ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

「あなたのよだれをください」 怖くてキモい変態事件簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いつの時代も、どんな国にも変態はいる。そして、変態が引き起こした事件が相次いで報告されている。最近、都内の高校からJKの制服を盗みまくっていた某お笑い芸人が逮捕された。彼は部屋におびただしい量の制服をためこみ、性欲を満たしていたという。

彼は芸能人として成功者だったはずだが、栄光よりも性癖のほうをとってしまった。性癖は人間誰もが持つものだ。性癖は人間の本能である。しかし、おさえつける術を知らないと、人生を破滅させることになりかねないのである。

JKのまわりには危険がいっぱい

“JKお散歩”などのいわゆる“JKビジネス”が社会問題化している。JKに対する男の関心は高く、一種のブランドと化している。ゆえに、JKを狙った事件は跡を絶たない。

例えば、2015年10月9日には、帰宅途中のJKが男に足をつかまれ、いきなり靴下を脱がされるという事件が発生している。犯人は靴下のコレクターなのだろうか。いったい奪った靴下をどのように利用しているのだろうか。靴下の臭いを嗅ぎながら、性的欲求を満たしているのだろうか。想像するだけでも怖すぎる。

こんなに出没している! 謎の変態たち

コイツを見たら110番!通報された 奇人・ヘンタイ トンデモ事案50連発(1)』(Jタウンネット編集部・著/ジェイ・キャスト・刊)は、日本各地で報告された変態、変質者たちが起こした事件をまとめたものだ。インパクト抜群の事例ばかりである。抜粋して紹介しよう。

・女子学生にカメラを向け、口で「カシャ、カシャ」と言った男

2015年10月9日に発生。40歳くらいの不審者が、写真撮影をする素振りをしながら、口で「カシャ」と言いながら写真を撮る素振りをした。実際に写真を撮ったわけではないらしい。いったい何をしたいのかわからない。

・小太りの男が自分の股間を懐中電灯で照らす

2015年10月4日、自転車に乗った男が急に立ち止まり、懐中電灯で自分の股間を照らした。彼はズボンを履いていたのか、それとも…? どっちのパターンにしても気持ちが悪い出来事だ。

・児童によだれを要求する男

2015年9月27日、4名の児童が遊んでいると、40~50代の男が両手を差し出し「あなたのよだれをください」と言ってきた。子どもたちは逃げて無事だった。以前、「つばくれおじさん」という、女児から唾液を集めていたオッサンが捕まったことがあったが、唾液マニアは結構いるようだ。

何もかも怪しすぎる変態たち

・Tシャツの上に「赤色花柄のブラジャー」を装備した男が出没

2015年10月26日、成人女性が自転車で通行中、50~60代くらいの男に遭遇した。男は服の上から女性もののブラジャーをつけて立っていた。

・「自分は怪しいものじゃない」と女子学生に声をかけた男

2015年10月23日、女子生徒が自転車で下校中、55歳くらいの男が「ちょっとこい、怪しいもんじゃないからこい」と声をかけてきた。いや、どう考えても怪しいですから! 女子生徒はその場から逃げて無事だった。

・水泳用のゴーグルとサングラスを装着した男、小学生の自転車にまたがる

2015年10月5日に発生。不審者は40~50歳くらいの男だそうだが、ここまで来るといったい何をしたいのか意味不明だ。不審者を通り越して、もはや神がかっているレベルと言っていい。

日頃から変態に警戒しよう

ネットでエロ動画やエロ映像がいくらでも見られる時代になったというのに、事件が相次いでいるのは、やはりリアルに勝るものなしということなのだろうか? もちろん性癖は人それぞれだし、誰もが多少はスケベな心を持っていると思うが、さすがにこんな事件を起こす奴らには共感できないだろう。というか、男から見てもひいてしまう事例ばっかりだ。

今回紹介した事件はごく一部だが、2015年だけでもこれほど多くの事件が発生しているのには驚いた。いずれにせよ、変態には気をつけよう。怪しいと思ったらすぐに警察に通報したい。

(文:元城健)

コイツを見たら110番!通報された 奇人・ヘンタイ トンデモ事案50連発(1)

著者:Jタウンネット編集部
出版社:ジェイ・キャスト
「女子高生の足をつかんで靴下を脱がす男」「児童に向かって“よだれを下さい”と懇願する男」…全国のトンデモ変態野郎から、女性をナンパしただけで通報されてしまった、ちょっぴり気の毒な男まで、実際に通報された全国の「事案」50件をJタウンネット編集部がまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事