ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

なぜ霊柩車は金ピカになったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お葬式のとき、花をかざりたて大げさな装飾があたりまえになった歴史は浅い。起源は、明治時代だ。

江戸時代までは、お葬式は「ひっそり」「目立たないよう」「質素に」おこなうものであった。身分ごとに格式が定められており、富豪の商人といえども派手な葬儀をしてはならなかった。幕府が規制していたからだ。

元号が明治に変わって封建制度が終わりをむかえると、反動であるかのように葬儀が豪華になっていった。日本独自の文化である「金ピカ霊柩車」の誕生とも密接な関わりがある。

霊柩車以前の葬送とは

増補新版 霊柩車の誕生』(井上章一・著/朝日新聞出版・刊)によれば、庶民が「葬列」を催すようになったのは明治時代からだ。葬列とは、遺族や関係者たちが列をなして墓地や火葬場まで遺体をはこぶ行為をいう。維新のあとには、誰でも派手な葬列をおこなうことができた。

江戸時代には「座棺(ざかん)」が主流だった。遺体をおさめた大きな桶(おけ)を駕籠(かご)で運ぶ作法のことだ。明治以降には、庶民であっても「寝棺(ねかん)」を用いるようになり、現在にいたる。文明開化後の市民は、死後に桶よりも棺(ひつぎ)で運搬されることを望んだ。

遺体をあおむけに納めた棺は、輿で運んだ。輿(こし)とは「人力でかついで運ぶ」乗り物をいう。輿の一種に、お神輿(おみこし)がある。

明治時代になると、葬儀の参列者たちは、棺をおさめた輿を中心にして、自宅から火葬場へ向かって街なかを練り歩いた。まるで大名行列であり、大量の生花や造花をかざり、鳥をかごに詰めて、芸人のような「にぎやかし」を引き連れることもあったそうだ。まるでパレードのような様相を呈していた。

幕末から明治時代にかけて活躍した大隈重信の国民葬では、屋根付きの立派な輿に棺(ひつぎ)を乗せて運んでいる。当時の写真が残っており、驚くべきことに、棺をおさめた輿をトラックの荷台に乗せて運搬しているのだ。

もうおわかりだと思うが、屋根つきの豪華な輿(こし)が、日本の霊柩車デザインの起源と考えられている。

明治大正の葬儀観

明治期のおわりごろから大正期にかけて、にぎやかな葬列が廃れていく。理由はふたつある。

ひとつは、交通機関の発達。おもな要因は、市電(路面電車)の普及によるものだ。東京や大阪では1903年(明治36年)に市街電車が開通している。葬列は昼間おこなわれていたので、道路や線路をふさぐのは迷惑行為だと見なされるようになった。

もうひとつは、火葬場までの移動距離が長くなったこと。都市部の人口増加と住宅需要によって、火葬場がよりいっそう郊外に建てられるようになったからだ。当時は、自宅から火葬場までを1日がかりで歩くこともあったらしい。

労力と長時間の拘束をきらった人々は、葬列を催さなくなる。明治の終わりごろには、夜間に密葬をするケースが増えていった。

困ったのは葬儀業者だ。このまま葬列が廃れてしまえば、経営が成り立たない。時間をかけずに質素な葬儀をおこないたい顧客のニーズに応えるため、方針の大転換に迫られた。

霊柩車の誕生

わが国ではじめて霊柩自動車が使用されたのは、大正4年~6年ごろだ。示し合わせたわけではなく、東京・名古屋・大阪それぞれの都市の業者が運転をはじめている。

なかでも大阪の「駕友」という葬儀業者のエピソードが興味ぶかい。駕友は、江戸時代から駕籠屋や武家屋敷への人材派遣業を営んでいた。イベント企画もおこなっており、参勤交代のために江戸にやってくる「大名行列」の演出プロデュースも手がけていた。

明治期になると、駕友は葬具レンタル業を開始する。つまり、行列をにぎやかにプロデュースするノウハウがあった商人が、明治期の葬列を請け負って利益をあげていたというわけだ。しかし、葬列ブームの終焉によって、短時間で低コストな葬儀を実現する必要に迫られた。

そこで起死回生の策として採用したのが「霊柩車」というわけだ。自動車なので移動が早く、費用もガソリン代と使用料で済む。葬儀社からすればうまみは減ったが、霊柩車を導入することによって顧客のニーズに応えることができた。

ちなみに、霊柩車が金ピカで派手になったのは「米津工房」(本社・東京都中野)という製作会社の影響だ。他社よりもデザインが派手であり、とても人気があった。昭和末期において、全国の7割におよぶ宮型霊柩車は「米津工房」製であった。金ピカ霊柩車とは、1社の営業努力によって日本中に波及したものだった。

日本文学と霊柩車

大正時代に、輸入自動車を葬儀用に改造したことによって、わが国における霊柩車の歴史がはじまる。

「伝統的な和風建築を模した」ものを「宮型」という。金ピカだけとは限らず、各地方には黒檀や紫檀や白木を使った霊柩車もある。

リンカーンやリムジン型などの高級自動車をベースにした地味な見た目の霊柩車は「洋型」と呼ばれる。ほかにもミニバンやワンボックスカーを遺体運搬車として利用することもある。現在では、洋型を指名する人が増えているという。

日本の宮型霊柩車にまつわる資料は、それほど多くない。『霊柩車の誕生』の著者は、資料を求めて全国の葬儀社に足を運んだが、後継者たちの記憶と、社史に残されたわずかな情報が得られるだけだった。

ヒントは意外なところに隠されていた。明治大正昭和にかけて発表された日本の文芸作品を調べたところ、霊柩車にまつわる記述をいくつも見つけることができる。

芥川龍之介は『凶』という遺稿のなかで、大正12年(1923年)に「唐草」をほどこした霊柩車が走っていたことを記述している。たった1000字程度の文章なので、ぜひ読んでみてほしい。

芥川龍之介『凶』(http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/2327_13464.html)
※文中では「葬式に使う自動車」と表現している

エリートは嫌って、庶民は喜んだ

ほかにも、イギリス人登山家の日本滞在記(大正4年)、川端康成『死体紹介人』(昭和4年)、寺田寅彦『札幌まで』(昭和7年)、永井荷風『断腸亭日乗』(昭和11年)、長谷川幸延『冠婚葬祭』(昭和16年)など、当時を生きていた人々の「霊柩車観」を知ることができる。

先に挙げた文学資料に共通しているのは、明治や大正期の知識人やエリート層は「霊柩車」のことを良く思っていなかったということだ。

東大出身のモダニズム建築家・前川国男は、昭和5年において次のように述べている。

人生の最後の儀式と云ふ名の下に金ぴか破風に飾られました葬儀自動車に依って自分の死んだ身体を運ばせて人生喜劇の最後の幕を飾らねばならない近代人は正に呪はれたる存在であります

(『増補新版 霊柩車の誕生』から引用)

永井荷風も「葬式はしないでほしい。その理由は、造花の花輪と霊柩車が嫌いだから」(意訳)と書き残している。

だが、霊柩車は庶民のために活用されてきた。大正8年の東京で、貧民の葬送を無料でおこなう社会福祉法人「助葬会」が設立された。その会則には「葬送とは、死体を自動車にて火葬場又は墓地まで送ることをいう」と定められていた。

北陸地方には「日光東照宮陽明門」や「平等院鳳凰堂」を模したデザインの金ピカ霊柩車が実在する。つつましく生きてきた庶民のために、せめて葬式のときくらいは華やかに見送ってやろうという心意気だ。金ピカ霊柩車のうしろ半分は「やさしさ」で出来ている。

(文:忌川タツヤ)

増補新版 霊柩車の誕生

著者:井上章一
出版社:朝日新聞出版
あの独特なデザインの「宮型霊柩車」がどのような経緯で誕生し、全国に広まったのか。明治から現代までの葬送の変遷を解明した唯一の書。文庫化にあたり、急速に宮型霊柩車が路上から姿を消し、洋型霊柩車が主流となった背景にも迫る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事