ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

つるたちかこの過去記事一覧

0327_i

知っている人は得をする! 現代人の不調がスッキリする頭部のツボ教えますっ

先日美容室に行った時、シャンプーされながら「毎日何人もの頭を触っていると思うんですけど、『頭の形きれいだな~』って人いるんですか?」と、美容師さんに聞いてみました。すると、「いますいます! 逆にゴツゴツの人とかいますし!」ゴツゴツ・・・!「つるたさんはきれいな頭の形ですよ~♪」とお褒めいただけて嬉しい気持ちになったのですが、みなさんは普段の生活で頭を意識することってありますか?

続きを読む
0321_i

手描きPOPのコツは企画書にも使える! 相手にちゃんと伝わる3つの方法

スーパーや飲食店で見かける「手描きPOP」みなさんもこのポップの一行に誘われてついつい購入してしまった・・・なんて経験ありませんか? この手描きPOP、ただ「安い!」「お得!」と書かれてあるだけではなく、売るためにちゃーんと手法がありました。

たった1行で繁盛店に変える!つい買いたくなるPOPの極意』(沼澤拓也・著/実業之日本社・刊)を読んでみると、あれ? これってビジネスでも使えるんじゃない? なんてコツがたくさん見つかったので、今回は知っているようで知らない!? 手描きPOPをビジネスでも活用できるコツをお伝えしていきます。

続きを読む
0314_i

この春、別れる勇気がもてないあなたへ

3月、別れの季節ですね。
4月からの新しい職場、新しい土地、新しい学校など、ワクワクもありますが、悲しい別れが待っている人もいるかもしれません。現代は、昔と比べて遠距離恋愛でも寂しくないツールがたくさんあるので「距離が離れる=別れる」ということはあまりないでしょう。

たった2分で、勇気を取り戻す本。』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)によると、恋愛は始めるよりも終わるほうが勇気がいると書かれてありました。そこで、今回は「勇気」をテーマに4月から笑顔でワンランクアップしたあなたになれる方法をお伝えします!

続きを読む
0307_i

人間は1日に5万回の「ひとり言」を言っている!

このタイトルを読んで「えっ?」と思ったそこのあなた!
今の「えっ?」や、「今日の夕飯どうしようかな〜」と考えたり、電車の中で「あらイケメン!」と思ったり、口には出さなくとも、頭の中・心の中で思っていることも「ひとり言」としてカウントすると、なんと1日に5万回も言っているって知っていましたか? 巷では、そんな「ひとり言」を変えて人生を豊かにする「ひとり言セラピー」が話題になっているんだとか。

今回は『読むだけで人生が変わる ひとり言セラピー』(あな田さゆり・著/かんき出版・刊)より、毎日「なんで?」「どうして!?」とお悩みのあなたに、ひとり言との向き合い方をご紹介させていただきます。

続きを読む
0228_i

仕事も恋愛も思い通り? 男子力を磨く4つの方法!

女子力」はよく聞きますが、「男子力」ってどうしてこうも世の中に出てこないのでしょうか?
写真のような男性が「男子力」があるのか? というと、一応女性である私からすると疑問ではあるのですが(笑)、『一流のふるまい 男子力編 男の品格入門』(小柴皐月・著/インプレス・刊)を読んでみると、なるほど確かにこういう所作をする男性はイケてるな! と思うところがいくつかありました。

「お前何様?」という声が聞こえてきそうですが。。。今回は、女性の私からみても男性のこの仕草、この振る舞いはかっこいい! イケている! と思う「男子力」を4つご紹介させていただきます。

続きを読む
0213-2_i

「震々」ってなんて読む? 水木しげるに学ぶ憑物の世界

「憑物(つきもの)」と聞いて、みなさんはどんなものを思い浮かべますか?

疫病神などといった目に見えないナニカが私たちの日常で悪さをしたり、天気などの自然災害で災いをもたらしたり、不思議な現象にいつのまにか巻き込まれている…と、一言では説明できないような時に思い浮かべられますよね。

この憑物をライフワークとして研究し続けていたのが、『ゲゲゲの鬼太郎』の作者で2015年11月にこの世を去られた妖怪のスペシャリストこと水木しげるさんでした。水木さんは「私はいつも憑物というものが不思議でしょうがない」とも語っていたと言います。では、どんな憑物がこの日本にはいるのでしょうか? オールカラーで141の憑物が紹介されている『愛蔵版 水木しげるの憑物百怪』(水木しげる・著/学研プラス・刊)より、あなたが取り憑かれているかもしれない憑物をご紹介します。

続きを読む
0221_i

気持ちよく仕事をするための3つの「きほん」

松浦弥太郎さんは、元『暮らしの手帖』の編集長。
現在は編集長をバトンタッチし、ウェブメディア「くらしのきほん」を運営されたり、文筆、翻訳など、幅広くご活躍されています。松浦さんの暮らし方、仕事術はとても丁寧で、「あぁ〜私なんかには真似できないな〜」という遠い存在の方に思えていたのですが、『松浦弥太郎の仕事術』(松浦弥太郎・著/朝日新聞出版・刊)を読んでみるととにかくシンプルなことしか書かれていなくて、驚きました。今回はこの中から明日からでも実践できちゃう3つの「きほん」をお伝えします。

続きを読む
0213_i

エジプトだけじゃなく、日本や世界中にもピラミッドがあるってマジ!?

ピラミッドといえば、エジプト! と思っている方も多いと思いますが、実は、世界中にピラミッドがあるってご存じでしたか? ピラミッドは、王様たちのお墓として紀元前3000年前頃が始まりとされています。『ムー的古代遺跡』(並木伸一郎・著/学研プラス・刊)によると、なんと世界だけでなく火星や月面――文明の痕跡があるところに、必ずやピラミッドがあるというのです!「エジプトだけじゃないんだ」と驚いているそこのあなたっ! 神秘の古代遺跡の世界へご案内いたしますぞぉ〜♪

続きを読む
0214_i

一億総ライター時代にあなたはどう表現する?

最近思うんです。
一億総ライター時代」がついに来たなと。

ブログやSNS、電子書籍など誰もが表現者になれる時代になったとイチ読者としては嬉しい反面、私も物書きの端くれとして、ライターってなんだろうか? と自問することも増えました。原稿を書いてお金をもらえればライター? ウェブメディアやブログで記事を書いたらライター? 文章を書ければライター? そんな悩んでいた時に出会った『人とつながる表現教室。』(山田ズーニー・著/河出書房新社・刊)に、心のモヤモヤを解いてもらいたいと思います。

続きを読む
0207_i

あなたは時間貧乏? それとも時間リッチ? 時間を味方にする3つの方法

毎日生きるだけで精一杯…。そんなサラリーマンのみなさん、一番味方につけたいのは誰ですか?

上司ですか? 部下ですか? お金ですか? はたまた、奥さまですか?

私が味方につけたいのは、そう「時間」です! 行きたくもない二次会に付き合わされて、帰宅すれば奥さんから怒られ、翌朝は早朝から予算会議。あぁ考えただけで明日会社には行きたくないですよね。わかります。

今回は、「あぁ〜もう少し自分の時間があればいいのに」と思っているみなさんに『いつも忙しい時間貧乏をやめる 7つの方法』(内藤忍・著/あさ出版・刊)より、時間を味方にする方法を3つセレクトしてお伝えします!

続きを読む