ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

学びに関する記事一覧

0214_i

一億総ライター時代にあなたはどう表現する?

最近思うんです。
一億総ライター時代」がついに来たなと。

ブログやSNS、電子書籍など誰もが表現者になれる時代になったとイチ読者としては嬉しい反面、私も物書きの端くれとして、ライターってなんだろうか? と自問することも増えました。原稿を書いてお金をもらえればライター? ウェブメディアやブログで記事を書いたらライター? 文章を書ければライター? そんな悩んでいた時に出会った『人とつながる表現教室。』(山田ズーニー・著/河出書房新社・刊)に、心のモヤモヤを解いてもらいたいと思います。

続きを読む
41096280 - young siberian tiger on dark background in action of growl

動物って、実はけっこう怖い

犬や猫、鳥などを飼っている方も多いと思う。
ペットはとてもかわいいものだ。

しかし、よく考えてみよう。
彼らも、元をたどれば野生の動物。いくら人間と暮らすことを長年続けてきたといっても、体のどこかに野生の血が流れているはずだ。

続きを読む
happy-tec-200

イエーイ! ハッピーを作ろう!!

「幸せになりたい」と思ったとき、わたしたちは「偶然」や「奇跡」に頼りがちです。

しかし「良いことがありますように」と願うだけでは、幸せにはなれません。

ハッピー(しあわせ)は、少しの工夫によって作りだせるのです。

続きを読む
上杉謙信像

食中毒に肥満…。死因が意外すぎる戦国武将3人

突然だが「戦国武将の最期」と言われ、頭に浮かぶのはどんなシチュエーションだろうか?
織田信長のように家臣に裏切られ劇的な最期を迎える場面や、戦で敗北し命を落としてしまう石田三成のようなケースなどをイメージする人がきっと多いだろう。
しかし、戦国武将の中には食中毒や肥満など戦国時代らしからぬ意外な理由で亡くなっている者もいる。そんな人物を『戦国武将イラスト名鑑』(かみゆ歴史編集部・著/学研プラス・刊)から取り上げていきたい。

続きを読む
65752627t_M

味方をつくるより、敵をつくらないことのススメ

アジアやアフリカを旅していると、いきなり「トモダチ」と呼びかけられることがある。ナイーブな旅人だった頃、そう声をかけられると素直にうれしかった。こちらはトモダチになったつもりで案内してもらったりしていると、結局金目当てだったことがわかり、がっかりする。そんなくり返しだった。

続きを読む
無題

目の見えない子犬を、わたしたちが、どうしてたすけてあげてはいけないのですか?

目が見えないのでクルクル回る犬・ダンのことを、私が知ったのは、たしかテレビの動物番組だった。ふたりの少女と団地の自治会長が、目の見えない捨て犬を助けたルポルタージュだった。

目の見えない犬ダン』(大西伝一郎・文、山口みねやす・絵学研プラス・刊)は、この心温まる物語を、素敵な絵と共に私たちに詳しく伝えてくれる本だ。

続きを読む
18172521 - black cat is sitting in a window

『君の名は。』の新海監督のデビュー作は5分間のアニメで、ネットで公開されている。

新海誠監督の作品にしばしば出てくるテーマがある。それは「どこか遠く」に思いを馳せるというところだ。
例えば『君の名は。』の、自分と入れ替わっている異性への呼びかけであったり、『ほしのこえ』の何光年も離れた場所にいる人へのメールだったり、『言の葉の庭』のどこに住んでいるかわからない相手を待つことだったりなどである。では、デビュー作として作られた『彼女と彼女の猫』にはどのような思いが描かれているのだろうか。

続きを読む
47853064_M200

脱ギター初心者! 王道コード進行からの脱却

ギターをやったことがある人なら、「コード」というものを知っているだろう。日本語に訳すと「和音」だ。

ド・ミ・ソを同時に鳴らすと「C」というコードになる。そして、いくつかのコードを並べていき、メロディをつけると、曲になる。

続きを読む