ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

アクセスランキング一覧

1
45749908_M 200

ムカつく相手を一発で黙らせる3つの返し技

家庭・学校・職場…。どこに身を置いても人間関係はつきもの。その中にはどう頑張っても理解しがたく、常に不愉快な物いいをする人がいたりする。そういったタイプと対峙した時「クッソーこいつ…」とイラつく気持ちとは裏腹に、口から出るのは「あ…はぁ…」という、しどろもどろな言葉だけで、結果的にモヤモヤした怒りを引きずってしまう自分がいる。

続きを読む
2
dekiru_200

仕事ができる人は「昼ごはんを食べない」って本当?

少食の人は有能だ。いままで私が出会った有能な人は少食だった。

忘れられない先輩が2人いる。どちらも優秀なビジネスパーソンだ。ふたりとも昼飯を食べない人だった。朝と夜の1日2食。

ひとりは働き者で、人間の限界を超えた出張回数をほこる彼のことを、私たちは「鉄人(アイアンマン)」と呼んでいた。

もうひとりは60代のおじいちゃんだ。定年後に再雇用された営業部員で、アダ名は「フィクサー(仕掛け人)」だった。日ごろは昼行灯だが、たまにどこかへ電話してから行き先もつげずに外出する。帰ってくると、かならず数百万円単位の契約を持ち帰った。出来高はいつも営業部の上位だった。

「1日3食ではない」つまり少食の人は有能である。私の経験則は、医学的にみて正しいのだろうか?

続きを読む
4
32963669_S

低年収でも家が買える裏ワザ

家を買いたい、でも、高すぎる! と悩んでいる人は、少なくない。『シングルマザー、家を買う』(扶桑社・刊)の著者・吉田可奈さん(当時29歳)も、年収200万台だったため、最初はローン審査が通らずあきらめかけた。しかし彼女はとある裏ワザで見事、2人の子どもと暮らす家を手に入れたのだ。

続きを読む
5
sentzake_200

酒は昼に飲もう! なぜなら「夜の酒」は×××が多いから

昼間から飲む酒は格別にうまい。

『孤独のグルメ』原作者・久住昌之さんも、まだ日が高いうちから飲む酒は「からだが夜よりも元気」だから「身も心も、酒を飲んでやろうという、いわば勝ちにいくような酒だ」と述べている。

おっしゃるとおり! よくぞ言ってくれたと全面的に同意したい。日が高いうちから飲む酒のうまさについては、私にもおぼえがある。

夜勤明けのテンションに身をまかせて、朝から「宅飲み」するのが大好きだった。

続きを読む
6
200_souji

トイレ掃除に使える身近なアレ

年末が近づくと「やらなくちゃ…」と思いつつ、なかなか手を付けられない大掃除。
今年は家にあるもので1回1分から出来る、楽チンお掃除を始めてみませんか?
今から始めれば年末になっても焦り知らず。キレイなお部屋で年越しも夢じゃありません!
簡単にキレイになる、お掃除のプロたちのテクニックをいくつかご紹介しちゃいましょう。

続きを読む
7
17579117 - businessman in anger screaming puff going out from ears

なぜだか他人をイラッとさせる人の特徴

あなたの周りにもいないだろうか。ちょっとした一言、不意に送られてくるメール、ブログへのコメントが、なぜだか気になる。いちいちイラッとさせられる。根は悪い人ではないのに、なぜこんなにも嫌悪感を抱いてしまうのだろうか。

続きを読む
8
46235184 - men and women to toast with water

女性から「モテそう」と言われても喜んではいけないワケ

「モテそうですね」
こんなセリフを合コンなどで、初対面の女性から言われたことはないだろうか。このセリフを受けて「え? もしかして俺に気がある?」と気分が良くなっている男性がいたら、一言「残念!」とお伝えしたい。女性の隠れた本音が実に残酷なことを『決定版 オンナの【建前⇔本音】翻訳大辞典』(日本女性言語学会・編/扶桑社・刊)からご紹介していこう。

続きを読む
9
custom-keiyon-200

【DIY】軽トラを改造すればキャンピングカーが作れる!

わたしのペーパードライバー歴は10年です。18歳のときに免許取得後、25歳ごろまで車で通勤していました。

当方、北陸地方の郊外に暮らしています。東京のように山手線や地下鉄がないため、自動車を手放してしまうと、おのずと行動範囲が狭くなります。

続きを読む
10
donaniku_200

ハクビシンを食べる。おいしい害獣クッキング

ハクビシンは、中国語で「果子狸」と表記する。タヌキに似ており、文字どおり果実(フルーツ)を好んで食べるジャコウネコ科の動物だ。野生動物のくせに手先が器用で、ご丁寧にもミカンの皮をむいて盗み食いをする。

続きを読む