ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

忌川タツヤの過去記事一覧

idea-3sen-600

「欲しい」「便利だ」と思わせるアイデア3選

『エスキモーに氷を売る』や『100円のコーラを1000円で売る方法』というタイトルの本が、話題になったことがあります。
難問の答えを知りたいので、つい読んでみたくなります。

商品を「便利だ」「欲しい」「買いたい」と思わせるには、ちょっとした工夫やアイデアが必要です。
たとえば「満腹の人でも食べたくなるカレーライス」というものが実在します。
どんな方法で作られたものか、あなたは答えることができますか?

続きを読む
stamina-oakzu-200

「焼肉のたれ」と「めんつゆ」が決め手のかんたんスタミナレシピ

多賀正子さんは家庭料理研究家ですが、三男一女のお母さんでもあります。
多賀家は「かなりの肉食」で、ニンニクとショウガを毎日たっぷり使うそうです。

ニンニクとショウガは、カラダに良いことがよく知られています。
しかし、ニオイやクセが強いので、あつかいが難しい食材でもあります。

スタミナおかず』(多賀正子・著/主婦の友社・刊)は、ニンニク&ショウガをたっぷり使った70種類以上の家庭料理レシピを掲載しています。
実際に作ってみてもおいしかったので、紹介したいと思います。

続きを読む
lanchesterlow-200

弱者が勝つためのロジック「ランチェスター戦略」

ビジネスは競争です。強いものが勝ち残ります。
勝利した強者は、敗北した弱者よりも多くの利益を得ることができます。
つまり「強者・弱者とは何か」を理解している者が、ビジネスで成功できるのです。

ビジネス理論のひとつに「1位以外は全員弱者である」という考え方があります。

ビジネス実戦マンガ ランチェスター戦略』(福永雅文・著 神崎真理子・絵/PHP研究所・刊)を参考にして、弱者でも勝つための理論を学んでみませんか?

続きを読む
yamabushi-200

「サラリーマン山伏」という生き方

同僚、部下、上司、得意先の人柄を、どれくらい知っていますか?

あなたが勝手に「凡人」と決めつけているだけで、プライベートでは、あなたが考えたこともないような「ユニークな生き方」の実践者かもしれません。

ウチのダンナはサラリーマン山伏』(はじめ・著/実業之日本社・刊)を読むと、つくづく「凡人」というレッテルは主観的な決めつけにすぎないと感じます。

続きを読む
okane-fueru-200

お金が増えるパワーワード「だから何?」

お金は増やせるものです。
ただし、せっかく増やしても、お金の扱いかたを知らなければ、たちまち消えていきます。

お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』(午堂登紀雄・著/学研プラス・刊) は、「サラリーマンの平均年収の10倍」を稼ぐ著者が、お金にまつわる43の考えかたを紹介しています。

続きを読む
holeinone-200

超一流の人間は「ホールインワン」を本心では喜ばない

ゴルフは、野球やサッカーよりも敷居が高いイメージがあります。

なにも説明を受けていない子どもが、ゴルフ大会のテレビ中継を観たとしても、面白さを理解するのは難しいでしょう。

しかし、面白くて奥が深いスポーツであるからこそ、一流のビジネスパーソンたちは休日返上でゴルフに熱中するのです。

続きを読む
long-ice-200

ずっと売れ続けるアイスと缶コーヒーの秘密

森永乳業のアイス「Pino(ピノ)」は、ロングセラー商品です。2016年で40周年を迎えました。

「ピノ」が発売されたのは、1976年です。
「徹子の部屋」の放送がはじまった年であり、アメリカでは、スティーブ・ジョブズが「アップルコンピューター」を創業しています。

現在でも「ピノ」は、年間11億粒も売れているそうです。
ながく売れ続ける商品には、どのような秘密が隠されているのでしょうか。

続きを読む
haijo-shakai-200

日本人を不幸にする「排除型経営」

いま日本は、「包摂型社会」から「排除型社会」へと変化しています。
この問題における「包摂(ほうせつ)」とは、「人並みに生きることを認める」という意味です。

たとえば労働者として、企業に包摂されている人たちは「正社員」と呼ばれます。
昇給や賞与や福利厚生を受けられる立場です。

その一方で「非正規社員」に区分される人たちは、企業に「包摂」を拒まれています。
おなじ職場で働く身でありながら、非正規社員は、正社員のような優遇を受けることができません。

いわば「仲間はずれ」です。このような「排除」が日本では当たり前になっています。

続きを読む
presentation-guide-200

プレゼンテーションの主役は「プレゼンター」にあらず。多くの人が勘ちがいしている

スティーブ・ジョブズに学んで、プレゼンテーションは上達しましたか?
たいていは猿マネで終わっています。

ジョブズのモノマネをして、なにかを説明しながら、会議室やステージ上をうろちょろ歩きまわるのはやめてほしいものです。

プレゼンがうまくなりたければ、ジョブズよりも日本のバスガイドに学びましょう
老若男女を相手にして、わかりやすく説明をしてみせる達人だからです。

続きを読む
47145282 - stars and stripes

現実化する予測レポート『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』

不動産王のドナルド・トランプ氏が、第45代アメリカ合衆国大統領に就任してから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。

トランプ大統領の「ひんしゅくをいとわない人柄」ならびに「政治経験なし」という人物的背景のせいで予測困難とも言われるなか、日本有数のドナルド・トランプ評論家が「10項目の予測レポート」を発表しました。

続きを読む