ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

水谷 花楓の過去記事一覧

27274938 - cute lady over full moon background

もうすぐスーパームーン&ブルームーン!月の仕組みをおさらいしよう。

月には、人を惹きつける何かがある。

ここ数年、「スーパームーン」や「ブルームーン」というワードがSNSを賑わせている。ブルームーンは、1カ月の間に満月が二度起こること。スーパームーンは、月が地球にもっとも近づくとき、つまり月が普段よりも大きく見えるときをあらわすそうだが、天文学的な用語ではないので、ハッキリした定義はないとのこと。ただ、地球と月の距離から日程を算出している専門家は多く、ちょっとネットで検索をかけると次のスーパームーンがいつかがわかる。

続きを読む
71185646 - woman near the refrigerator

「冷蔵庫にある物でサッと料理できる人」になりたい。

今も昔も、「冷蔵庫にある物で、ササッと何か作れる」というのは、料理上手の条件のひとつであろう。女性はもちろん、男性でこれができたら、もう間違いなくモテる。

「この料理を作るために必要な材料を揃えて作る」ならば、極端な話、小学生にだってできる。もちろん、レシピ本を片手にだ。
一方で、「冷蔵庫を開けたら、◯◯と◯◯、あと白米しかないから……だったら、◯◯を作ろう!」と頭の中でパパッと献立を考えて、サッと料理を完成させるためには、ある程度の料理経験がなくてはできない。料理のセンスも必要だ。

そしてもうひとつ、普段買い物をどうやってしているか、ここがキモだと思うのだ。

続きを読む
eye

評価が上がる!飛躍できる!恥をかく前に知っておきたい社会人ルール8

私が某企業に入社したとき、最初の新人研修に「マナー研修」の時間が設けられていた。初めて社会に出た右も左も分からない若造に、社会人としてのいろはを教えてくれた、ありがたい時間だった。

その後、営業職に配属された私は、マナー研修で学んだ「上座・下座」の配置や挨拶の仕方、敬語の基礎が実際に役立ち、何度も感謝した記憶がある。

しかしながら、それだけでは足りないということも、社会人生活の中で身を持って経験した。

続きを読む
48454509 - picture of new room with vintage wood chair

ズボラでも大丈夫!今すぐお部屋をスッキリさせるコツ

「うちって、荷物の量多いですか?」
この春、結婚以来4回目の引っ越しを終えたわが家だが、毎度引っ越し業者の人にこの質問をしてしまう。
「いえ、普通ですよ! みなさんこれくらいですよ」と言われ続けてきたが、あれは本音だろうか、もしくは営業トークなのだろうか。

続きを読む
44098315 - young woman has a good idea

今日から仕事が楽しくなる!デキる奴になれる!魔法の「真逆の発想」とは?

会社勤めをしていた頃、私は残業が日常茶飯事な社員だった。
職業柄、取引先と連絡が取りやすいのが夜だったし、社内でタッグを組んでいた部署も夜型だったし、日中は出先に行っていることが多いため、企画書作成やら、翌日の打ち合わせの準備やら……なんだかんだと、「いつも遅くまでいる人」になっていた。

一転、現在はフリーランス。
時間が自由に使えると思われがちだが、主婦業や母親業にかなりの時間を割かれる。効率よく作業をし、短時間でパフォーマンスを上げなくてはならない。つまり、仕事を速くできるようにならなくてはいけない。さて、一体どうしたらいいだろうか?

続きを読む
eye

タダより高い物はない?広告は善か悪か。

「ママ、Eテレの番組ってCMがないねー。なんで?」

6歳の長男からこんな質問を受けた。
お!いい質問ですね!などと感心しながら、民放とNHKの仕組みの違いをざっくりと説明。
「そういえば、YouTubeを見るときも、CMが出てくるのとすぐに見られるのがあるよね」と話は続いた。子どもながらにも、CMに興味を持つものなのだな。

それくらい、私たちの毎日の中で、広告は欠かせない存在となっている。朝から晩まで、何かしらの広告に触れていると言っても過言ではない。とりわけ、インターネットを使った広告は、ここ数年で遙かなる進化を遂げている。

続きを読む
eye

「また会いたい」と思われる人になろう。究極の気配りテクニック5選

先日、ある仕事で女性誌の編集部に電話をかける機会があった。
全部で35媒体。そもそも女性編集部というと、どうしてもドラマ「ファーストクラス」のようなイメージが拭いきれず、「ちょっと怖い」というステレオタイプがあった。少し震える手で、ほぼ同じ時間帯、同じ要件で電話をかけ続けたのだが、こうも違うものか!と驚くほど電話の応対が違った。

続きを読む
28252157 - couple of actors

バイプレーヤーに注目すると、物語はもっと面白い。

いろいろなドラマや映画を見ていると、「あ、この人、ここにも居た!」という俳優がいる。
なかには「同じクールのドラマなのに、あっちでもこっちでも出てる!」というケースも少なくなく、もはや主役より忙しいのではと心配になるほど。いわゆる脇役、バイプレーヤーと言われる人たちだ。

続きを読む
15059106 - happy young blond boy opening a gift box

一番大切な”宝物”は、すぐそばにあったんだ。

「本をたくさん読むといいよ」と大人は言うけれど、どうして「いい」のかまで教えてくれる大人は少なかった。
私自身、読書好きな母の影響で昔から本を読むことが好きだ。読書にどんなメリットがあるかなんて考えたこともなかったが、最近とみに思う。漢字や言葉の使い方、表現法を学べるし、たくさんの知識を得ることができるのはもちろんだが、何より、”疑似体験ができる”ことが大きな魅力ではないだろうか。

続きを読む