ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

学びに関する記事一覧

koun-nogasanai-200

劇団四季の出身者が教える「チャンスを逃さない4つの心がけ」

わたしは幸せではありません。
だから、幸せになりたいです。

幸運をつかみたければ、幸せそうな成功者にコツや心がけを教わるのが、いちばんの近道です。

幸運は、なぜ「むこう」からやってくるのか』(佐藤政樹・著/学研プラス・刊)という本があります。幸運(チャンス)を逃さないための心がけを紹介します。

続きを読む
15961914_eyecatch

幸せを掴み、運に恵まれて生きるための15のエッセンス

みなさんは、ゲンを担ぐタイプだろうか?
筆者は、思い切り担ぐ。
大事な打ち合わせの日は必ず赤いパンツをはいていくし、毎朝仕事を始める前に必ずトイレ掃除をして、その後机の上とPC、それにマウスもキレイに拭く。ゲン担ぎではなく、ルーティーンといったほうがいいかもしれない。

続きを読む
kobun-manga-200

「古文」の苦手意識はマンガで克服できるかもしれない

学生時代に「古文」の授業がありましたが、苦手科目のひとつでした。
「歴史」の授業のときにも、鎌倉時代以前──つまり「奈良時代」や「平安時代」はいまいち興味がもてませんでした。なぜなら、テレビ時代劇やNHK大河ドラマをよく観ていたので、日本の歴史のなかでは戦国時代や江戸時代が好きだったからです。

不思議なもので、大人になると教養(古典)に対する欲求が生まれます。日本の伝統を知りたくなる。でも、いまだに古典文学に対して苦手意識があるので、マンガで解説してあるものを選びました。これなら挫折せずに学ぶことができそうです。

続きを読む
14059023 - a beautiful girl enjoying summer sun

1番を目指さない生きかた

子どもにどこまでも上を目指させる親がいる。
例えば99点だったら「次は100点を取りなさい」、成績が2番だったら「次は1番を目指して頑張りなさい」と、さらなる高みを指示するのだ。すると子どもはどうなるだろう。1番にならないと見捨てられるのではという恐怖から、人の顔色をうかがう自信のない人間になってしまうという。

続きを読む
28925237_eyecatch

会話でまず大切なのは声だった件

先月の話。
デビューした頃から大好きだったのに、なかなか来日公演をしてくれなかったワンリパブリックのコンサートに行ってきた。このバンドの第一の特徴は、日本人ウケするメロディーラインだと思う。それに、ボーカリストのライアン・テダーの声が独特の響きで、実に魅力的なのだ。

続きを読む
41402250 - father baking with children

緑色のホットケーキは何味?

お子さんのいる家庭では、夏休みの終盤になると、宿題の進捗状況に一喜一憂するはずだ。計算ドリルや漢字の書き取り、問題集などは、ひたすらやればいいだけだが、一番困るのが「自由研究」だろう。

昆虫採集や植物の観察日記、工作……。題材はいろいろあるが、何をしていいのかわからない。それが自由研究だ。

続きを読む
ikari-3tips_200

「怒り」で疲れないための3つの考え方

すぐに怒る人。いつも怒っている人。そういう人たちとはなるべく距離を置きたいです。「金持ちケンカせず」という格言もあります。怒りは、損得勘定では「マイナス」なのです。

怒らない人は、うまくいく。』(中谷彰宏・著/学研プラス・刊)という本があります。怒らないための61の方法と、怒らないことによる効用を説いています。

続きを読む
49686069_M200

「おなら」は実は上品な言葉だった!?

ふとしたときに出てしまう「おなら」。
人前でしてしまうと、恥ずかしいものだ。

おならは、別名「屁」とも言う。言い方を変えても、基本的には同じものだ。女性などは、口にするのが恥ずかしいと思うかもしれない。

しかし、実は「おなら」という呼び方は、「屁」を上品にしたものなのだ。

続きを読む
無題

パリを歩けば”昭和の死語”が聞こえてくる

うっかり口にすると年齢がばれる死語といえば、「アベック」、「ランデブー」がある。
どちらも和製フランス語でアベックは男女二人連れ、ランデブーは逢引きのこと。日本では今やこの言葉を使う若い人はほとんどいない。

ところが……。フランスを訪れた人は皆気づくと思うが、彼の地ではこの昭和の死語があっちからもこっちからも聞こえてくるのだ!

続きを読む
32847593_M

女子プロレスファンは見るべき。長与千種(クラッシュギャルズ)VS 長谷川平蔵(火付盗賊改方)

「テレビ時代劇」と「女子プロレス」。
普通では考えにくい組み合わせですが……女子プロレスラーが「かつら」をかぶって出演したテレビ時代劇がありました。1994年に放送された『鬼平犯科帳』です。

江戸時代という設定で「町娘(まちむすめ)」を演じたのは、元クラッシュギャルズの長与千種さんです。しかも脇役ではなく、第5シーズン第4話《市松小僧始末》というエピソードのメインキャストに抜擢されたのでした。

続きを読む