ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

自由を求めて「100均」を彷徨ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2010年に出版された『100均フリーダム』(著・内海慶一/刊・ビー・エヌ・エヌ新社)には、100円ショップ(通称「100均」)で売っているとっても自由な商品が70種類以上掲載されています。どのページをめくっても「え!?」「なぜこの商品を企画したんだ」と突っ込みたくなる商品が満載で、一種のを開悟りをかせてくれる本でした。

「断捨離ブーム」が世の中を席巻し、シンプルな暮らしが当たり前になってきた今でも、100均には自由があるのでしょうか?

「100均」の歴史

さかのぼること90年前、「なんでも十銭均一売り場」という大阪での催しが均一ショップの始まりだったそうです。そして1985年3月、愛知県春日井市にできた「100円ショップ」が、日本初の固定店舗型「100均」だと伝えられています。(参照元:wikipedia

現在では、日本企業がアメリカや中国などに進出したりとグローバルに展開されています。国内でも取り扱い商品の幅が広がり、顧客ニーズに合わせた店舗がオープンするなど、店舗にオリジナリティが出てきたと感じられます。

都内最大級の「100均」は錦糸町にあった!

東京都内で一番大きな「100均」を調べてみると、JR錦糸町駅の北口から出てすぐのアルカキット錦糸町内にありました。

ここの「ザ・ダイソー」さんの敷地面積はナント1000坪! 日用品はもちろん、アイディア商品も数多くあり、訪れたこの日(日曜日でした)には、10台近くあるレジに2人ずつの従業員さんが配置され、5人以上のお客さんが並んでいるというテーマパークのお土産コーナー状態。ここはもう100均の領域を超えているではないかっ! と思うほどでした。

フリーダムな品々はどこに…

約1.5時間、店内をウロウロしてみましたが、こんなに大きなお店でも『100均フリーダム』に掲載されているような商品を見つけることはできませんでした。

「絶対あるでしょ! 100円でも買わないやつ~(笑)」と、甘えた姿勢で取り組んでしまったのがいけなかったのだと後悔すら感じています。

けれど、全くなかったわけではありません。

・「風鈴みたいな壁飾り」という鈴がついたハンドメイド品

・ジョウロの中にウサギやニワトリがすっぽり入った「ガーデンピックアニマルビレッジ」という飾り

・用途不明な真っ白な象の置物

・犬のモノクロ写真が全面にプリントされたポーチ

・花の形をしたスカーフ用ハンガー

…でも、私にとってのフリーダムな商品を見つけることができなかったのです。

自分の力不足というのも大きな原因でありますが、もしかして「100均」がマーケティングを強化している結果なのでは? とも考えました。「売れる商品」や「シーズン商品」のデータを照らし合わせ、本当に価値のあるものを販売していく…そんな当たり前なビジネス構図が出来たことにより、商品が淘汰されていったとも感じたのです。

フリーダムについて考えた

『100均フリーダム』にはこんなにも自由な商品が掲載されているのに、どうして私は見つけられなかったんだ! 私のフリーダムはどこだ!! と思いながら、読み直してみた時に、こんな言葉を見つけました。

言うまでもなく100均は適当である。精度に頓着しない。半端を恐れない。その悠然かつ、のんきな生き方から学ぶことは多い。適当を否定し、完全さを求めるあまり、我々はゆとりと自由を失ってきたのではないだろうか。適当を受け入れよう。だいたいでいいのだ。

(『100均フリーダム』より引用)

この言葉に感動しました。

あぁ~私は、(言葉矛盾していますが…)フリーダムに完璧を求めてしまっていたのかと思ったのです。

今回は100均にフリーダムを求めすぎてしまったことで、フリーダムな商品を見つけることができませんでしたが(笑)絶対にあると信じています! あなたも自由を探しに100均へ出かけてみてはいかがですか?

(文:つるたちかこ)

100均フリーダム

著者:内海慶一
出版社:ビー・エヌ・エヌ新社
『ピクトさんの本』の著者が贈る、見れば見るほど味わい深い、すてきな100均クリエイティブの世界。本書は、著者が100円ショップで買い集めた謎に満ちた品々を、写真とともに解説する本です。常識や美意識に囚われないフリーダムな商品が、洗練という名の鎖によってがんじがらめにされた私たちを解放し、使いすぎた頭を癒してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事