ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

成功した女性達は「いつの間にかこうなっていたんです~」説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人間関係、仕事、転職、結婚、出産、育児…とたくさんのターニングポイントを迎える女性の30代。

私も「あぁ今年は前厄じゃぁ~」と年明けから切ない気持ちになってしまい、お肌のケアを始めてみたり、保険や貯金を始めてみましたが、「あぁ私はこのまま年を重ねていくだけなのか~」病にかかりました。悩みは日々増えていくし、女性は活躍しろ! 社会になっているし、もうどーしたらいいのぉ~!

そんな私に救いの手を差し伸べてくれたのが、作家・有川真由美さんの『イラスト版 30歳から伸びる女、30歳で止まる女』(PHP研究所・刊)。一体どんな30歳を過ごせば仕事もプライベートも楽しめるんですか~!?

成長する女は、夢を描いてコツコツと努力しない?

著者の有川さんは、数多くの「30歳から伸びるひと」を取材してきたそうですが、どの女性たちも今のポジションに辿り着くまでに「いつの間にか、こうなっていました」もしくは「こうなるしかなかった」と言う人ばかりだったということ。

彼女たちは日々「私にできることって何?」と、自分自身に問い続け、目の前のことに一生懸命取り組んでいたら、まるで導かれるように今のポジションになっていたそうなのです。つまり、目の前にある「波」をとらえ、しなやかに生きている女性が今の成功を手に入れているというのです。日ごろから「これだ!」と思ったチャンスの波には躊躇せず乗る! そんな人にチャンスの神さまは微笑むのでしょう。

自分をブランド化する

とは言っても、その「波」に気がつかない人がほとんどですよね。じゃあどうしたらいいか? 今回は『イラスト版 30歳から伸びる女、30歳で止まる女』の中から、【第5章 30歳から「変化」を起こす秘訣 専門性より多様性をもつ 自分をブランド化するための道】をご紹介します。

「私は、これしかできませんので」

と、社内からの依頼を断っていることありませんか? 実はその行為が、あなた自身のブランド価値を下げてしまっていることも…。

ブランド化していくには、次の3つの道しかないそうです。

1.ひとつの分野で、トップになることを目指す
2.誰もやらないことをして、希少価値を目指す
3.軸となるスキルに自分なりの付加価値を組み合わせ、オリジナルな世界を目指す

(『イラスト版 30歳から伸びる女、30歳で止まる女』から引用)

1は、相当な努力が必要です! その分野によっては、ライバルが何十万人といるかもしれませんし、トップもお金なのか社内の業績なのか何で計るかによって大きく変わるでしょう。

2は、競争の少ない市場ですが、「あの人はなんでもやってくれるから、△△△も頼んじゃえー!」とマイナスなブランディングになる可能性があるので、ある程度の注意が必要ですね。

そこでオススメなのが3!「毎月、自分新聞を発行している営業さん」「手話ができる総務さん」「占いができる人事さん」など、今の仕事に付加価値をつけることで差別化でき、あなただけのブランドをつくることができます。「仕事×オリジナル=ブランド」ちょっと考えてみると面白いかもしれません。

あえて「今までやったことないことをやってみる」

「毎日同じ仕事ばかりで飽きちゃったわ~」

そんなこと言っている方! 要注意です。「いい仕事をする」ということは、人に感動を与えること。絶えず自分が成長しないと感動は与えられない、と有川さんは伝えています。

一歩踏み出すことはとても勇気がいるけど「後輩もいるのに、今さら失敗なんてできない」と自尊心(プライド)が邪魔しちゃう…。

でも、人生80年! いや100年かもしれません。そんな長い目で考えたら30歳なんてまだ折り返しでもないじゃないですかぁ! 恋愛だって、仕事だって、母親としてだってまだまだ半人前以下っっ! いくらだって方向チェンジはできるのです!
有川さんも、以下のように書かれています。

間違っても「もう終わった」なんて思っちゃいけません(笑)。
焦ることはありません。人生の道のりはまだまだ続くのです。
また美しく大きな花が咲く…そう思っておきましょうよ。

(『イラスト版 30歳から伸びる女、30歳で止まる女』から引用)

そうだ、そうだ!! と、メラメラしちゃった私ですが、ここで「やる」か「やらないか」は私次第。本書には、日常で活かせる「伸びる女になるポイント」が満載。わかっているよ、それくらい! と言う前に、ひとつでも実践して、いつの間にか成功を手に入れられるようになりましょう♪

(つるたちかこ)

イラスト版 30歳から伸びる女、30歳で止まる女

著者:有川真由美
出版社:PHP研究所
人生は一足飛びには変わらないけれど、いい習慣を身につけたり、考え方をちょっと変えたりすることで、思いがけない方向に好転していくもの。この本には、もっともっと伸びる女になるために「今、すべきこと」の具体的なヒントがたくさんつまっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事