ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

出産祝いにオススメ!0歳児がハマる絵本3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産祝いというと、オムツケーキや赤ちゃんの服・タオル・スタイといったものが定番ですが、そうした贈り物に「絵本」を加えてみてはいかがでしょうか?
「0歳で絵本って早いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、実は首が座らない時期から赤ちゃんが目で追ったり楽しめる絵本があるのです。間も無く1歳になる息子が誕生した際に頂いたものや購入した絵本を、実体験をもとにご紹介します。

新生児期から楽しめる絵本はコレ!

2ヶ月頃の赤ちゃんから楽しめるオススメ絵本は『しましまぐるぐる』(柏原晃夫・絵/学研プラス・刊)です。この絵本は赤・白・黒といったコントラストの強い配色で線や形、顔のイラストが可愛く描かれており、まだ視力が0.01もない小さな赤ちゃんでも反応できる工夫がされています。特に2ヶ月~3ヶ月頃の赤ちゃんは、自分からガラガラなどのオモチャはまだ握れないですし、首が座っていないのであちこち周りを眺めることも難しいです。
そういった時期に我が家では、この『しましまぐるぐる』が大活躍でした。「カエルさんがいるね~」などと描かれているイラストについて話しながら本を見せると、赤ちゃんの目の追い方や手足のバタつきなど、ページをめくるごとに反応が変わり「このページはお気に入りなんだな~」と親の方も楽めちゃう一冊です。

お出かけの時にオススメなのはコレ!

首が座って、お出かけにも慣れてきた頃にオススメなのが『とびだす!うごく! どうぶつ』(わらべきみか・絵/小学館・刊)。この絵本の特徴はなんといっても「手のひらサイズのコンパクトさ」なのですが、小さなサイズを感じさせないダイナミックなしかけが各ページに施されています。開けば飛び出てくるキリンやコアラや象といった人気の動物たちが、赤ちゃんの心をつかんで離しません。
親としても、このサイズは持ち運びにとっても便利で、外出先でグズってしまった時にサッと取り出して手渡せるので、我が家ではとても重宝しています。また、しかけ部分を子どもが破ったりメチャクチャにしてしまっても「また買ってあげようかな」と思える価格(本体524円+税)も嬉しい限り!
この絵本には他に『とびだす!うごく! たべもの』『とびだす!うごく! のりもの』『とびだす!うごく! うみのいきもの』など様々なシリーズ本があるので何冊かまとめてプレゼントしても喜ばれると思います。

長い期間楽しめて、お勉強も出来る絵本はコレ!

最後にご紹介するのは『0さい~4さい こどもずかん 英語つき』(よしだじゅんこ・絵、デイブ・テルキ・監修/学研プラス・刊)。この本は、動物や野菜、体などの名称がひとつひとつ可愛いイラストで描かれており、その名称が日本語だけでなく英語と英語の読み方も書かれている点が特徴的です。英語の発音に自信がなくても「こどもずかん おとのページ」(http://www.kodomozukan.jp)にアクセスすればネイティブの発音が無料で聴けるので、子どもに読んであげる前に予習も完璧に出来ます!
(お恥ずかしながら私は「かば→hippopotamus ヒパパダマス」と呼ぶ事を、この本で初めて知りました(^_^;))
また「やさい」「のりもの」「くるま」など子どもの興味があるジャンルページがすぐに開けるように、イラスト付きのインデックスが電話帳みたいに工夫されているのも親としては嬉しいですね。我が家では1歳満たない息子にこの本を見せると、上記のインデックスのおかげか自分でページをめくりながら、食べ物のページや体のページを食い入るように見ています。
対象年齢がタイトルにもある通り0歳~4歳と長く使えますし、この絵本も『0さい~4さい こどもずかん まち 英語つき』『0さい~4さい こどもずかん くるまとでんしゃ 英語つき』などシリーズ展開されているので、出産祝いだけでなく乗り物に興味が出てきた男の子へのプレゼントにも最適です。

これから赤ちゃんにプレゼントを考えている方は、ぜひ気軽に絵本を贈ってみては?

(文:凧家キクエ)

0さい~4さい こどもずかん 英語つき

著者:よしだじゅんこ(絵)、デイブ・テルキ(監修)
出版社:学研プラス
どうぶつ、のりもの、むし、からだなど、子どもたちが大好きなジャンル別に、名前や姿を紹介。ページいっぱいに、かわいいイラストがずらり並びます。また、英語での呼び方も並記。0歳から4歳まで、たっぷり使える図鑑です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事