ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

三浦一紀の過去記事一覧

11050463 - fed up of housework

そうか、片付けとダイエットは同じことだったのか!

片付けが苦手、という人は多いかもしれない。僕もそうだ。

部屋の床にはいつもモノが溢れかえっている。買ってきたものを袋のまま放り出しておくのは当たり前。ペットボトルのゴミなども大量にある。

仕事机の上には、CDや本が高く積まれており、たまに雪崩を起こす。必要なものを探そうと思っても、なかなか見当たらないこともしばしばだ。

続きを読む
51528631_M200

5分で作れる簡単副菜でいつもの食事をちょっと華やかに

僕は料理があまり得意ではない。
材料を切る、それを焼くか煮るくらいしかできない。

そのため、自炊するときの食事は、たいていカレーやシチュー、野菜と豆をたくさんいれたスープのようなものか、豚肉の生姜焼きやベーコンエッグ、よくて市販の素を使った麻婆豆腐くらい。あとはチャーハンやパスタ、ラーメンといったところに落ち着く。

続きを読む
8528708 - various alien and space cartoons - vector illustration.

火星人はちょっとした誤解から生まれた

みなさんは、宇宙人がいると信じているだろうか。

僕は、子供の頃から宇宙人はいると思っている。いい大人が何を馬鹿なことを、と思われるかもしれないが、可能性はゼロではない。よって、いる可能性はあるわけだ。

続きを読む
42826817 - keich koban

貧乏人の味方“鼠小僧”は江戸庶民が作ったファンタジーだった

鼠小僧次郎吉という名前、一度は聞いたことがあるのではないか。
江戸時代に実在した大泥棒だ。

一般的には義賊として知られている。武家屋敷だけを狙い、音もなく屋根から侵入し金銭だけを盗み、決して人に手をかけない。そして、盗んだ金銭を貧乏人の家に投げ込むという、まさに庶民のヒーローだ。

続きを読む
DSCF0006-200

三脚担いで夜景撮影に行こう

写真撮影のジャンルのひとつに「夜景」がある。いわゆる夜の撮影だ。

僕は、仕事でカメラの新製品レビューなどをすることがあるが、そのときに作例として夜景を撮影することもある。

続きを読む
44008609_M200

「でも」「しかし」は使わないほうがいい? 代わりに「だからこそ」を使おう

会話というものは難しい。
相手の意見をただ聞いているだけなら簡単だが、お互いが意見を交わすとなると、どうしても相手の言葉を否定するということは避けられない。

しかし、否定ばかりしていてはなかなか話が前に進まないことも。お互いがお互いを否定しはじめたら、終わることのない議論に陥ってしまう。

続きを読む
52913817 - avocado. organic avocados with leaves on a wooden table

栄養価が高い果物「アボカド」は焼いても生でもおいしい

最近、野菜不足を痛感している。
別に野菜が嫌いなわけではないのだが、調理するのが面倒くさいという理由と、おなかいっぱい食べたいという理由から、肉や炭水化物ばかり食べてしまう。

おかげで、最近吹き出物がすごいことに。やはり野菜を食べないとなんとなく調子が悪い。

続きを読む
main_640-200

雲の種類と名前、知っていますか?

梅雨が開けて、夏本番を迎えた。

夏になると、空に浮かぶ雲を撮影することが多い。スカッと晴れた空に浮かぶ雲がおもしろいのだ。

これまで割と雲を撮影してきたが、実は雲についてはあまりよく知らない。
そこで、『空の図鑑 雲と空の光の観察ガイド』(村井昭夫・著/学研プラス・刊)で、僕が撮影した雲はどんな種類でどんな名前がついているのか、探してみたいと思う。

続きを読む