ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

水谷 花楓の過去記事一覧

aikyatti

「なぜか人生うまくいく人」になる方法3つ!

「なぜかわからないけど、あなたのことが好き」

この「なぜかわからないけど」という感覚って大事だと思う。
「わからないじゃなくて、言葉で説明してよ!」と詰め寄る女性(もちろん男性も)もいるだろうが、言葉では表せないけれど、溢れ出る想いがあるということなのだから。そしてその裏には、ちゃんとした理由があるのだ。ただ、本人がその理由に気づいていない、もしくはうまく説明できないだけなのだろう。

続きを読む
42933246 - homemade oatmeal raisin cookies ready to eat

あなたにとって「懐かしの手作りおやつ」ってなんですか?

「わが家の味」を作りたいと、母になってから常々思っている。

最近ようやく、「ママの料理で一番は餃子!」と子どもたちが言ってくれるようになった。お店で餃子を頼んでも、ママの餃子の方がずっとおいしいと言ってくれる。きっと大人になってからも、私が作る餃子が「わが家の味」として、子どもたちの記憶に残っていってくれるだろう。まあ、ここまでくるのに、6年かかったけれど。
さて、次に作りたいのは「わが家の定番おやつ」だ。

続きを読む
10521264 - young woman finds peace and pleasure in nature

忙しい人に送る「9分間のリフレッシュ法」

なんだか毎日忙しい。
元来、仕事でも遊びでもスケジュールを詰め込み過ぎる傾向にあるが、最近は特に休まる暇がない。客観的に見たら無駄な時間も多いのだろうが、常に時間に追われて過ごしている気がする。
さらに言うと、質の良い睡眠も長らく取れていないと思う。まだ末っ子は夜間授乳をしているので、泣いたらすぐに飛び起きて授乳という細切れ睡眠の毎日。幸い今のところ体調に問題はないが、歳も歳だし、いずれは不調が表れてくるに違いない。もう少し、自分の体を労らなければ。

続きを読む
67418638 - japanese food, boiled and seasoned japanese white radish

仕事後でもレジャー帰りでも!15分でできるおかずレシピ

わが家には3人の子どもがいる。
6歳・3歳・1歳。この春から小学校、保育園に入り、帰宅すると同時に「お腹空いた~!」の大合唱。
とりあえず……とフルーツやパンをあげてしまうと、やはり夕飯に響く。肝心のご飯をしっかり食べてくれないのは困るので、「ママ~ママ~!」と足元にまとわりついてくる末っ子の相手をしつつ、できるだけ早く夕飯を完成させること、これが毎日のミッションだ。

続きを読む
45900977 - side view young smiling  woman with clean face

道具不要!場所不問!”こぶし”ひとつで小顔になれる!

小顔になりたい
写真を撮るときは、「少しでも顔が小さく写るように」これだけが気になって仕方ない。
人よりも少し後ろに下がる。頬の肉をほんの少し噛む。鏡の前では、顔が小さく見えるような笑顔の練習。

だが、子どもたちの卒園・入学に際して、親の私もたくさんカメラに収まる機会があり、出来上がった写真を見て、顔の大きさ、むくみ、たるみに愕然。
やはり根本から努力して改善しないとダメだなと気づいた、2017年春。
とはいえ、特別な道具を使うケアは、スボラな私には向いていない。
現に、ドレッサーの引き出しには、2日で出番がなくなった美顔ローラー、袋から開けてもいないマッサージの道具などがゴロゴロと眠っている。

続きを読む
32003551 - portrait of a mother with her 3 monthes old baby, top view point

1日3分優しく触れれば、一生分の愛が深まる。

仕事先の知人と飲みながら将来の夢を語っていたときのこと。
「今の仕事を辞めて、ベビーマッサージの資格をとりたいんだ」と彼女は口にした。
そのとき初めて、私は「ベビーマッサージ」という存在を知った。
赤ちゃんをマッサージする? 大人じゃなくて? そんなこと、必要なの?とまだ独身で子どももいなかった当時の私は、少々疑問に思ったものだ。

あれから10数年。私にも3人子どもができた。そして今ならわかる、ベビーマッサージの大切さが。いや、もっと言えば「触れる」ことの大切さが。

続きを読む
42251945 - father and daughter sleeping in bed

ロジャーのリベンジなるか!?『ねんねこコトラ』で寝かしつけを実践してみた。

昨年、『おやすみ、ロジャー』という本が大ヒットした。「読むだけで子どもがすぐ眠る、科学的効果が実証済みのまったく新しい絵本」という触れ込みで、なかなか寝てくれない子どもに読み聞かせると、ものの10分で眠りについた!と大絶賛されていた寝かしつけ絵本である。
実は私も、知り合いから『おやすみ、ロジャー』を頂いたので、実践してみた。わが家の長男は、夜眠るのを極端に嫌がる。できればずっと起きていたいと思っている。彼をすんなり眠りに誘うことが、目下のところ最大のミッションなのである。ところが、結果的には大失敗。

続きを読む
11527564 - a woman like a princess in an vintage dress before the magic castle

童話に出てくるお姫様は美人ばかりな件。

最近、3歳の娘は「お姫様ブーム」まっただ中だ。
図書館に行けば、借りたいと持ってくるのは「お姫様」の絵本ばかり。
お姫様みたいなヒラヒラふわふわのドレスを欲しがるし、一緒にやってとせがんでくる「つかまえたごっこ」は、お姫様(娘)を悪者(私)がさらっていき、正義の味方(息子)が助けにくる……という毎回お決まりのストーリー。マリオの中で好きなのは、もちろんピーチ姫。感心するほどブレがない。

続きを読む
aikyatti

もう口うるさく「片付けなさい!」なんて言わないよ絶対。

年々増えていく子どもの物たち。
気づけば、常に床にはおもちゃ類が転がっている。
口を開けば「片付けなさい!」の毎日だ。

子どもが自分で片付けできるような環境を、とはいつも思っている。実際、おもちゃ箱の整理整頓、要る物と要らない物の分類は、幾度となくやってきた。それでも、またすぐに元通りの混沌状態。しっかり種類別に分けたはずなのに、いつのまにか中身がぐちゃぐちゃに。何がいけないんだろう?

続きを読む