ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

三浦暁子の過去記事一覧

16578659 - abstract word cloud for convenience with related tags and terms

たかが日用品、されど日用品。小さなモノがあなたの毎日を劇的に変化させる!

「断捨離をして、生活を変えることにした!」と、宣言する人が増えています。
モノが多い生活は、風通しが悪く、生活をよどませるものでしょう。
よくわかってはいるのですが、なかなか実践できません。
私は物持ちがいいのです。ハンカチの何枚かは小学生のときに買ってもらったものですし、フライ返しは夫が下宿するときに買ったものを今も使っています。

続きを読む
23302949 - portrait of a cute 3 monthes baby lying down on a blanket

赤ちゃんに名前をつける時、知っておきたい7つの法則

今から、36年前、赤ん坊を授かったと知った私は、すぐに夫に知らせました。
どんなに喜ぶだろうと楽しみにしていたのですが、彼はひどく狼狽し、「えっ」と絶句した後、「ちょ、ちょっと待ってくれ」と、答えました。
まあ、それも無理もないことでした。
彼はまだ大学院の学生で、父親になる予定も、覚悟も、希望もなかったのです。

続きを読む
50564340 - girls watching a terror movie on tv sitting on a couch at home

たった1度の「こっくりさん」。やらなきゃ良かった「こっくりさん」

「こっくりさん」という占いを知っていますか?
最近はあまり聞かなくなりましたが、私が中学生の頃、放課後になると、どこかの教室に数人の女子が集まっては「こっくりさん」占いをしていました。なぜか女の子が多かったように思います。
私も一度だけやったことがありますが、二度とやるまいと決心する結果に終わりました。
それはそれは恐ろしい体験だったからです。

続きを読む
14746265 - bento, japanese boxed lunch

綺麗なお弁当を手早く作るために必要な5つの法則

私が息子に作ったお弁当は、果たして弁当と呼べるものだったのだろうか?
振り返ってみると、胸が痛む。
私なりに一生懸命、作ったつもりだが、自信はない。
料理は好きだが、お弁当作りは苦手で、時間ばかりかかった。
唯一、自信が持てるのは、息子はただの一度も、「今日のおかずなにかな」と、ワクワクしながら、蓋をあけたことはないということだけだ。
そんなことに自信を持ってどうする?と言われそうだが、本当のことなのだから、仕方がない。
いつも同じおかずだったのだ。

続きを読む
27788605 - giant squid lurking in the depths of a deep, dark ocean

驚くべき深海魚の世界!まさに、ギョギョギョのギョだ。

釣りが得意な従弟が、先日、わざわざ釣った魚を届けてくれた。
アカムツという魚だ。
ひとくち食べて驚いた。ものすごく美味しかったのだ。
「ギョギョギョ!何、これ?こんな美味しい魚食べたことがない」と、言うと、「そりゃあ、そうさ。アカムツはうまいよ。海の深いところに住んでるからな」と、笑う。
深いところ?深海魚ってこと?
深海魚って、あのおっかない顔した魚でしょ?それが美味しいの?

続きを読む
8536504 - buddha figure

如来と菩薩の違い、言えますか?

最近、私の毎日はいつもと違う。いわば非日常だ。
まず、いつも元気で、ものすごいスピードで歩く夫が、ベッドの上から動けない。
3年前に発病した腫瘍が再発し、手術を受けたからだ。
幸い、素晴らしい医師や看護師さんに恵まれ、ぐんぐん元気になっているけれど、夫を「行ってらっしゃい」と見送る私の毎日は一変した。
朝、起きて、ゴミを捨て、洗濯をし、掃除をする。ここまではいつも通りだが、その後、午前中に原稿を書き、家を出て、病院に行き、夜まで帰らない。

続きを読む
3581365 - pretty little princess portrait. white balance corrected

いじめにあったら『小公女』を読もう~~!

「子どもの頃、好きだった本を3冊挙げてください」と聞かれ、迷うことなく『小公女』『秘密の花園』『小公子』と、答えました。
他にも好きな本はありますが、ベスト・スリーと言われると、まずはこの3冊が思い浮かびます。
すると、相手の方は「へぇ~!バーネットの本ばかりですね。趣味がはっきりとしたお子さんだったのですね」と、驚くではありませんか。
今度は私が驚く番でした。
恥ずかしながら、同じ作者の作品だと、気づいていなかったからです。

続きを読む
17347128 - concept of businessman stressed at work

疲れ果てる前に知っておきたい「つながりワーク」

あ~~~ぁ、疲れた。
深いため息と共に、この台詞を吐き出す人のなんと多いことだろう。
私もその一人で、なんだか本当にくたびれる。
コリコリの肩に漬物石がのっているようだ。
何とかならないものだろうかと思いつつ、とりあえずは毎日をやり過ごしている。
もっとも、それでどうにか日常が回っているのだから、まだましな方なのだろう。

続きを読む
フムフム;モンゴル;メイン

世界一素晴らしい女性は、フビライ・ハンの嫁!?

うちの夫には憧れの女性が多く、突如として「**さんてさ~~」と、そのヒトの美しさについて、とめどなく語り始めます。
慣れっこなので、あまりまじめに聞いていないのですが、「暁子、おまえソルカクタニかチャブイになれ。世界一、素晴らしい女性だよ」と、言われたときは、さすがの私も「ソルカクタニ?チャブイ?誰?それ?意味不明~~」となりました。

続きを読む
45089512 - scary portrait of a pale japanese woman. halloween and horror

愛しているからこそ、うらめしい

数年前のある朝、突如、ウエストのところに、感じたことがないようなヒリヒリ感を覚え、飛び起きました。
まずしたのは、殺虫剤を探すことでした。
ムカデに刺されたと思ったのです。
私が住んでいるマンションは、山の中腹にあるためか、しょっちゅうムカデが家に入りこんでしまうのです。
常備している虫刺されの軟膏を塗ったものの、痛みは増すばかり・・・。
しばらくすると、電極が差し込まれたようにチリチリして、耐えられないほどになりました。

続きを読む