ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

平 格彦の過去記事一覧

14563098_M_square

織田信長は生き延びて海を渡った!?

キャラクターが多彩な戦国武将の中においても、織田信長の人気は群を抜いている。「歴史上の人物で好きなのは誰?」という質問は、歴史に興味がある者同士では避けられないものだが、信長は武将の枠を越え、さまざまなランキングで1位を獲得しているのだ。

続きを読む
21393218_M_ss

とりあえず “模擬起業” で楽しく倒産してみれば?

もしも少しでも起業に興味があるなら、まずは『模擬起業』を読んでみてはいかがだろうか。この本はその名の通り、起業がシミュレーションできる。と言ってもそんなに詳細は内容ではないが、分岐点の決断によって未来が変わっていくという流れが楽しく体感できるはずだ。なぜなら、この本の構成が“ゲームブック”に似ているから。

続きを読む
14944122_M のコピー

時の洗礼を受けていない回答でもおもしろいものはおもしろい

村上さんのところ」というサイトが密かに賑わっている。作家の村上春樹が、読者から寄せられた質問や相談に公開で返事を書くという期間限定サイトだ。オープンしたのは1月15日。約2週間後の1月31日までに3万通以上の質問や相談が集まった。予想を遥かに上回る数ということで、質問や相談の受け付けはすでに終了している。サイトも3月末くらいでクローズする予定だったが、返答し切れていないということで5月上旬まで延長することになった。どの数字をとっても村上春樹の人気の高さを物語っている。

続きを読む
19730560_M のコピー

r>g で格差が拡大すると言うけど、それの何が問題なの?

ビジネス界や経済界、出版業界などで最近かなり話題に上っているので、“ピケティ” という名前を聞いたことはあるだろう。では、何をした人なのか。それを答えられる人はそう多くないはずだ。ただし、ご安心を。『一番やさしい ピケティ「超」入門』さえ読めば、彼の主張がよくわかる。

続きを読む
00

その仕事、(恋愛も) ゲーム化して楽しまない?

仕事が楽しくないから、ゲームでストレスを発散。そんな人ってけっこう多いのでは? その状況を解決する最適解は、我慢や忍耐ではなく、”ゲーミフィケーション” かもしれない。

では “ゲーミフィケーション” とは何なのか。それを解説した一冊が、『ウォートン・スクール ゲーミフィケーション集中講義』だ。ペンシルバニア大学ウォートン・スクールは、日本においての知名度はハーバードやスタンフォードに劣るが、高等教育機関としては最古のビジネススクールとして名高い。アメリカの『ビジネスウィーク』誌による大学ランキングでは10年、イギリスの『フィナンシャル・タイムズ』紙では9年連続で1位に輝くほど高い評価を獲得している。

続きを読む
34930760_M のコピー

この仕事は本当にやるべきことなのか

時間に追われて慌ただしく、できることすべてに手を出し、何とか根性で乗り切っていく…。そんな日常に満足し続けることは難しいはずだ。やり方を変えたいと思っているなら、『エッセンシャル思考』という一冊がイチ押し。サブタイトルは、“最小の時間で成果を最大にする” だ。経済学で提唱され多様な現象にも当てはまるとされる ”パレートの法則” (参考:『新版 人生を変える80対20の法則』) や、経営戦略における ”選択と集中” (参考:『選択と集中 意思決定マニュアル』) などに近い ”エッセンシャル思考” が詳しく解説されている。

続きを読む
00

時代を超越するパリジェンヌ流から学ぶ

最近は密かに ”フランス流” や ”パリ流” を紹介した本が流行っている。ここ数ヶ月だけでも、『パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ』や『おしゃれキャット・マリーのパリジェンヌ入門』、『フランス人は10着しか服を持たない』や『パリジェンヌの作り方』、『パリジェンヌのスタイルある暮らし』など、多数の本が発売されている。そんなカテゴリー(?)の走りとも言えるシリーズの一冊が、『シンプル・シックなパリジェンヌ流おしゃれレシピ』。イラストとエッセイで、パリジェンヌ流の着こなしをわかりやすく紹介している。

続きを読む
0:18446578_M

足元を固めずに、お洒落を気取るな!!

“お洒落は足元から”という常套句を持ち出すまでもなく、お洒落において足元は重要なポイントだ。そう言われても、何が重要なのか、何を学ぶべきかがわからない人も多いだろう。でも、慌てることはない。『THE SHOES』さえ読めば良いのだから。ビジネス用からパーティ用まで革靴の選び方を凝縮。薀蓄も網羅した一冊で、これさえ読めば革靴に関するおおよその基本は会得できる。

続きを読む
99:27688545_M

“結ぶ” を極めれば、縁結びにもつながる!?

1日に何回くらい“結ぶ”という行為をしているか、考えたことはあるだろうか?  意識したことのない人がほとんどに違いない。私の場合も、“結ぶ”ことを改めて認識したのは『ただしいむすび方86』という本に出会ったからだ。メンズファッションにおけるアイテムの結び方を網羅し、イラスト付きで丁寧に解説した一冊である。

続きを読む