ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

思いを伝えるなら、手紙にイラストを添えてみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大事な人に感謝の気持ちを伝えたり、好きな人に思いを伝える手段として、ほんの10年ほど前まで手紙が定番でした。最近はインターネットやSNSの発達で、電子メールやLINEでやり取りする人も多くなっています。そんな現代だからこそ、手書きの手紙は喜ばれるものです。そして、特別な思いを伝えたい! と思ったら、手描きのイラストを添えた手紙を送ってみてはいかがでしょうか? 

イラストが下手でも大丈夫!

イラストがプロのように上手く描けないと、なんだか恥ずかしいと思ってしまう人も多いと思います。だいいち、自分はイラストなんか描いたことないし…そう悩んでしまったアナタ、心配無用です! イラストが上手くなくてもいいんです! ヘタウマでいいんです!

お年寄りの間で人気になっている絵手紙は、下絵も書かずにいきなり描き始めることもあります。線がにじんだり、絵の具がにじんだりしますが、曲がったりしたぎこちない線も絵の味わいの一部になっているのです。

人物をかわいく描くには?

イラストを描くときには特に手順などはありません。けれども、ちょっとしたコツをつかめば、よりかわいい作品が描けるようになります。『気持ちが伝わるイラストが描ける本』(ウマカケバクミコ・著/学研プラス・刊)に、そのイロハがまとめられていますので、紹介しましょう。

人物を描くとき、あなたはどのパーツから描きますか? 目? それとも髪? もちろん決まりはないのですが、輪郭を先に描けばバランスがとりやすくなります。そして、前髪、頭の形を整えながら、髪を増やしていきます。表情を描くときのコツは、自分もその表情になって手を動かしてみてください。イラストにも不思議と感情がこもって、印象的な作品が描けますよ。

色はイメージで選んでみよう

イラストにクーピーペンシルや絵の具などで色をつけてみると、なお効果的です。このとき、やみくもに色を選ぶのではなく、色の持つイメージをつかんでおけば、より思いの伝わるイラストを描くことができます。

例えば、赤は主張、情熱、強い、熱い、そして愛などのイメージがあるそうです。ピンクは恋のイメージですが、ふんわり、ぬくもり、そしてこどもらしさを表現するのに向いているのだとか。黒はシック、大人、創造、スマート、インパクト。緑は安らぎや自然などの表現ができます。

イラストをもらうとみんな嬉しい

いかがでしたでしょうか? 私はイラストを描くことが好きです。以前、小学校時代の友人と会ったら、ものすごく昔に送った手紙を見せられて恥ずかしい思いをしたこともありますが(笑)、手描きのイラストをプレゼントすると、大切にとっておいてくれることが多いです。

ちなみに、プロポーズのときは相手にイラスト入りのメッセージカードを送りました。結果は成功でした。こういった特別な場面にもイラストはすごく効果的です。ぜひ、お試しください!

(文:元城健)

気持ちが伝わるイラストが描ける本

著者:ウマカケバクミコ
出版社:学研プラス
友人や両親、同僚など大切な人に。感謝や励まし、誕生日などの記念日に、気持ちを伝えるイラストやメッセージを描いて贈りたいと思ったことはありませんか?人を元気にする絵で人気のイラストレーター ウマカケバクミコさんが、描き方のコツと方法を伝授。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事