ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

夏だ! カレーだ! 発汗だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東京都心で2016年初の猛暑日となった7月3日の夕方5時頃。自宅近くの商店街を歩いていて、たまたま通りかかったインドカレー専門店の店員さんと目が合った。そのまま視線を逸らすのも何なので会釈したら、まったく普通のイントネーションの日本語で「今日の暑さはカレーでしょ!」と話しかけてきた。あまりにもピンポイントなセールストークに腰が砕け、思わず店に入ってしまった。

カレーの三大勢力

自宅の近くにインド系2軒、タイ系とヨーロッパ系がそれぞれ1軒ずつ、そしてチェーン系のカレー屋さん1軒がある。全長800メートルほどの商店に5軒あればかなり多いほうだろう。
カレーという異国の料理が国民食と形容されるようになってから、どれくらい経つだろうか。カレーを地域別に分けると、アジア(日本、インド、タイ、ミャンマー、ベトナム)ヨーロッパ(イギリス、フランス)という分類が成り立つようだ。日本のカレーライスはインドからイギリスに渡ったレシピの進化形と考えるのが普通だが、日本に初めて来たインドの人に食べてもらうと、「とてもおいしい日本料理ですね」なんて言われることがあるらしい。となると、日本のカレーライスはまったく別ものの料理と考えられるので、アジア、ヨーロッパ、そして日本がカレーの三大勢力ということになるのではないか。

おかんカレーの挑戦と現実

カレーがここまで一般的になった理由は、何といっても市販のカレールーおよびレトルト商品の充実だろう。作るのもそれほど手間がかからないから、子どもの頃は結構な頻度でカレーが出た。
ところが、だ。うちの母親には妙なこだわりがあって、3回に1回は市販のカレールーを買わず、一から自分で作っていた。〝一から〟というのは、小麦粉をフライパンで炒って、そこにバターを加えて、のレベルからスタートするという意味だ。
おいしければまったく問題ないのだが、母親の一からカレーはどこか味がぼやけ、コメントが難しい出来であることがほとんどだった。それに、いくら食べても汗が全く出ない。そりゃそうだ。スパイスめいたものは、黄色い色を着けるためのターメリックくらいしか使っていなかったからだ。

手軽でおいしいデトックス料理

カレー万能料理説というのがある。肉、野菜、魚介類がバランスよく混じり合ったルーをご飯やナンといった炭水化物と合わせて食べるので、1食で数多くの栄養素を取り込むことができる。さらに、何種類ものスパイスの相乗効果によって体内から温まり、新陳代謝が高まって汗が出て、老廃物が流し出される。手軽でおいしいデトックス料理なのだ。夏になると、どうしても冷たいものを飲んだり食べたりすることが多くなるし、さらにエアコンで体が芯から冷えるような状況が生まれてしまう。特にオフィスワーカーは、外の気温が高ければ高いほど、オフィスで体が冷えてしまう。体を温め、不要なものを出すのを促してくれるカレーは、夏にこそふさわしい。

神保町からサンフランシスコ国際空港まで

昔とある通信社に勤めていた頃、出版社が多く集まる神保町界隈を毎日のように歩いていた。神保町で書店の次に多いのはカレー屋さんだ。老舗からニューウェーブまで個性豊かな店が多く、新しい店を見つけるとつい入ってしまった。そういえば、紀伊國屋書店の新宿本店ビルの地下商店街にも有名なカレー屋さんがある。本屋さんとカレー屋さんは、基本的に相性がいいんじゃないか、なんて漠然と思ったりする。
驚いたのは、20年ほど前にサンフランシスコ国際空港のカフェテリアでカレーライスを出している店を見つけたことだ。海外旅行中にカレーが食べたくなるという人のニーズに応えるのが目的だったのだろう。食べてみると、秋葉原駅ホームの立ち食いそば屋さんくらいの完成度が感じられた。少なくとも、おかんカレーよりはるかにうまかった

インド発イギリス着の詳細なクロニクル

『インドカレー伝』(リジー・コリンガム著/東郷えりか訳/河出書房新社刊)は、世界レベルのデトックス料理であり、日本の国民食であるカレーのルーツをさぐるドキュメンタリーだ。カレーという料理を主軸に据えながら東洋と西洋のかかわり合いを綴った歴史書という性格の本でもある。何より、大航海時代までさかのぼって全10章構成で詳細に論じていく大げさな感じがいい。
論文のような文章のあいまに、知らなかったカレー料理のレシピがちょいちょい紹介されている。あの店に次に行ったら、これを頼んでみようという気になる。歴史に思いを馳せながら、次のひと皿のヒントをもらえる一冊だ。
今日も暑いな…。そうだ、カレー食おう。

(文:宇佐和通)

インドカレー伝

著者:リジー・コリンガム(著)、東郷えりか(訳)
出版社:河出書房新社
ヴァスコ・ダ・ガマによるインド航路の開拓と欧米列強の進出、ムガル帝国の初代皇帝バーブルによる侵略という二つの事件が、インドの食文化に大きな影響を及ぼした!カレーの起源をめぐる壮大な旅!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事