ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

恋愛に関する記事一覧

無題

バレンタインデー、なぜフランスの男たちはフラワーショップに行列するのか?

私は214日はなるべく外に出ないで、家で仕事をするようにしている。
出版社に打ち合わせに行ったり、たまたまその日の取材相手が男性だったりしたら、やっぱり“義理チョコ”を用意しなければならないと思ってしまうからだ。別に、チョコを渡さなくても誰も文句は言われないだろうが、巷のバレンタイン・フェアを無視できず、つい買ってしまう気がするのだ。

ところで、バレンタインデーに女性がチョコレートに愛を込めて告白する、というのは日本独特の習慣。では、よその国ではどんなバレンタインの風景が見られるのだろうか?

続きを読む
11527564 - a woman like a princess in an vintage dress before the magic castle

童話に出てくるお姫様は美人ばかりな件。

最近、3歳の娘は「お姫様ブーム」まっただ中だ。
図書館に行けば、借りたいと持ってくるのは「お姫様」の絵本ばかり。
お姫様みたいなヒラヒラふわふわのドレスを欲しがるし、一緒にやってとせがんでくる「つかまえたごっこ」は、お姫様(娘)を悪者(私)がさらっていき、正義の味方(息子)が助けにくる……という毎回お決まりのストーリー。マリオの中で好きなのは、もちろんピーチ姫。感心するほどブレがない。

続きを読む
45233010_M (1)

LINEを既読スルーされないおまじない

今どきの恋愛では、LINEがかなり重要なアイテムとなっている。
まず聞き出すのはメールアドレスでもスマホの番号でもなく、LINEのアカウントになっている。LINEさえわかれば通話もメッセージも送れるからだ。しかし返事が来ない時は苦しむ。LINEは相手がメッセージを読むと「既読」という文字が出る。読んだにもかかわらず返信をしてくれないことを「既読スルー」と言い、かなりのストレスになるようだ。

そのため「彼から返信がある待受画像」なるものまで出回るようになった。

続きを読む
44414730 - red hooded woman holding apple fairytale portrait

リンゴは、惚れ薬として使われていた。

20代の頃、フェロモン香水というものを買ったことがある。

それは確か、ブタの睾丸から取ったエキスが入ったもので、どことなく生臭かった。それをつけて歩いてみたら、どこからともなくリードに繋がれていない犬が現れ、2、3匹も私についてきた。怖かった。犬は反応することがわかったけれど、ヒトの男は1人もついてこなかった。

なので、二度とつけなかった。

続きを読む
47485372 - portrait of attractive couple in leather jacket. autumn photo

ナンパに必要なのは、草食系男子がもつ思いやりの心だ

草食系男子という言葉は、もともと肯定的な意味で生み出されたそうです。言葉の生みの親であるコラムニスト・編集者の深澤真紀さんが、そう答えています。女性を思いやり、相手に寄り添って生きることができる、優しい男性というイメージで考えた言葉なのだそうです。

しかし、現在、草食系男子が肯定的な意味で使われることは、ほとんどありません。非リア充で婚活もしない、彼女がいない、オタクだ、ありとあらゆるマイナスイメージをつけて語られてしまうのです。

続きを読む
36918326 - young couple kissing at the bar, romance and love concept

あなたはどこに接吻されるのが好きですか?やはり唇?それとも、首筋?いえいえ、もっと他のところ?

中学生の頃、クリーム・ソーダやパフェを食べると、欠かさずにする儀式があった。
それは、サクランボの軸を口の中で結ぶことだ。
舌だけを使って、上手にくるっと結べたら、それはキスが上手な証拠。
私たちはそう信じ、おしゃべりも中断し、みんなで必死になって作業に没頭したものだ。
舌をつりそうになってもやめなかった。

続きを読む
1025_i

ナンパするならテクよりも街選びが大切!

私は残念なことに、生まれてこの方ナンパされたことがありません。
もっと言うと、女性向けの高額アルバイトのティッシュももらったことがありません。新宿の歌舞伎町を歩いても無視されます! そう、男性から声をかけて頂くことのないような日陰の女なのです。

一度きりの人生、ナンパくらいされたい…と思い、手にとった『モテない男のための逆襲ナンパ術』(森田真冬・著/アドレナライズ・刊)には、ナンパする男性が見ているナンパしやすい女性のポイントが数多く書かれてありました。果たして、三十路過ぎの私がナンパされる日は来るのでしょうか…?

続きを読む
23743058_m-1

高年収の異性とは、ここで出会える!

とある占い師に向かい、おもむろに5人の男性の名前と生年月日を並べた女性がいた。彼女は占い師に「この中で誰が一番お金持ちですか?」と聞いたそうだ。婚活で知り合った男性の中から一番財産がある男と交際しようと考えていたらしい。このケースはかなり極端だが、将来への不安からなのか、婚活時に年収が高い男性を希望する女性は少なくないらしい。しかし高収入の異性というのは、一体どこにいて、どうやって巡り会うものなのだろう!?

続きを読む
49337523 - smile of two household family

いざ結婚!「相手の親への挨拶」で言いがちなNGワード

緊張しながらプロポーズをしてOKをもらっても、その緊張は終わりません。よっぽど仲良く家族ぐるみの付き合いをしている場合は別ですが、プロポーズ後にはたいていお互いの「親への挨拶」が待っています。
初めて会う相手のご両親に、良い印象を持ってもらえるように『ウェディングのマナーとコツ』(ひぐちまり・監修/伊藤美樹・絵/学研プラス・刊)から親への挨拶のNG行為・OK行為を男女別に見ていきましょう。

続きを読む
54405753_m-1

ホストに貢いだお金を返してもらいたい。

ホストに数百万円貢いだ女性がいる。恋人のような気持ちになり、彼をナンバーワンにしたくてかなりの額を注ぎ込んでしまったのだ。しかし、結局そのホストとケンカ別れしてしまい、「貢いだお金を返して欲しい」と嘆いていた。いったいなぜ、彼女たちは自らの意志で注ぎ込んだはずの額を悔やんでしまうのだろう。

続きを読む