ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

アクセスランキング一覧

1
45749908_M 200

ムカつく相手を一発で黙らせる3つの返し技

家庭・学校・職場…。どこに身を置いても人間関係はつきもの。その中にはどう頑張っても理解しがたく、常に不愉快な物いいをする人がいたりする。そういったタイプと対峙した時「クッソーこいつ…」とイラつく気持ちとは裏腹に、口から出るのは「あ…はぁ…」という、しどろもどろな言葉だけで、結果的にモヤモヤした怒りを引きずってしまう自分がいる。

続きを読む
3
8514807_eyecatch

何が何でも優位に立ちたがる人たちの4つのタイプ

筆者は、“断り下手”である。ぐいぐい来られると、あれこれ理由をつけて断り続けるのがめんどくさくなってしまう。でも、最終的に相手の言いなりになることはない。断り方が下手なだけであって、断りきれないわけではない。

続きを読む
4
dekiru_200

仕事ができる人は「昼ごはんを食べない」って本当?

少食の人は有能だ。いままで私が出会った有能な人は少食だった。

忘れられない先輩が2人いる。どちらも優秀なビジネスパーソンだ。ふたりとも昼飯を食べない人だった。朝と夜の1日2食。

ひとりは働き者で、人間の限界を超えた出張回数をほこる彼のことを、私たちは「鉄人(アイアンマン)」と呼んでいた。

もうひとりは60代のおじいちゃんだ。定年後に再雇用された営業部員で、アダ名は「フィクサー(仕掛け人)」だった。日ごろは昼行灯だが、たまにどこかへ電話してから行き先もつげずに外出する。帰ってくると、かならず数百万円単位の契約を持ち帰った。出来高はいつも営業部の上位だった。

「1日3食ではない」つまり少食の人は有能である。私の経験則は、医学的にみて正しいのだろうか?

続きを読む
5
trick-ueda-love-200

ドラマ『TRICK』恋愛考察。上田が奈緒子を好きなことは全部まるっとお見通しだ!

結論から申しますと、上田次郎は山田奈緒子のことを愛しています。

上田と山田は、テレビドラマシリーズ『TRICK』の登場人物です。
ふたりがお互いのことを憎からず想っているのは、『TRICK』のテレビ版や劇場版を観た人ならばご存じでしょう。

あのふたりは素直になれないだけで、ほとんど「両想い」みたいなものです。
わたしが観察したところによる「両想いの比率」は、上田次郎:7に対して山田奈緒子:3という印象です。

次郎のほうが奈緒子にベタ惚れなのです。
それを裏付けるエビデンス(証拠)があるので、紹介します。

続きを読む
6
donaniku_200

ハクビシンを食べる。おいしい害獣クッキング

ハクビシンは、中国語で「果子狸」と表記する。タヌキに似ており、文字どおり果実(フルーツ)を好んで食べるジャコウネコ科の動物だ。野生動物のくせに手先が器用で、ご丁寧にもミカンの皮をむいて盗み食いをする。

続きを読む
8
15101939 - lake tazawa, japan

絶滅した幻の魚“クニマス”が再び発見されたのは【あの人】のおかげ!!

秋田県田沢湖にのみ生息していた固有種“クニマス”。サケ目サケ科に属する淡水魚で、宝暦(1751〜1764年)年間以前より生息していたという記録がある。それ以前にも生息していたらしいが、正式にクニマス(国鱒)という名前が付いたのが宝暦年間だったということだ。

田沢湖は日本一水深が深い湖。また透明度が高いことでも知られているが、それは湖内に栄養素が少ないということでもある。それでも田沢湖は、さまざまな魚が生息していた。クニマスは水深100〜300mの付近に生息。天敵となる魚がいなかったために、生き残ってきたと考えられている。

続きを読む
9
sentzake_200

酒は昼に飲もう! なぜなら「夜の酒」は×××が多いから

昼間から飲む酒は格別にうまい。

『孤独のグルメ』原作者・久住昌之さんも、まだ日が高いうちから飲む酒は「からだが夜よりも元気」だから「身も心も、酒を飲んでやろうという、いわば勝ちにいくような酒だ」と述べている。

おっしゃるとおり! よくぞ言ってくれたと全面的に同意したい。日が高いうちから飲む酒のうまさについては、私にもおぼえがある。

夜勤明けのテンションに身をまかせて、朝から「宅飲み」するのが大好きだった。

続きを読む
10
32963669_S

低年収でも家が買える裏ワザ

家を買いたい、でも、高すぎる! と悩んでいる人は、少なくない。『シングルマザー、家を買う』(扶桑社・刊)の著者・吉田可奈さん(当時29歳)も、年収200万台だったため、最初はローン審査が通らずあきらめかけた。しかし彼女はとある裏ワザで見事、2人の子どもと暮らす家を手に入れたのだ。

続きを読む