ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

学びに関する記事一覧

66252656_m200

人間にはハンディキャップを乗り越える力がある

4年に一度のスポーツの祭典、オリンピック。2016年にはリオデジャネイロで開催された。数々の名シーンが生まれたことは、記憶に新しい。

また、オリンピックに引き続き開催されたパラリンピックも見応えがあった。運動機能や視覚などにハンディキャップを持つ人だけが出場できるパラリンピック。近年は注目が集まり、オリンピックと同様に世界的に盛り上がっていると感じる。

続きを読む
54732612_m200

時間もお金もかけずに英語力をアップさせる方法

今年こそ英語力をつけたい!

こうした目標を年始に掲げた人は少なくないはず。これを書いている私も、昨年グアムのホテルの売店で「何時まで営業していますか?」という英語が出てこず自分に失望して帰国し、なんとか使える英語を身につけたいと思っている。

続きを読む
39808273 - strong muscular fighter with tattoo poses

2020年、刺青OKの温泉は増えるのか?

海外に行くと、街なかで刺青をしている人を数多く見かけます。
スポーツ選手や芸能人もごく普通に刺青をしていて、ファッション感覚で楽しんでいる様子がうかがえます。

ところが、日本では温泉旅館の大浴場などでは未だに“刺青の人お断り”であることが多いようです。

続きを読む
drama-eigo-200

英検1級・TOEIC990点(満点)を達成するには海外ドラマ『フレンズ』が役に立つ

英会話レベルの向上には、海外のテレビドラマが役に立ちます。

日本で、自宅で、一人で、ここまでできる! 海外ドラマDVD英語学習法』(南谷三世・著/CCCメディアハウス・刊)という本によれば、英語のリスニング(聞き取り)が上達する、独自の方法論があるというのです。

おもな教材は「海外ドラマのDVD/Blu-ray」だけです。レンタルでもOK。1週間という貸出期限は、サボらないための動機づけにもなります。

続きを読む
37430452 - twilight shot of akihabara shopping area in tokyo

秋葉原は“あきはばら”ではなく、“あきばはら”だった!

初詣、皆さんはどちらに行きましたか?
私は神田明神に行ってきました! 近年は「ラブライブ!」の舞台になったことでも有名な神社です。御茶ノ水駅、秋葉原駅のどちらからもアクセスしやすく、参拝客でごったがえしていました。

参拝を終えた私は、ゆっくりと秋葉原に行って買い物をしてきました。こちらも初売りで大賑わいでした。

続きを読む
%e7%84%a1%e9%a1%8c

フランスの新年はシャンパン、そして「王様たちのお菓子」で始まる

フランスではクリスマスは家族と過ごし、大晦日には恋人や友人と過ごすのが一般的だ。
大晦日のことは「レヴェイヨン・ドゥ・ラ・サンシルヴェストル」と呼ばれ、友だちの家に集まって歌ったり踊ったりして大騒ぎ。ご馳走にはフォアグラ、スモークサーモン、生牡蠣の
3品が欠かせない。

続きを読む
47013714_m200

中学英語の問題が解けなかった。ショックだ。

中学校に入学したとき、授業のレベルが一気に上がったと感じた。
英語が登場したためだ。

2020年に英語を小学3年生から必修化、小学5年生から教科化する動きがあるが、このコラムの読者世代は中学校から英語を学んだ人が多いはずだ。みなさんは英語は得意だっただろうか?

続きを読む
46817425 - majestic forbidden city beijing china empire palace concept

こんなに不思議な人生があるなんて!中国で花開いた仰天人物の物語

師走を迎え、何かと気ぜわしい日々。
「あぁ、いろいろやんなきゃな~~」という言葉とはうらはらに、だらだらと新聞を読んでいたら、中国の皇帝、乾隆帝の玉璽(印章)が約25億円で落札されたとあり、思わず絨毯の上で正座してしまった。に、に、にじゅうごおくえんだと~~~!!
売り手はイブ・サンローランのパートナーだった富豪ピエール・ベルジュ。
書い手の名前は伏せられていたが、中国の収集家だそうだ。
予想価格の20倍という価格での決着だというから、びっくりである。

写真を見ると、赤みがかった石に9匹の龍が彫刻された美しい印章だ。
私の頭を「この玉璽、あの人も見たかしら?」という思いがかすめた。
ちょうど同じころ、中国で暮らし、乾隆帝にも信頼されていた人物のことを思い出したからだ。

続きを読む