ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

三浦暁子の過去記事一覧

フムフム:雨:画像

雨の日を味方にすると、人生が変わるって知っていましたか?

6月の始めに梅雨入りしたはずなのに、今年はなんだかあまり雨が降らないなと思っていました。
ところが、「カラ梅雨なんじゃないの?」という独り言が空まで聞こえてしまったのでしょうか?
降り始めるや、「こんなに降らなくてもいいんじゃないの?」というほどの豪雨になってしまいました。
「ああ~~!!もう嫌~~!!」と、頭をかきむしる人も多いと思います。
けれども、ちょっと待ってください。
あなたの人生を変える 雨の日の過ごし方』(美野田啓二・著/文響社・刊)には、雨嫌いを克服するための知恵が満載されていますから、それを参考にしてはいかがでしょう。

続きを読む
57501582 - baseball pitcher ready to pitch in an evening baseball game

やっぱりすごい、山本昌!!!

『梶本隆夫物語』という本を書いたことがある。
伝説の野球選手・梶本隆夫と、同じく野球選手だった弟・梶本靖郎の物語だ。
インタビューを始めた時、梶本さんは肺癌で闘病中だった。
余命いくばくもないと知ってか知らずか、「なんでも聞いてください」とおっしゃり、車椅子でインタビューに応じてくださった。

最初は「野球のこと知らないし、私にできるのだろうか」と、不安でいっぱいだったが、すぐに「大丈夫、きっと書ける」と、思うようになった。
梶本兄弟は大変に頭がよく、野球に詳しくない私でも理解できるよう、工夫しながら話をしてくれるからだ。

続きを読む
13413616 - venus de milo sculpture isolated on black background

腹筋が割れている人たちの世界

最近、腹筋が割れているかどうかで、美を競う傾向があるように思います。
かくいう私もダイエットや美しい体を作るジムのコマーシャルを見ては、ため息をついております。
腹筋がないはずがないのですが、厚い脂肪に覆われて、どこにあるやら、なかなかその姿を現してはくれません。
これはいかん・・・。
何とかしなくては、と、思うものの、ビールはおいしいし、食欲はとまらず、仕事は座ってパソコンを叩くばかりの毎日が続いています。

続きを読む
29303553 - slate for cooking recipes, free copy space, cooking concept

小林カツ代は『時短レシピ』の元祖だったのか!

1970年代から30年近く、大活躍を続けた料理研究家がいた。
小林カツ代というヒトだ。
色白でふっくらとした顔に、ちょっとダミ声で語りかけてくる独特の話し方。
彼女の姿がテレビに登場しない日はないほどの売れっ子だった。
しかし、忙しい生活がたったのか、2005年にクモ膜下出血で倒れ、入院生活を余儀なくされ、2014年、とうとう帰らぬ人となった。

続きを読む
42073797 - okunoin temple with graveyard area at koyasan mt. koya in wakayama

日本有数のパワースポット・高野山に魅せられて

平成27年、高野山は開創千二百年を迎えました。
数々のお祝い事が行われ、数多くの信者さんが高野山詣でをしました。
空海、またの名を弘法大師を慕う人々の思いは篤く、真言宗の仏徒であろうと、なかろうと、弘法大師のおわす山・高野山を敬虔な思いで見つめる人のなんと多いことでしょう。
私はローマン・カトリックの家に生まれ、幼児洗礼によって、クリスチャンになりましたが、高野山に対して神秘的な思いを持っていますし、興味もあります。

続きを読む
33741554 - chinese heroes cartoon characters

ややこしい歴史も、まんがで読めばスイスイわかる~

私は大学の専攻に史学科を選びました。
小学生の頃から、歴史物語、とくにNHKの大河ドラマが大好きだったからです。
歴史好きの女性のことを「歴女(レキジョ)」と呼びますが、まだその言葉がなかった頃から、私はすでに「レキジョ」だったといえましょう。
何かというと「人に歴史あり」と呟くので、友達に「辛気臭いな~~。若さがないな~~」と、笑われていました。
けれども、辛気臭くてもよかったのです。
過ぎ去った過去のことを思っているときが一番幸福だったのですから・・・。

続きを読む
フムフム・相撲

涙なしには歌えない、元横綱・朝青龍の二つの歌

5月14日から両国国技館で大相撲5月場所が始まりますね。
取り組みの最中に左肩をいため、出場を危ぶまれる稀勢の里が、果たして本当に出場できるのか?
もし、出場したとしても、優勝争いに加わるまでに怪我が回復しているのか?
話題に事欠かない場所となりそうです。
それにしても、先場所は劇的な場所でしたね。
稀勢の里の怪我、その後の、痛さに顔をしかめながらの強硬出場、そして、見事な 逆転優勝・・・。
夕飯を作りながらテレビを見ていたのですが、結局、ガスを消して見入ってしまいました。

続きを読む
45900994 - beautiful young asian woman with congratulation gesture

3語で中国語ができちゃうの?本当に?

最近、中国に旅行する機会が増えた。
食べ物もおいしいし、見どころ満載だし、ホテル代も安いので、旅行先として楽しい場所だが、困るのが言葉だ。
何とかしようと勉強してはみるものの、結局は挫折の連続だ。
だって、難しいんだもの・・・。
「ピンイン」と呼ばれる発音表記も、一つの音節の中で声が上がったり下がったりする「声調」も、私にはちんぷんかんぷんだ。
仕方がないので、身振りと筆談で乗り切るしかない。

続きを読む
フムフム;京料理

京女が「いけず」しないで教えてくれた「ほんまにおいしい」お店105軒

最近、なんだかんだと用事があって、京都によく行きます。
いつ行っても、京都は「はんなり」していて、いるだけで雅な気分になり、京女でもないのに「ほんまに楽しい」と、言いたくなります。
ただし、困ることもあります。
どこもかしこも混雑していて、食事をしようと思っても、一体、どこへ行ったらよいのかわからないのです。
迷っているうちに、日が暮れて、あわてて帰るということもよくあります。
あぁ、情けないったらありゃしないと、思うのですが、それが私の実態なのですから、仕方がありません。
本当は、ゆったりくつろぎ、京都を楽しみたいのに、ドタバタと通り過ぎるだけ・・・。

続きを読む
39546002 - sharp dressed man wearing jacket and bow tie

ホンモノの恋を知っている男だからこそ、ひれ伏してでも聞きたい恋愛指南

「あのさ、恋愛は読むものじゃなく、するもんなの」と、諭されたことがある。
私がまだ女子高校生だったころの話だ。
寝そべって、恋愛小説を読むのが大好きだった私としては、「余計なお世話。いいじゃん、ほっといてよ」と、言い返さずにはいられなかったが、確かに恋愛は実際にしてこそ意味があるものだろう。
いくら本を読んでも、わかるようになるわけではない。

続きを読む