ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

世界は陰謀で動いている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『陰謀のセオリー』、『エネミー・オブ・アメリカ』、『カプリコン1』、『フィラデルフィア・エクスペリメント』。ざっと思いつくだけでもこれだけある。いずれも、いわゆる陰謀論をテーマにした映画だ。
コンスピラシー・セオリー=陰謀論は映画に限らず、ポップカルチャーの中でも広がりと深みのあるジャンルで、ハードなビリーバーから飲みの席のネタとして楽しむだけの人まで、濃淡の差がかなりある。

「アポロは月に行っていなかった」説

冒頭で紹介した『カプリコン1』は、史上初の有人火星探査船が打ち上げ間際の時点で不具合を起こし、乗組員3人がどこかの砂漠にある基地へ連れて行かれ、火星探査が実現した体でものごとが進められるというストーリーだ。
1977年に製作されたこの映画のストーリーそのままの〝アポロ計画陰謀論〟と呼ばれるものがある。実は、アポロは月になんか行っていなかったという話だ。旧ソ連との宇宙開発競争に負けるわけにはいかないアメリカは、何としても人類初の月面着陸を成功させなければならなかった。そこで、月に行ったように見せかけるためさまざまな細工が行われた。そんな流れで進む。これまでに挙げられている〝証拠〟を見てみよう。
・月面で撮影した写真の夜空に全く星が写っていない
・月面は真空状態のはずなのに、星条旗がはためいている
・着陸船の影に覆われている部分がはっきりと映っている
・別の場所で撮影された2種類の映像の景色、背景がほとんど同じである
『カプリコン1』は、アポロ計画陰謀論に対するトリビュート的な感覚で作られた映画であるという見方も根強い。

ロズウェル事件

1947年7月、アメリカ南西部ニューメキシコ州の小さな町ロズウェルの近郊で〝空飛ぶ円盤〟が墜落し、近郊のロズウェル基地から多くの兵士が派遣されて墜落現場を封鎖し、破片と宇宙人の死体が回収された――いわゆるロズウェル事件だ。
普通の人間にとっては空飛ぶ円盤の墜落というだけでも十分ショッキングだが、陰謀論はそこからさらに花開く。実は、墜落したのは円盤ではなく、当時アメリカが開発を進めていた原子力エンジン搭載の最新型航空機のプロトタイプだったというのだ。ロズウェルの近隣に核研究施設や核実験施設がある事実を考えれば、決してあり得ない話ではない。
宇宙人の死体に関してはどうか。これは、実験動物であるサルだったというのだ。確かに、後の時代の旧ソ連もアメリカも宇宙開発でサルを使ったという事実がある。アメリカは、第二次世界大戦終結後、冷戦構造の中で軍事的優位に立つため、原子力航空機技術の完成を目指していた。そしてこの話は、次に紹介する陰謀につながっていく。

アメリカ政府とエイリアンの密約

いやいや、話はそれどころじゃない。アメリカ政府は、早ければアイゼンハウアー政権時代から宇宙人と密約を交わしていて、人間を含む地球生物を生体実験用に提供する代わりに、UFOのテクノロジーを手に入れていた。
この系統の陰謀説は、キャトルミューティレーション(肉牛や乳牛の体の一部が切り取られ、あるいは血液が一滴も残されていない状態で死体がみつかる現象)やアブダクション(人間が宇宙人によって誘拐され、UFO内部に連れて行かれて生体実験を行われたり、何らかの装置を体内に埋め込まれたりすること)につながっていく。
ここまで触れてきたのは、無数に存在するエンド・ユース的な話の一部にすぎない。
そして誤解を恐れずに言うなら、すべての陰謀論は同じ源から発している。

陰謀御三家:イルミナティ、テンプル騎士団、フリーメイソン

陰謀論に全く興味がないという人でも、この三つの秘密結社の名前は耳にしたことがあるはずだ。たとえばフリーメイソンは政界と財界、さらにはマスメディアを掌握している。たとえばイルミナティはフリーメイソンの最上層部で、先進国の指導者クラスの人物を自由に操っている。たとえばテンプル騎士団は、コロンブスよりも先にアメリカ大陸に到達していた。
こうした秘密結社の上層部がニューワールドオーダー=新世界秩序という体制を確立させ、1パーセントのエリート集団が99パーセントの普通の人間を支配しているという話もある。
世界は、一般人が知り得ない陰謀で動いているのかも…。

陰謀論、ここから始めましょう

あまたある陰謀論。基本の基本をおさえておきたいですよね? それならこの一冊。 『世界陰謀全史』 (海野弘・著/朝日新聞出版・刊)は、フリーメイソンとテンプル騎士団、そして薔薇十字団という三つの団体の分析から始まり、オカルティズムと陰謀論、ナチスドイツのオカルト性、そしてユング心理学と陰謀論、さらには陰謀論最大の温床であるアメリカという国家の特殊性に話を広げていく。
そんなバカな話があるわけないだろ。そう言いきってしまうのは簡単。でも、当たり前すぎることの向こう側をあえて見てみるのもひとつのチョイス。監視カメラがありとあらゆる場所にある理由。スマホの位置特定機能と指紋認証機能。マイナンバー制度。ちょっと視点を変えると、まったく違う世界が見えてくる。

(文:宇佐和通)

 

世界陰謀全史

著者:海野弘
出版社:朝日新聞出版
フリーメーソン、テンプル騎士団、薔薇十字団など、20世紀に起きた不可思議な事件の陰には謎めいた組織が見え隠れする。裏の歴史である陰謀論・秘密結社を軸に20世紀を振り返り、21世紀への系譜を読み解く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事