ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

釣りガールが気にする野外トイレと紫外線対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

山ガールが増えているらしい。海のほうが好きならば「釣りガール」という選択肢もある。釣り竿のほかに何を用意すればいいのか。魚を釣ろうというのだから2時間や3時間で帰るわけにはいかない。もよおしたときのことを考えておく必要がある。

初心者にオススメの釣り公園には必ずトイレが設置されている。釣り人に開放されている漁港や砂浜ならば、近くに公衆トイレがある。ただし場所によっては公衆トイレまでの距離が遠く、磯釣りなどでは「野ション」をすることもあるらしい。

趣味として魚釣りをはじめたくても、女性にとって「野ション」はハードルが高すぎる。でも、心配ご無用。おなじ女性の漫画家が描いた『おかずがなければ魚を釣ればいいじゃない』(森越ハム・著/イースト・プレス・刊)を読めば、野ション対策をはじめとした釣りガールのための入門知識を学ぶことができる。

釣りガールのトイレ事情

魚釣りをしているときにもよおしてしまったら、公衆トイレやコンビニのトイレを利用すれば良い。それができない場所に行くときには「ワンタッチテント」を持参するそうだ。周囲の視線をさえぎることができるので、携帯用トイレとの合わせ技で「隠れション」が可能になる。

磯釣りでは、男性は立ちションで済ませる。女性は……岩場が不安定なのでテントは使えない。「女性用の立ちショングッズ」もあるが現実的ではない。さすがに磯釣りのときは覚悟を決めるしかないようだ。『おかずがなければ魚を釣ればいいじゃない』の著者は、他人の視線をさえぎることができる傘やレインポンチョを活用するという。

街中で立ちションをすれば警官に注意を受ける。釣り人も気をつけなければいけないが、日本の法律は「すべての立ちション」を禁じているわけではない。

街路又は公園その他公衆の集合する場所でたんつばを吐き、又は大小便をし、若しくはこれをさせた者(これを拘留又は科料に処する)

(軽犯罪法第一条二十六号の条文)

大小便をしてはいけないのは「街路又は公園その他公衆の集合する場所」であり、たとえば誰もいない山奥の草むらや海上における岩場の陰などは「グレーゾーン」とされているようだ。

はじめての釣り道具選び

「初心者用の格安セット」は、初心者であるがゆえに避けたほうが良いらしい。子ども向けのおもちゃだからだ。釣り具にも「無名メーカー(ノーブランド)」と「有名メーカー(ブランド)」がある。

安いノーブランド製品で済ませれば良いものと、そうでないものがある。たとえば、初心者のうちは釣り竿をすぐに折ってしまうのでノーブランド品でもかまわない。糸を巻くためのリールは初めから有名メーカー品を選んでおいたほうがかえって安くつく。リールの品質は、ノーブランド品とは天と地ほどの差があるからだ。大手メーカーにも低価格商品が用意されているので、安物買いの銭失いは避けるべきだ。

釣り具店に行くときには経験者同伴のほうが良い。身近にそういう人がいなければ、恥ずかしがらずに店員さんにたずねたほうがいい。釣り具は消耗品なので、店を気に入ってもらい何度も来店してくれたほうが利益になる。無知な初心者だからといって高額なものを売りつけようとはしないはずだ。

UVカットを考慮した釣りガール向けファッション

魚釣りはアウトドアの趣味だ。女性にとっては野外の紫外線が気になる。紫外線対策やデザインまで考慮された釣りガール向けの釣りウェアブランドがある。

ハイネックのロングTシャツ(長袖)は紫外線対策を意識したデザインだ。夏の人気商品は「防水仕様のサロペット(オーバーオール)」だという。ウエストをしめつけないので風が通って涼しい。忘れてはいけないのは手袋であり、UVカット率の高く、かつ、若い女性向けのデザインのものがある。目元以外を完全に覆い隠せるUVガード付きのパーカーもある。

魚釣りといえば男性の趣味と思われがちだが、もちろん女性だって楽しめる。釣り場へ行けば、必ずひとりくらいは世話焼きなオッサンがいるものだ。わからなくて戸惑っている人が目につけば親切に教えてくれるし、釣れすぎた魚をおすそわけされることも珍しくない。ひとりになりたければ放っておいてくれる。気長に続けることができる趣味だ。

(文:忌川タツヤ)

おかずがなければ魚を釣ればいいじゃない

著者:森越ハム
出版社:イースト・プレス
今夜のごちそうゲットだぜ! 新鮮でおいしい魚を自分で獲って自分で食べる!最初はいやいや旦那に付き合っていた魚釣り。でも少しずつ自分でも釣れるようになり、獲れたての新鮮な魚を食べたら、すっごくおいしい!沖に出ることなく、陸からの投げ釣りだけど、イワシも獲れるし、サバもイカもホウボウもフグもカワハギだって獲れちゃう。今日の夕ご飯はお刺身?それとも天ぷら?“食”目線で描く魚釣りコミックエッセイ。自宅でできる簡単料理もご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事