ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

ゴーギャン終焉の地、タヒチは楽園か?それとも・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私はサマセット・モームの小説が好きだ。
好きで好きでたまらない。
エッセイを書き始めた頃、「ペンネームを持った方がいいのでは?」と、言われ、サマセットをもじって、夏設子にしようかと思っていたほどだ。
けれども、それではあまりに文豪に失礼だと思い、結局、本名で原稿を書き始めたが、モームへの思慕はつのるばかりだ。

ゴーギャンと『月と六ペンス』

モームの小説では短編が好きなのだが、長編『月と六ペンス』にも夢中になった。
画家のポール・ゴーギャンをモデルにした小説だ。
主人公の「私」はチャールズ・ストリックランドという男と知り合う。証券会社に勤める平凡な人物である。
ところが、突然、ストッリクランドは妻子をイギリスに残し、パリに出奔してしまう。
ストリックランドの妻に懇願され、パリまで訪ねていった「私」は、彼が世話になっていた友人夫妻に後ろ足で砂をかけるような仕打ちをした後、またも行方をくらませたことを知る。
その後、「私」はタヒチを旅行中、そこで現地の娘を妻にして、絵を描き続けているストッリクランドに偶然、出会うのだが、彼は貧困のなか、病気で亡くなる。
モームは稀代のストーリー・テラーと言われるが、『月と六ペンス』も筋を追うだけでアップアップの状態となる。
私は物語に溺れたようになり、 顔を上げることができないまま、読み続けた。

いつか行きたい憧れの地

『月と六ペンス』を読んだ後、私はすぐに旅行会社に行き、タヒチ旅行のパンフレットをもらってきた。
家族を捨てたゴーギャンが暮らし、亡くなった場所だと知ったからだ。
けれども、飛行機代は高価だし、時間的な余裕もなく、行くことができないまま、今にいたっている。
それでも私はあきらめない。
死ぬまでに一度、必ずや行くぞと思いながら、その日を夢見て生きている。

楽園への旅

夢というのは実現するまでが楽しいのかもしれない。
タヒチに行けなくても、それはそれで仕方がないとあきらめるしかない。
それに『神が創った楽園タヒチ ゴーギャンを辿って』(安西水丸・著/アドレナライズ・刊)を眺めていれば、たとえこの身は日本にあろうとも、心はタヒチに飛んでいく。脳内麻薬が出たかのように、私はうっとりし、神が創りたもうた楽園をこの目で見ているような気持ちになる。
安西水丸のイラストとエッセイ、そして小平尚典の写真が、まだ見ぬタヒチへ私たちを誘うからだ。

安西水丸とポール・ゴーギャン

著者・安西水丸は、小学校5年生のとき、タヒチという島の存在を知ったという。
画材がクレヨンから水彩画に代わった日に、図画の先生がポール・ゴーギャンの話と共に、タヒチという場所を教え、水丸少年はその名を胸に刻印した。
以来、大人になっても、彼はポール・ゴーギャンを忘れず、タヒチに行ってみたいと思い続けた。
私は安西水丸の思うゴーギャンとタヒチの関係に打たれる。

タヒチに渡ったからといって、ゴーギャンは楽園の花と女に囲まれて悠々自適にキャンパスに筆を走らせていたのではない。むしろタヒチとの出会いによって、彼は芸術という病魔に喰い蝕まれていったといっていい
(『 神が創った楽園タヒチ ゴーギャンを辿って』より抜粋)

その通りだと思う。

焚きつけにされたゴーギャンの絵

安西水丸が念願かないタヒチへ向かったのは2004年のことである。
彼はゴーギャンの足跡を丁寧にたどる。
複製画だらけの「ゴーギャン博物館」へももちろん足を運ぶ。
複製だらけの訳はというと、それは悲しいと同時に、笑うしかない。

存命中のゴーギャンの絵が、ここではまったく理解されていなかったことがよくわかる。雑貨店などにお金代わりに絵を持っていっても、ほとんどが焚きつけにされてしまったというから恐ろしい話だ。芸術というものには、一歩間違えるとこういった運命が待っているということだ。
(『神が創った楽園タヒチ ゴーギャンを辿って』より抜粋)

むごいけれど、真実をついた発言だと思う。

ゴーギャンの墓へお参り

安西水丸は徹底してゴーギャンを追い求め、終焉の地となったマルケサス諸島の一つ、ヒバ・オア島へも渡り、墓参りもしている。
小高い丘の上にあるゴーギャンの墓は、赤い石を使った墓の前にグレーの自然な石が置かれたもので、「PAUL GAUGUIN 1903」の文字が彫られている。
素朴というには粗末すぎる墓だが、とにかくゴーギャンはしたいようにして、自分が愛し、好んで描いた風景を眺めながら眠っているのだから、これでいいとするしかない。

いつかきっとタヒチへ行こう

念願のタヒチ旅行を果たしてから10年後、安西水丸は急逝する。
仕事中に倒れ、そのまま帰らぬ人になったという。
カメラマンの小平尚典は一緒にあちこち旅をして、ゴーギャンをめぐる旅にも同行し、写真を撮影した。
彼はゴーギャンの墓参りしたときの様子をあとがきに記している。

水丸さんは、まわりに綺麗に咲いていた花でお供え花束を作った。さわやかな海風が気持ちよく、葉巻に火をつけてそばの岩に腰掛けて静かなときを過ごした
(『神が創った楽園タヒチ ゴーギャンを辿って』より抜粋)

きっと美味しく満足のいく一服をくゆらせたに違いない。
私は未だゴーギャンを辿る旅をしてはいない。もうできないのかもしれないとも思うこともある。
しかし、死の瞬間を迎えたとき、後悔しないように、タヒチに行ってみたい。そして、できることなら、ゴーギャンの墓に水丸さんがしたように花を手向けたいと願っている。

(文・三浦暁子)

神が創った楽園タヒチ ゴーギャンを辿って

著者:安西水丸、小平尚典(撮影)
出版社:アドレナライズ
2014年3月に急逝したイラストレーターで作家の安西水丸さん。本書は雑誌「旅」(2004年10月号)に発表された彼の文章とイラストスケッチに、雑誌未掲載のイラストと写真を多数追加。水丸さんが他界される10年前の旅の記録です。“楽園”を求めて南太平洋の島・タヒチへ渡り、晩年の10年余りを過ごして1903年に没したフランスの画家ポール・ゴーギャン。島の女性たちをはじめ多くの作品をこの地で描き遺したゴーギャンの足跡を辿り、タヒチ島、モーレア島、ヒバ・オア島を巡ります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事