ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

イチロー選手に飲んで欲しいウイスキーがあります。その名はイチローズ・モルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ウイスキーは秘密が溶け込んだロマンティックな酒だ。
その誕生からして、まさに「不思議発見!」の世界である。
4世紀頃、エジプトで盛んになった錬金術がスペインに伝わった。そのとき、錬金術用のるつぼに何かの発酵液が入り、アルコール度数の高い蒸留酒が生まれたという。
錬金術師たちも驚く偶然の産物であった。
彼らはできあがった酒を不老長寿の秘薬として珍重し、ラテン語でAqua-Vitae(生命の水)と、呼んだのだそうだ。

ウイスキーの3つの条件

こうして生まれた生命の水Aqua-Vitaeは、やがて世界中の人に愛されるお酒ウイスキーとなった。
ただし、そこには厳格なルールがあり、ウイスキーをウイスキーとして定義づけるのは、以下の3つの条件を満たしていなければならない。

1.穀物を原料とすること
2.蒸留酒であること
3.樽で熟成させたものであること

FOOD DICTIONARY ウイスキー』(エイ出版社・刊)は、こうしたウイスキーのウンチクが満載だ。
ちなみに、穀物とは大麦、トウモロコシ、小麦、ライ麦などだ。それらを発酵させ、特徴のある形をしたポットスチルという機械で蒸留した後、樽の中で熟成させる。木の樽の中で寝かせることによって、あの独特なオーク色をした液体に変身するのだ。

ウイスキー主要生産国はたったの5カ国

ウイスキーの主要生産国は意外なほど少ない。
アメリカ、カナダ、スコットランド、アイルランド、そして、日本の5カ国だ。
もちろん、それぞれに独自の味わいがあり、物語がある。
ウイスキーグラスを傾ける前に、これらのちょっとした知識を頭に入れておくと、夜更けのバーがさらに薫り高く感じられるだろう。
もし、隣に恋人がいたら、なおさらのこと。
バーカウンターで見る好きな人の横顔は、まさに魔術的な美しさとなって、あなたを酔わせるに違いない。

5つのウイスキー主要生産国

「ウイスキーを生んだ5つの国ってどこなの?」と、聞かれたら、答えは以下の通り。

まずは、アメリカ・・・
アメリカといえば、トウモロコシを原料とするバーボンウイスキーが有名だ。内側を焦がした新しいオーク樽で熟成させるから、ほろ苦く、甘く香ばしい。

次に、カナダ・・・。
軽くて、癖がないから、カクテルにもよく使われる。アメリカが禁酒法の時代も、カナダ政府は輸出を禁止しなかった。 当然、アメリカ人はこぞってカナディアンウイスキーを飲むようになった。きっと禁断の味がしたことだろう。

さらには、スコットランド・・・。
ウイスキーのすべてはここから始まるとまで言われるスコットランド。まさにウイスキーの聖地だ。それぞれの地域によって、実にたくさんの種類のシングルモルトがあり、独特の香りがウィスキーファンを魅了する。一方、モルトウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーもあり、シングルモルトにはないまろやかな味を楽しむことができる。

そして、アイルランド・・・。
「最古の歴史」を持つと言われるのが、アイルランドで作られるアイリッシュウイスキー。
スコッチよりも軽く飲みやすい。

では、日本は・・・。
2014年に放送された朝の連続ドラマ「マッサン」で、その名をさらに広く知られるようになった竹鶴政孝。彼はスコットランドで学んできたウイスキー作りの技法をもとに、初めての国産ウイスキーを作りあげる。
始めのうちは、日本人にはなじまないのではないかと危惧されたものの、今では外国でもその名を知られるようになった。

イチローズ・モルトをご存じですか?

さて、最後にもうひとつ、日本が誇る新しいウイスキーを紹介したい。
イチローズ・モルトと名付けられたウイスキーだ。
イチローといえば、メジャーリーグで活躍するイチロー選手を真っ先に思い出す日本人が多いだろう。しかし、ウイスキーの世界にも「世界のイチロー」がいる。

現在、日本で一番新しく、一番小さなウイスキー蒸留所が埼玉県秩父市にある。その名は『ベンチャーウイスキー秩父蒸留所』。2004年に会社設立、2008年に蒸留所が稼働したばかりだ。

(『FOOD DICTIONARY ウイスキー』より引用)

造り酒屋に生まれた肥土伊知郎氏が、数々の困難を乗り越えて創り出した「イチローズ・モルト」。
海外でも高い評価を受けているウイスキーだ。
イチローズ・モルトをイチロー選手が味わったかどうかはまだわからない。
けれども、日本で生まれ、世界で認められたウイスキーである。
是非ともイチロー選手に味わっていただきたいと、夢みないではいられない。

(文・三浦暁子)

FOOD DICTIONARY ウイスキー

著者:ムック編集部
出版社:エイ出版社
食に関する知識と、プロが教える実用的なテクニックを徹底的に詰め込んだシリーズ「FOOD DICTIONARY」は、寿司、日本酒、ウイスキー、コーヒーなど、 常に人気の高い食コンテンツをワンテーマで続々刊行。「ウイスキー」では、シングルモルトやブレンデッド、バーボンなど、様々な種類とともに幅広い飲み方があるウイスキーの基礎知識から、知る人ぞ知る情報まで紐解いていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事