ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

学研BookBeyond店長 酒井の過去記事一覧

9802666_200

親をまもる準備、できてますか?

毎年、休暇を使って田舎に帰るたびに、オヤジもカアちゃんも白髪がますます増えたなーと思う。気づけば自分も30歳半ば。だから当然といえば当然なのだが。厳格なオヤジも、いつも心配してくれたカアちゃんも、いつか、二人とも本格的におじいちゃんおばあちゃんになっていく日がやってくる。
そして、本格的に介護が必要になったら、いったいどうすればいいのだろう?

続きを読む
12195857_200

人身事故!!都市伝説!?アングラな鉄道業界のひみつ

列車にまつわるこんな噂をご存知だろうか。

それは2005年4月25日、午前9時過ぎに発生したJR福知山線の事故でのこと。
快速列車がオーバースピードのままカーブに進入し、曲がり切れず、先頭車両が左側に転倒するように脱線。線路脇のマンションに激突し、死者数107名、負傷者562名を出す歴史的大惨事となった。

この事故の直前に、列車に乗ろうとした乗客が「乗ってはいけない」と見知らぬ老婆に引き止められたというのだ。その後、ホームで事故のアナウンスを聞いて振り返ると、すでに老婆の姿は消えていたという。

続きを読む
17955073_200

危険な人物を事前に察知する方法

日本は安全な国だ。過激派組織もなければ、夜中でも一人で外を歩くことができる。
日本が世界と比較してどれだけ安全かを計測する「世界平和度指数」という指標がある。
これはイギリスのエコノミスト紙が、暴動の可能性や殺人件数など24項目にわたって162カ国を対象に分析し、各国や地域がどれくらい平和かを相対的に数値化したものだ。それによると、2014年のランキングでは日本は8位にランクインしている。しかし、それでも連日メディアが流すニュースには日本国内での犯罪や事件の報道が絶えない。しかも、世間を騒がせる兇悪犯罪を思い返してみると、被害者のすぐそばにいる人が犯人だったというケースが少なくない。

続きを読む
21350339_200

16連射でスイカ割り!?高橋名人の連射を鍛える特訓法とは!!

1983年、当時の子どもたちの遊びに革命を起こしたおもちゃがある。そう、任天堂から発売されたファミリーコンピューター、通称ファミコンだ。

それまで筆者は、寒くても暑くても、外で元気に野球をする国民的野球少年カツオくんのような生活を送っていたが、ファミコンがウチに来てからというもの、一緒に野球をしていた友達が我が家に集まりピコピコ音を家中に響かせるようになった。多い時には10人以上、なかには誰もいない我が家に入って勝手にファミコンをして帰っていくツワモノもいた(思えば大らかな時代でした)。

続きを読む
30640434_200

誰でもできる!?マイク片手に年収1,000万を得る方法。

年収1,000万欲しい……。これだけ年収があれば奥さんももう少し優しくしてくれるのに……。などという私事はさておき、先行きが不安なこんな時代に、少しでも収入が多いことに越したことはないだろう。国税庁の統計調査によると、年収が1,000万円を超える人口の割合は給与所得者の中で3.8%ほど。これほどの年収を得られるのは極めて少数と言ってよいだろう。
では、年収1,000万円を得るにはいったいどんな仕事があるのだろうか。

続きを読む
14131482_200

門外不出!? 剣道の奥義を得る方法。

野球やテニスなど、多くのスポーツ選手たちは試合に挑み、勝利した喜びをガッツポーズで表現する。その姿は、感動を呼び大きくメディアに取り上げられ、たくさんの人々から喝采や賞賛を受けることができる。しかし、このガッツポーズが禁じられている競技があることをご存知だろうか?

それは、剣道だ。

続きを読む