとりのフランス人のファンで、彼女こそ働く女性の鏡だったと思っている。

続きを読む
unmoralcus_200

カワイイは作れる。そう、カレー沢薫ならね

カレー沢薫(かれーざわ・かおる)という漫画家をご存じだろうか。作風は「自虐ネタのギャグマンガ」であり、「(´ω`)」←こんな顔の小動物キャラクターが登場する。デビュー当初は、絵がヘタクソで有名だった。

続きを読む
18158110_M200

君は中二病を患ったことがあるか?

最近よく耳にする「中二病」。実際の病気ではないが、中学二年生ごろの思春期の若者に見られる傾向を指すものだ。

この言葉を作ったのは伊集院光と言われている。彼がラジオ番組で「自分は中二病」と発言したことから、ラジオ内で流行。その後、インターネット界隈で使われ始めるようになったということだ。

続きを読む
22695311_M200

見た目を変えれば仕事も上手くいく

私は以前、このフムフムのコラムで高級腕時計の話を書いた。本を読んでいるうちに高級腕時計が欲しくなってしまい、ついに、清水の舞台から飛び降りるつもりで腕時計を買ってしまった。車も買ったことがない私にとって、史上最高額の買い物かもしれない。

私はもともとメカ好きということもあって、腕時計のメカニックな部分に惚れて購入したわけだが、この数カ月の間に、予想もしていなかった反応があった。 

続きを読む
00

時代を超越するパリジェンヌ流から学ぶ

最近は密かに ”フランス流” や ”パリ流” を紹介した本が流行っている。ここ数ヶ月だけでも、『パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ』や『おしゃれキャット・マリーのパリジェンヌ入門』、『フランス人は10着しか服を持たない』や『パリジェンヌの作り方』、『パリジェンヌのスタイルある暮らし』など、多数の本が発売されている。そんなカテゴリー(?)の走りとも言えるシリーズの一冊が、『シンプル・シックなパリジェンヌ流おしゃれレシピ』。イラストとエッセイで、パリジェンヌ流の着こなしをわかりやすく紹介している。

続きを読む
99:27688545_M

“結ぶ” を極めれば、縁結びにもつながる!?

1日に何回くらい“結ぶ”という行為をしているか、考えたことはあるだろうか?  意識したことのない人がほとんどに違いない。私の場合も、“結ぶ”ことを改めて認識したのは『ただしいむすび方86』という本に出会ったからだ。メンズファッションにおけるアイテムの結び方を網羅し、イラスト付きで丁寧に解説した一冊である。

続きを読む