ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

2時間の早起きを12年続ければ、1年トクする!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本人の平均睡眠時間は7.5時間だそうです。みなさんの睡眠時間はどれくらいですか?

あぁ~早く起きて朝活したいなぁ…なんて思いを抱えながら読んだ『ポケット版 朝10時までに仕事は片づける』(高井伸夫・著/かんき出版・刊)によると、たった2時間の早起きを12年続けると、1年分お得になると書かれているではないですか!

本当にそうなるか、ちょっと確認してみましょう!

まずは1時間早く動き出そう

気になった私、本当に1年分になるかどうか確認してみました。

====================

2(時間)×365(日)×12(年)=8760時間

8760(時間)÷24(時間)=365日

====================

本当に365日分だ!!! すごいっ!

「よし、明日から2時間早く!」と、できる方はどうぞやっちゃってください。
でも、深夜2時に寝て睡眠時間が4時間です…という人に、2時間早起きしてください!なんて無理な話。自分の生活のリズムを見直しましょう。

「早起きはできるけど、早く会社に行って頑張ってる風に見えるのも恥ずかしいし…」

という方は、お家や通勤時間を工夫すれば良いのです。会社へ早く行って仕事することだけがマストではないのですから。

『ポケット版 朝10時までに仕事は片づける』によると、朝はじめにやると良いことは、今日やることを音声メモに残し、メモ帳に書き出しリスト化することだそうです。これなら、お家でも職場近くのカフェでも大丈夫ですよね。

仕事だけじゃなく、朝1時間の散歩をしたり、通勤電車を快速から各駅に変えて、座って読書をしながら出社するのだって時間を効率的に使う技。10時の時点で「やれやれ、一仕事終えたぞ」と言えるようになれば、バッチリです!

その分仕事が増えるんじゃないの?

朝、仕事をするようになると「あいつ、なんだか暇そうにしているな」なんて思われるのでは? と心配している方も多いでしょう。そんな風に思う人がいる会社なら辞めてしまえ! と個人的には思うのですが(笑)、この本ではさらに仕事を「早く」こなす、3つのポイントも紹介されていました。

 

1.仕事には必ずタイムリミットを設け遵守する

2.スケジュールを作り、つねに前倒しで実行する

3.込み入った話でも3分以内にまとめる話術を身に付ける

『ポケット版 朝10時までに仕事は片づける』より引用

仕事が早くこなせるようになると、その分まかせてもらえる余裕が生まれます。次第に評価してくれる人が必ず現れますから、そうなったら時間を味方にできたと言っても良いでしょう! 12年後の自分のためにもコツコツと取り組んでいくことが大切です。

でも、夜の付き合いは外せないあなたへ

「深夜のつきあいは、誤解に基づくムダか、自分を甘やかしているだけ。営業の原点は、相手にどうしたら満足が与えられるかということを真剣に考えて、誠実に対応できるということ。その能力がない人が、酒席の力を借りているだけ」

『ポケット版 朝10時までに仕事は片づける』より引用

おお…厳しい! これは、著者の高井さんが、優秀な営業マンの方から聞いた言葉だそうです。

私も飲み会好きだし、お酒も好き。いきなり「私、朝型なんで」と、飲み会を断ることも出来ません。少しずつ早めに切り上げるように意識しながら、別れた後にメールやLINEで「今日はありがとうございました!」と一言送るだけでも印象は変わります。要は自分の努力次第!

さあ、今すぐアラームの時計を2時間早めて、明日の朝から実践しちゃいましょう!

(つるたちかこ)

ポケット版 朝10時までに仕事は片づける

著者:高井伸夫
出版社:かんき出版
朝の時間を集中的に有効活用すると、仕事の生産性は上がり、人間らしい豊かな生き方もできるようになります。本書は長年の悪しきビジネススタイルを打破し、新しいビジネス&ライフスタイルを提唱します。仕事と人生の時間管理術を55のコツとして伝授します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事