ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

忌川タツヤの過去記事一覧

buddha-nehan-200

正しい努力とは何か? 初期仏教から学ぶ「4つの正精進」

頑張る(がんばる)という言葉を、どのような意味で使っていますか?
「努力する」「成果を上げる」「あきらめない」など、意味はさまざまです。

わたしたちは、何を頑張ればいいのでしょうか?
どれくらい頑張れば、努力が報われるのでしょうか?

仏教における「精進(しょうじん)」という考え方は、「何を頑張ればいいのか?」についてシンプルな答えを用意しています。

続きを読む
kutyo-jintai-200

「空腸」を知っていますか? 人体の仕組みをマンガで学ぶ

おなじ人体構造のはずなのに、特定の病気を患う人とそうでない人がいます。
たとえば、便秘で苦しむ人がいるように。

わたしは、3日に1度しか大便が出ません。
しかも、全部出しきるまえに便意が終わってしまいます。つらいです。

残便感でお尻がムズムズするときには、「誰か、カラダの中に入って残りの大便を押し出してくれよ!」と叫びたくなります。

続きを読む
arthir-seitai-200

自虐、格付け、腐女子趣味。30代女性の生態について

女性が語る自虐ネタが好きです。
オアシズ光浦靖子さんやハリセンボン近藤春菜さんなどの女芸人が語るエピソードトークには、何度も笑わされました。

女芸人だけでなく、女性作家の実体験を活かした自虐マンガにも、興味ぶかい良作が多いです。

今回は、恋するアラサー女性たちの生態を描いたコミック『おモテなし・アンド・ザ・シティ 1』(加藤のりこ・著/学研プラス・刊)を紹介します。

続きを読む
zonbie-run-200

人生で、生きる屍(しかばね)にならないための3つの心構え

徹底していないことを指して「ぬるい」と表現します。
向上心をもたずに現状に甘んじることを「ぬるま湯に浸かる」とも言います。

現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない。』(千田琢哉・著/学研プラス・刊)という本があります。

著者の千田さんは、「自分と同等以下の人間たちと楽しそうに群がっている状態」を「ぬるま湯」と定義しています。
ぬるま湯のような毎日を過ごしていると、やがて生きる屍(しかばね)に成り下がってしまうのです。

続きを読む
instant-ramen-arrange-200

インスタントラーメンが激ウマになる3つのアレンジ

インスタントラーメンが好きです。
カップ麺や袋ラーメンの新商品を見かけたら、とりあえず買います。

でも、わたしには悪いクセがあります。
5食パックの袋ラーメンを買っても、1~2回ほど食べたら飽きてしまうのです。

独り身における「袋ラーメンを消費しきれない問題」を解決できる本がありました。
インスタントラーメン 瀬尾幸子さんの勝手にアレンジBOOK』(瀬尾幸子・著/学研プラス・刊)というレシピブックです。

さっそく、我が家で余っていた袋ラーメンを使って、掲載されているレシピをいくつか試してみました。

続きを読む
taikin-hirou-200

「大金を拾う」という妄想を楽しもう!

人生に行き詰まると、ありえない妄想を思い浮かべて現実逃避したくなります。

わたしが好きな妄想は「大金を拾う」というシチュエーションです。
エッチな妄想よりも、むしろ「1億円を拾う」という妄想のほうが興奮します。

ただし、1億円入りのジュラルミンケースを拾うのは現実感に欠けるので……。
わたしは「誰かが落とした札束を見つける」という状況をよく思い浮かべます。

続きを読む
trick-ueda-love-200

ドラマ『TRICK』恋愛考察。上田が奈緒子を好きなことは全部まるっとお見通しだ!

結論から申しますと、上田次郎は山田奈緒子のことを愛しています。

上田と山田は、テレビドラマシリーズ『TRICK』の登場人物です。
ふたりがお互いのことを憎からず想っているのは、『TRICK』のテレビ版や劇場版を観た人ならばご存じでしょう。

あのふたりは素直になれないだけで、ほとんど「両想い」みたいなものです。
わたしが観察したところによる「両想いの比率」は、上田次郎:7に対して山田奈緒子:3という印象です。

次郎のほうが奈緒子にベタ惚れなのです。
それを裏付けるエビデンス(証拠)があるので、紹介します。

続きを読む
cooking-papa-200

平凡なパパから「クッキングパパ」に昇格するためには?

漫画の『クッキングパパ』に憧れます。
あれだけマメな性格で料理上手ならば、妻からは感謝されて(少なくとも基本的人権は認めてもらえて)、子どもたちが思春期や反抗期を迎えたときでも慕い続けてくれる(少なくとも無視されることはない)はずです。

理想のクッキングパパに近づくためには、料理の基本を覚える必要があります。

料理をはじめるのに年齢は関係ありません。
60代後半の男性が料理にチャレンジしている『亀渕昭信×土井善晴 男の料理入門塾』(亀渕昭信・著 土井善晴・著/学研プラス・刊)が役に立つはずです。

続きを読む
kodoku-date-200

孤独なときは「自分とのデート」を楽しめばいい。シンプルに生きる4つのコツ

「シンプル・イズ・ベスト」という格言があります。
シンプル(Simple)は、「簡単」「単純」「質素」という意味です。

簡単は良い? 単純は良い? 質素は良い?
具体的に「シンプル・イズ・ベスト」とは、どのような状態を指すのでしょうか?

シンプルな人は、うまくいく。』(中谷彰宏・著/学研プラス・刊)は、「疲れなくなる63の方法」と題して、シンプルであることの効用を解説しています。

続きを読む
falling-down-movie-200

真夏に観たい映画『フォーリング・ダウン』に出てくる銃のギモン

連休や里帰りで遠くへ出かけたとき、思わぬ道路渋滞にハマってしまい、クルマを乗り捨てて帰りたいと思ったことはありませんか?

映画『フォーリング・ダウン』は、渋滞にガマンできなくなった男がクルマを乗り捨てたあと、世の中に対する怒りを抑えきれず、バズーカ砲やマシンガンを乱射して大暴れするという、異色のエンターテインメント作品です。

続きを読む