ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

コンプレックスに関する記事一覧

1-3

マナーを学んで、もっといい女になろう

オードリー・ヘップバーンが主演した映画「マイ・フェア・レディ」。
1964年に製作された作品だというのに、今も人気は衰えない。
粗野な花売り娘イライザを一人前のレディにできるかどうか!?
友人と賭けをしたヒギンズ教授が、自分が教育したはずの娘に恋をしてしまうというストーリーだ。
生まれや育ち、職業などに関係なく、言葉遣いを学び、場にふさわしい振る舞いや、ファッションセンスを身に付けることができれば、さえない少女でも、階級を飛び越え、身分の高い男性を虜にすることができる。
もし、これが本当なら、これほど有効な「婚活」はないだろう。

続きを読む
16956102_M1

あってもなくても髪は大切

マナーモードにしてあった携帯電話が、ブルブルと鳴った。
「こんな夜ふけに、誰よ?」と、発信者を見ると、つい先日、飲み会でご一緒した男性からだ。
「もしもし」と、こちらが答える間もなく、彼は言った。
「暁子さん、本当のことを教えて欲しいんだ。隠さずに、本当のことを……」
その声のセクシーなことといったら、思わず、「ええ、ええ、何でもお教えしましょう」と、約束したくなる。
ところが……。
質問の内容は意外なことだった。

続きを読む
hage_200

知られざる「頭髪」三国志。キミの毛は生き残ることができるか?

「髪はオンナの命」と言うけれど、男性にとっても「頭髪」は命の次に大切なものだ。満足できる髪のボリュームを確保するためならば、オトコたちは多額の出費もいとわない。

我が国の頭髪産業は、カツラ市場と植毛・育毛・発毛市場をあわせれば2000億円規模だ。映画館の年間興行収入と肩をならべる。特に男性にとって「頭髪のなりゆき」は、ハリウッド映画やジブリアニメにも匹敵するエンタメ性をそなえている。

続きを読む