ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

健康に関する記事一覧

44764604 - young woman looking smart phone with tired eyes on the bed

今すぐできる疲れ目チェック

目が疲れている」と人はしばしば言うけれど、それにはおそらく個人差がある。少し目を使っただけで疲れを感じる人もいれば、ハードにPCで作業をしても疲れを感じない人もいるからだ。果たして自分の目が本当に疲れているのかどうか、セルフチェックできる方法がかかれている本を見つけた。

続きを読む
suimin-sleep-200

快眠のための3つのキーワード

眠ることは、お金のかからない娯楽です。枕と布団があれば楽しめます。

快眠は、体と心の疲れをリセットするために欠かせないものです。

今回は、ぐっすり眠るための3つのキーワードを解説します。

睡眠圧」を高めて、「交代浴」でリラックスして、「寝床内温度」を適度に保つことです。

続きを読む
無題

食材の力でもっともっと健康になれる!

「○○を食べて健康になろう」という風に、その時代、その季節に流行する食材がある。
が、ひとつの食材に含まれる栄養素には限界があるから、それだけを食べていても健康は維持できない。

当たり前のことだが、なるべく多くの食材を毎日バランスよく食べる。これが大事なのだ。

続きを読む
38355174 - hygiene. happy mother and child girl brushing teeth together

歯磨きや歯科デビューはいつから?子どもをむし歯から守る方法

離乳食を始める6ヶ月頃を過ぎるとジワジワと姿をあらわし始める乳歯たち。
「子どもをむし歯にさせたくない!」という気持ちはあっても、乳歯のケアを始めるタイミングやその正しい方法を知っている人は意外と少ないのでは?
子どもの歯の健康を守るために気をつけるべきポイントを『本気で探す 頼りになるいい歯医者さん2017』(頼りになるいい歯医者さん編集部・著/学研プラス・刊)から見ていきましょう。

続きを読む
36723981 - handsome businessman standing back to camera.

背中を見れば、職業がわかる!?

背中
そこには哀愁やロマンがある。

「男は背中で語る」などという言葉もあるくらいだ。そして、治療院の先生は、背中を見れば職業がわかるものらしい。前回に引き続き『首・肩の頸椎症は自分で治せる!』(学研プラス・刊)の著者であり、さかいクリニックグループ代表の酒井慎太郎先生にお話を伺った。

続きを読む
54112077_m-2

首コリをひどくさせない暮らしかたのコツ3つ

今まで全く首がコるという経験がない外国人も、来日し、日本で暮らし始めると首の痛みを訴えることがある。
それは、お辞儀をする、うなずくという日本独特の動作で首に負担がかかるからなのだとか。

日本人は首コリに悩まされる人は少なくない。
外国には日常の動作でそこまで首を下に向けることがないため、首コリ知らずの人もいるそうだ。一体どのような暮らしかたをすれば、首の負担が減るのだろうか。『首・肩の頸椎症は自分で治せる!』(学研プラス・刊)の著者であり、さかいクリニックグループ代表の酒井慎太郎先生にお話を伺った。

続きを読む
aityatti

オナラが臭くなってきたら…4つの食材でスッキリ快腸!

私は、昔からの便秘症だ。
以前、「温なオンナは美しい」というコラムにも書いたが、もしも便秘に5段階あるとしたら、間違いなくレベル5である。とはいえ、出産して食べるものや生活習慣に気をつけるようになり、以前よりは改善されてはきた。少なくとも、薬には頼らなくなったから。それでも、毎日は確実に出ないし、1週間ほどお通じがないことも珍しくない。

続きを読む
0116_i

正月太り…3日で5キロ太れるが、3日で5キロは落とせない! それが人間!

毎年1月中旬に飛び交う「正月太り」。
私も例外なくこの流行先取りしておりまして、1月3日に恐る恐る体重計に乗ってみると5キロ太っておりました。食べては寝て、寝ては食べを繰り返せば、5キロなんて簡単に太ります。若かりし頃は、すぐに体重を戻せていましたが、数日で体重が減るなんてこともないまま、現在もダイエット続行中でございます。

このままじゃいかん!

そうは思っていても、目の前に甘いものがあれば手が出てしまい、一度食べ始めると止まらない、2〜3人前の鍋だってどんとこいです! 今回は太ったとわかっていても元の体重に戻せない私が、きちんと痩せられる方法を考えていきたいと思います。

続きを読む