ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

恋愛に関する記事一覧

39124588_M (1)

女はなぜ男を待ち続けられるのか

「待つ女」がでてくる物語は少なくない。
彼女らは、ただひたすら何年も、愛する男の帰りを待ち続ける。周囲が「こんなに待っても来ないんだから、そいつはもう帰ってこないよ。あきらめて他の男と幸せにおなりなさい」と言っても、かたくなに待つのをやめない。
なぜ女はこんなにも男を待ち続けられるのだろうか。

続きを読む
0314_i

この春、別れる勇気がもてないあなたへ

3月、別れの季節ですね。
4月からの新しい職場、新しい土地、新しい学校など、ワクワクもありますが、悲しい別れが待っている人もいるかもしれません。現代は、昔と比べて遠距離恋愛でも寂しくないツールがたくさんあるので「距離が離れる=別れる」ということはあまりないでしょう。

たった2分で、勇気を取り戻す本。』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)によると、恋愛は始めるよりも終わるほうが勇気がいると書かれてありました。そこで、今回は「勇気」をテーマに4月から笑顔でワンランクアップしたあなたになれる方法をお伝えします!

続きを読む
0228_i

仕事も恋愛も思い通り? 男子力を磨く4つの方法!

女子力」はよく聞きますが、「男子力」ってどうしてこうも世の中に出てこないのでしょうか?
写真のような男性が「男子力」があるのか? というと、一応女性である私からすると疑問ではあるのですが(笑)、『一流のふるまい 男子力編 男の品格入門』(小柴皐月・著/インプレス・刊)を読んでみると、なるほど確かにこういう所作をする男性はイケてるな! と思うところがいくつかありました。

「お前何様?」という声が聞こえてきそうですが。。。今回は、女性の私からみても男性のこの仕草、この振る舞いはかっこいい! イケている! と思う「男子力」を4つご紹介させていただきます。

続きを読む
51506344 - white magnolia

ぞっとするほど激しい恋文を書いた美女、その名は柳原白蓮

柳原白蓮という名を聞いたことがありますか?
華族の出身で、若くして伯爵家に嫁ぎ、男の子をもうけながらも、離婚。
その後、九州の炭鉱王伊藤伝衛門に嫁ぎ、筑紫の女王とまで呼ばれた淑女です。
彼女は豊かな文学的才能を開花させ、富豪の夫人として、文化サロンを主宰し、何不自由のない生活を送ります。いえ、送っていると、思われていました。
しかし、その実情は、歳が離れ、生まれも育ちも違う夫との不和に苦しむ、一人の不幸な女性だったのです。
けれども、彼女は恋に落ちます。
相手は7歳も年下の宮崎龍介、まだ学生ながら、社会の変革を夢見る熱い青年でした。

続きを読む
無題

バレンタインデー、なぜフランスの男たちはフラワーショップに行列するのか?

私は214日はなるべく外に出ないで、家で仕事をするようにしている。
出版社に打ち合わせに行ったり、たまたまその日の取材相手が男性だったりしたら、やっぱり“義理チョコ”を用意しなければならないと思ってしまうからだ。別に、チョコを渡さなくても誰も文句は言われないだろうが、巷のバレンタイン・フェアを無視できず、つい買ってしまう気がするのだ。

ところで、バレンタインデーに女性がチョコレートに愛を込めて告白する、というのは日本独特の習慣。では、よその国ではどんなバレンタインの風景が見られるのだろうか?

続きを読む
11527564 - a woman like a princess in an vintage dress before the magic castle

童話に出てくるお姫様は美人ばかりな件。

最近、3歳の娘は「お姫様ブーム」まっただ中だ。
図書館に行けば、借りたいと持ってくるのは「お姫様」の絵本ばかり。
お姫様みたいなヒラヒラふわふわのドレスを欲しがるし、一緒にやってとせがんでくる「つかまえたごっこ」は、お姫様(娘)を悪者(私)がさらっていき、正義の味方(息子)が助けにくる……という毎回お決まりのストーリー。マリオの中で好きなのは、もちろんピーチ姫。感心するほどブレがない。

続きを読む
45233010_M (1)

LINEを既読スルーされないおまじない

今どきの恋愛では、LINEがかなり重要なアイテムとなっている。
まず聞き出すのはメールアドレスでもスマホの番号でもなく、LINEのアカウントになっている。LINEさえわかれば通話もメッセージも送れるからだ。しかし返事が来ない時は苦しむ。LINEは相手がメッセージを読むと「既読」という文字が出る。読んだにもかかわらず返信をしてくれないことを「既読スルー」と言い、かなりのストレスになるようだ。

そのため「彼から返信がある待受画像」なるものまで出回るようになった。

続きを読む
44414730 - red hooded woman holding apple fairytale portrait

リンゴは、惚れ薬として使われていた。

20代の頃、フェロモン香水というものを買ったことがある。

それは確か、ブタの睾丸から取ったエキスが入ったもので、どことなく生臭かった。それをつけて歩いてみたら、どこからともなくリードに繋がれていない犬が現れ、2、3匹も私についてきた。怖かった。犬は反応することがわかったけれど、ヒトの男は1人もついてこなかった。

なので、二度とつけなかった。

続きを読む
47485372 - portrait of attractive couple in leather jacket. autumn photo

ナンパに必要なのは、草食系男子がもつ思いやりの心だ

草食系男子という言葉は、もともと肯定的な意味で生み出されたそうです。言葉の生みの親であるコラムニスト・編集者の深澤真紀さんが、そう答えています。女性を思いやり、相手に寄り添って生きることができる、優しい男性というイメージで考えた言葉なのだそうです。

しかし、現在、草食系男子が肯定的な意味で使われることは、ほとんどありません。非リア充で婚活もしない、彼女がいない、オタクだ、ありとあらゆるマイナスイメージをつけて語られてしまうのです。

続きを読む
36918326 - young couple kissing at the bar, romance and love concept

あなたはどこに接吻されるのが好きですか?やはり唇?それとも、首筋?いえいえ、もっと他のところ?

中学生の頃、クリーム・ソーダやパフェを食べると、欠かさずにする儀式があった。
それは、サクランボの軸を口の中で結ぶことだ。
舌だけを使って、上手にくるっと結べたら、それはキスが上手な証拠。
私たちはそう信じ、おしゃべりも中断し、みんなで必死になって作業に没頭したものだ。
舌をつりそうになってもやめなかった。

続きを読む