ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

アクセスランキング一覧

1
10686113 - happy big laughing 7-month old african american baby boy

電車で遭遇した赤ちゃんとコミュニケーションする方法

電車内で、赤ちゃんと目が合ったことはないだろうか。赤ちゃんはじっとこちらの顔を見つめてくる。そんな時に、どう振る舞えばすれば楽しくコミュニケーションできるだろうか。『赤ちゃんを爆笑させる方法』(岡部敬史 ・著/学研プラス・刊)にはそのヒントが載っていた。

続きを読む
2
0815_i

不倫ラッシュな今だから知っておきたい、夫婦の絆を深める3つの方法

毎週のように誰かしらの不倫が報道されている芸能界。ワイドショーをネタに、ガヤガヤ言うのは楽しいですが、いざ自分のパートナーが不倫してたら!? テレビに向かうのと同じように冷静でいられるはずがありません。

そこで今回は、こんな時だからこそ知っておきたい夫婦のあり方について考えます。それぞれのご家庭ルールがあると思いますが、基本的な男と女の性質を理解し、夫婦の絆を深めて、不満の少ない円満な夫婦生活をおくる秘訣をご紹介します! すでにパートナーがいる方、これから結婚する方、運命の人に思いをはせる方、全ての人に知ってもらいたい~!

続きを読む
3
41192979_M

お金が貯まる! 有意義な買い物ができる3原則

夏真っ盛り、夏休みシーズンが到来しました。帰省や旅行で、ついつい財布の紐が緩みがちになりますね。

コツコツ貯めたバイトの給料や、先日出たボーナスで、何か大きな買い物をしてみようと思っている人も多いはずです。

続きを読む
5
zonbie-run-200

人生で、生きる屍(しかばね)にならないための3つの心構え

徹底していないことを指して「ぬるい」と表現します。
向上心をもたずに現状に甘んじることを「ぬるま湯に浸かる」とも言います。

現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない。』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)という本があります。

著者の千田さんは、「自分と同等以下の人間たちと楽しそうに群がっている状態」を「ぬるま湯」と定義しています。
ぬるま湯のような毎日を過ごしていると、やがて生きる屍(しかばね)に成り下がってしまうのです。

続きを読む
6
46235184 - men and women to toast with water

女性から「モテそう」と言われても喜んではいけないワケ

「モテそうですね」
こんなセリフを合コンなどで、初対面の女性から言われたことはないだろうか。このセリフを受けて「え? もしかして俺に気がある?」と気分が良くなっている男性がいたら、一言「残念!」とお伝えしたい。女性の隠れた本音が実に残酷なことを『決定版 オンナの【建前⇔本音】翻訳大辞典』(日本女性言語学会・編/扶桑社・刊)からご紹介していこう。

続きを読む
7
dekiru_200

仕事ができる人は「昼ごはんを食べない」って本当?

少食の人は有能だ。いままで私が出会った有能な人は少食だった。

忘れられない先輩が2人いる。どちらも優秀なビジネスパーソンだ。ふたりとも昼飯を食べない人だった。朝と夜の1日2食。

ひとりは働き者で、人間の限界を超えた出張回数をほこる彼のことを、私たちは「鉄人(アイアンマン)」と呼んでいた。

もうひとりは60代のおじいちゃんだ。定年後に再雇用された営業部員で、アダ名は「フィクサー(仕掛け人)」だった。日ごろは昼行灯だが、たまにどこかへ電話してから行き先もつげずに外出する。帰ってくると、かならず数百万円単位の契約を持ち帰った。出来高はいつも営業部の上位だった。

「1日3食ではない」つまり少食の人は有能である。私の経験則は、医学的にみて正しいのだろうか?

続きを読む
8
arthir-seitai-200

自虐、格付け、腐女子趣味。30代女性の生態について

女性が語る自虐ネタが好きです。
オアシズ光浦靖子さんやハリセンボン近藤春菜さんなどの女芸人が語るエピソードトークには、何度も笑わされました。

女芸人だけでなく、女性作家の実体験を活かした自虐マンガにも、興味ぶかい良作が多いです。

今回は、恋するアラサー女性たちの生態を描いたコミック『おモテなし・アンド・ザ・シティ 1』(加藤のりこ・著/学研プラス・刊)を紹介します。

続きを読む
10
15101939 - lake tazawa, japan

絶滅した幻の魚“クニマス”が再び発見されたのは【あの人】のおかげ!!

秋田県田沢湖にのみ生息していた固有種“クニマス”。サケ目サケ科に属する淡水魚で、宝暦(1751〜1764年)年間以前より生息していたという記録がある。それ以前にも生息していたらしいが、正式にクニマス(国鱒)という名前が付いたのが宝暦年間だったということだ。

田沢湖は日本一水深が深い湖。また透明度が高いことでも知られているが、それは湖内に栄養素が少ないということでもある。それでも田沢湖は、さまざまな魚が生息していた。クニマスは水深100〜300mの付近に生息。天敵となる魚がいなかったために、生き残ってきたと考えられている。

続きを読む